Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ:walk ( 33 ) タグの人気記事
もうすぐ・・・

Merry Christmas!

[PR]
by chick_pea | 2008-12-22 06:11
色鮮やかな初秋の頃

Autumn Colours 08

最近、雨が多いです。昨日の夜から小嵐だし。そんな典型的な秋の天気が続いています。何度経験しても、いやなものはいやだーっ。というわけで(←?)、今更ながら9月の末に撮った写真なぞUP。あのときは、紅葉もきれいで天気の良い日もあって、よかったなぁ・・・

ほぼ日課の散歩をしていて感じたのが、『今年の紅葉は例年よりも鮮やかで見応えがあるんじゃない?』ということでした。でも、今回は行動範囲が狭くなり簡単な気分転換が散歩という状況になってしまったので、紅葉がより美しく私の目に映っているだけなのかしらん、なんて思っていたのです。ですがその後、数名の友人と、やはり今年の紅葉は違うという話になり。どうやら私の単なる思いこみではなかったようです。

More
[PR]
by chick_pea | 2008-11-11 20:35
Happy Halloween!

Happy Halloween

なぜか昼間ほとんど眠ってくれない娘をぐずらず寝かせる目的、及び自分の気分転換に、ベビーカーを押しながら毎日のように徘徊しております。というわけで、一昨年の夏に引っ越してから、すっかり足が遠のいていたあのクマのいる場所に立ち寄ってみました。

これはやはりハロウィンのコスプレということでしょうか。やる気があるのかないのかは別として、いまだ健在のクマたちに栄光あれ。
ところで一番気になるのは、ぶらさがっている”てるてる坊主”らしきもの・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-10-31 05:57
Lights in the Dusk

Lights in the Dusk -4

蛍のようにかぼそく光るイルミネーションだけれど、夕暮れ時、これがなかなかいい雰囲気なのです。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-12-24 00:24
霧立つ湾を廻ってみる

Foggy Sunday -3

日曜日の朝、外を見るとほんの少し積もっていた雪がほとんど溶けていました。その代わり、温度が少し上がったせいなのか(といっても気温5度ぐらいだが)、一面に漂っていたのが霧。霧立つ海面を写真に撮ってみようと、散歩がてらに湾へ出かけました。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-11-20 00:56
秋色、食べ頃。

Autumn Coloured Curries

季節柄、”秋色カレー”なんて命名してみる。それ以外の季節では・・・信号カレーでいいですよ。言われる前に書いておこう(色気はないけど、子供受けしそうなネーミングだな)。

緑色のカレーは、Saag Paneer。ほうれん草とチーズのカレーです。チーズは牛乳とレモンで作れてしまうのですが、楽して市販のカッテージチーズを使用。
このカレーお気に入りの一つ。インド料理屋に行くとついつい注文したくなっちゃうのです。

黄色いご飯は、サフランライス。サフランとカルダモン・クローブ・塩少々を入れて炊くだけなのですが、今回はうっかりサフラン以外のものを入れるのを忘れてしまいました・・・

そして、赤色のカレーは、ひよこ豆とナスのBalti。はい、久々のひよこ豆料理でございます。
このBaltiという言葉、なんとなくは聞いたことがあったのですが、今回ふと調べてみたら、イギリスへ移住したパキスタン人が作った”イギリスのカレー料理”のようですねえ。本場のカレーの定義とは微妙(かなり?)に違うのかな。
スコットランドに住んでいたとき、日本に帰る友達からもらったズバリ『INDIAN』という名の分厚い料理本。今回まじまじと見返してみたら、Baltiと名のつく料理の多いこと(笑)。まぁ、美味しいレシピであれば何だって良いのさ。

そんなちょっとスパイシーな秋色の後は、昨日撮ったばかりのほっかほかの本当の秋色を・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-09-28 06:11
雨上がり、22時の散歩

Walk after the Rain -1

ここのところ良いお天気が続いています。気温も25度ぐらいになり、さわやかに暑い。この気持ちよさを少し貯金して、冬になったら使えないものか、とまじめに考えてみてしまうワタクシ。

さて、夕暮れどきに遠くからゴロゴロとかすかに音が聞こえてくる。突然、稲光が走ると大きな雷の音が。言わずもがな、それと同時に硬直して岩になってしまったのは、ボヨであります。なぜ、あんなに怖がるのでしょうか!?
そんな彼とは対照的に、その後私はとても良い気分を味わうこととなる。

夏の雷そして強い雨の後、また良いお天気が戻ってきたので、散歩をすることにしました。普段も空気はきれいだと思うけれど、雨が降ったことで空気がさらに浄化された感じ。海の水面も洗われたかのように、きらきらとより柔らかく穏やかに光っている気がした夕暮れ時でした。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-07-05 04:49
卯月の小島

Seurasaari Island - 1


ここ最近、お天気が良くて結構暖かい。もしかして今年は例年より早く木々の緑が見られてしまうのかな、なんて。
日曜日、せっかくの青空だけど、特にすることもなし。というわけで、かなり久しぶりにヘルシンキのセウラサーリという小さな島へ散歩に出かけました。

セウラサーリは野外博物館のある島。以前行ったとき、入り口から島を左回りで歩いて一部だけしか見なかったので、今回は右回りで、と夫からの提案。そうしたものの、歩けど歩けどあるのは森のみ。ようやく開けた所に出たなと思ったら、そこは前回来た場所ではないか!
つまるところ、野外博物館は島のほんの一部に存在するだけで、前回のとき知らずのうちに全て見て回ってしまっていたことが判明。島の地図を見ていればすぐわかることなんですけどねー。いつものことだが、規模小さっ(←ここに3年半も住んでるのに、まだスケールの小ささに慣れない私が悪いのか?)。

でも、まあいいのです。鳥やリスを見るのが本来の目的だったのですから・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-04-03 20:42
Winter's gone.

Winter's Gone -1


ロッキングチェアがなぜこんなところに!?と思われました?はい、私もそう思いました。
さて、新しいMacBookがやってきまして、時間かかりましたがなんとか環境も整いました。いかに前のMacがサクサク動いていなかったか実感(笑)。
そんなわけで、先週末のお散歩で撮った写真をようやくUPいたしま〜す。

先週末の日曜日はまさに「冬が去った」宣言をしてもいい日でした。お天気が良く、気温もあがりどんどん雪が溶けていく。いわゆる「春が来た」という感じです。
ですがフィンランドの場合、上述した宣言通り、これはあくまで「冬が去った」のであり「春が来た」わけではありません。もちろんこの国で生まれ育った人にとっては、後者の気分なわけでしょうが。
もちろん私だって長い冬から脱っせたことはとってもうれしいんですよ。でもね、今までの経験から考えると、こんな喜びに浸れるのも3月末まで。実は私がフィンランドでもっともイヤな月の一つである4月に入ると話は変わってきます。

この国で3度冬→春を経験して言えること、それは4月になっても着てるものは冬の洋服(真冬の洋服から一つ昇格)、木々の芽は硬く青葉は見えず、風に舞う花びらなんてぜったい無理。日本人が当たり前のように認識している春がここには存在しておりません!
しかし4月の私といえば、無理だとわかっていてもそんな春を心待ちにしていて、日本はおろかたいていのヨーロッパの国々が春を謳歌している状態を感じつつ、なんだか取り残されてしまったわ、という悲しい気分に陥るのです。

こちらで知り合ったイギリス人女性、彼女はヘルシンキに移り住んでからある工芸を学び始めました。その工芸に興味を持ったきっかけが、フィンランドの春には色がなく(イギリスでは春、黄色い水仙やクロッカスがたくさん咲く)それがつらかったため、色が豊富に使われるその工芸の世界に触れたとき心躍ったからなんだそう。それを聞いて、「そうだ、私が一番恋しかったのは”彩りの春”なのだ」と気がついた私です。

では、話を上の写真にもどしまして、これは一体何かといいますと、凍った海の上に設置された遊具のたぐいではないかと。
ロッキングチェアはそりの上に固定されていて、そのそりは長い棒とつながっており、その棒の先は固定されている。この部分が円の中心になるわけです。で、このロッキングチェアは弧を描いてぐるぐる回るという寸法。えっわざわざ説明しなくてもわかりました?
ちなみに、写真からわかるとおり、すでに凍った海がかなり溶けていますので、写真を撮った時点ではもう遊べない状態となっております。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-03-18 01:35
路上にて

On the Road

お久しぶりです。ちょっと時差ぼけはありますが、やはり東から西への移動は楽。結構、元気です。
もどってからいつもの家事の他にやったことはというと、まず一つはクリスマスツリーの片づけ。こちらは年を越しても飾っておくので、遅い片づけだったわけでもないです。実際、アパートのゴミ箱には役目を果たした生木を数本見かけたし。これを見ると、生木のツリーが欲しい私でも、我が家は人工モノでよかったのかな〜と思う。

片づけはなんとも面倒臭いものでしたが、イースターになってもツリーを飾りっぱなしにしておくことはできないものね(その昔、夫はそうしたことがあるらしいが)。季節はずれのものをそのまま出しておくのは、風水上良くないし、とついこの間日本のテレビ番組で学んだことを思い出してみる(笑)。

実は、もう一つやったことは、やはりその風水つながり。
私は、例えば雑誌の占い記事などをあまり読まない方なのだけれど、かといって全然興味のない人間かというとそうでもなく、耳に入ったことはとりあえずちょっと気にするタチなわけです(それでいて、忘れやすいタチでもある)。
私が見た番組によると、確か台所のシンクの下の棚に、お米や調味料などを置かない方がいいそうで。というのも、シンクは水と、人の生命とつながっている食べ物は火と関係しているので、同じ場所に水と火が存在するのはあまりよろしくないとのこと。
我が家は、シンクの下に猫らのドライフードを置いているのですよ!というわけで早速、ドライフードを別の場所に移動いたしました。そんな心優しい飼い主を持つ猫らは、当の飼い主が長い旅路からもどってきても特に好ましいリアクションがなかったのですが・・・

さて、今年最初の写真は、白黒で地味に見えますがそうでもないんですよ。自分としては、ちょっと豊かさを感じるモノ。
フィンランドの植物は日本のそれと比べると種類がずいぶん少ないそうで(気候上、そうならざるおえないわけだ)、それを聞いてから里帰りすると日本の植物をじっくり見るようになりました。色、サイズ、そして質感と本当に様々。観察していてとても興味深かったです。

More(写真の数は多いけれど、重くないです)
[PR]
by chick_pea | 2007-01-13 05:10