Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:poland ( 56 ) タグの人気記事
極上の青色

Fresh Blueberry Tarts

小さなサイズのタルト型を使って、ブルーベリーとマスカルポーネのタルトを作ってみました。やっぱりベリーって可愛いなぁ。夏のシアワセ。

このブルーベリー、先週末のブルーベリー狩りから持ち帰ったもの。摘んでは食べの私と違い、持ち帰り分を摘み取ってくれたのは夫です。すまないね。
あ、娘も数十粒ほど摘んでくれました。で、一口もその場で食べなかった人。ナゼ?今回のイベントは、ブルーベリーにあまり興味がない娘も摘みながらだったら、楽しくてパクパク食べてくれるかしらというのが、狙いだったのに。しかし、帰りのバスで突然食べ始めた娘、家に着くまで止まりませんでした。わーい好きになったのねと思っていたら、また翌日から食べなくなったのだけど・・・ほんとにわからん。

ところで、ポーランドもフィンランド同様、野生種のブルーベリー、つまりビルベリーが豊富に採れる国。そして、意外にも日本でお馴染みの栽培種もたくさん売られています。おそらくこれはここ数年の傾向ではないかなと(フィンランドもそうだったので)。
今回は初めて栽培種の方を摘み取りました。地面を這うようにして育つビルベリーって、腰をかがめて摘むので結構体力的にきついんです。その点、低木の栽培種って立ったままでいいから楽ですねぇ。


Picking Blueberries

持ち帰り分を入れる容器は持参とのことでしたが、いくつかカゴを分けてもらえました。ポーランドではベリーものが売られる際にこの形のカゴに入っていることが多いです。典型的なのはイチゴ。シーズン中は2キロほど入るカゴに入ったイチゴが大量に出回り、カゴごと2キロ買いすることも珍しくありません(我が家は一度にそれほどは買わないが)。

この写真のものは、見かけることが少ない1キロサイズ。ずっと欲しかったので、手に入ってうれしいです。というのも、このサイズのカゴ持参でベリーを買いに来る人を時々見かけ、私も真似してみたかったから。お店では2キロサイズのカゴに入ったベリーから欲しい分だけをビニール袋に入れて渡してくれるのだけど、カゴタイプに入れてもらった方が運ぶ際に傷みにくいですから。

さて、夫が収穫してくれたブルーベリーは、カゴ込み1.2キロでした。お代は12ズウォチ(300円弱)なり。お店で売られているものよりも、安いし甘いし、大満足のブルーベリー狩りでございました。
[PR]
by chick_pea | 2012-08-08 07:38
列車でピクニック

Picnic by Train -2

お友達に誘ってもらい、ピクニックにでかけた先週末。
子供は5名、列車の中では2人掛けの椅子に4人でギュウギュウになって腰掛けたり、時にはママの膝にすわったりと忙しく。わいわいと楽しそうでした。

指輪をした手に握る切符は、娘にとって初めての自分のもの。
バスやトラムには乗るのだけれど、娘はまだタダ(たぶん)。私は定期券を使うので、チケットが必要ない。だからなのか、そういうのを欲しがります。道に落ちているトラム・バス・メトロ共通の使用済みチケットを見つけるとすぐ拾う(私はやめて~と思うのだが)。幼稚園でお友達が赤色のを2枚持ってきた(チケットの種類によって色が違う)なんて聞くし、どこの小さな子供もそんなもんなのかな。

More
[PR]
by chick_pea | 2012-07-27 22:01
バプチャのお菓子
Nut Shaped Baking Moulds

ポーランドに住む以前、夫の実家を訪れるとよく義母が作ってくれていたナッツという名のお菓子。タルト型に生地を敷く要領で、小さなナッツ型に生地を薄く伸ばしながら貼り付けていき、それをオーブンで焼いてナッツの殻半分を作る。そして、中に甘い具を入れて2個の殻を合わせると、クルミ大のころんとしたお菓子が出来上がります。

私はこれが好きで義母が作り方を教えてくれたのは、もう10年以上前のこと。その時にもらった手触りの良い小さな型たち。これが義母の形見となってしまってから、7ヶ月がたとうとしています。

More
[PR]
by chick_pea | 2012-07-09 05:08
二色のサヤインゲン
French Beans


この時期、そら豆とともに山盛りで売られているお豆さんはサヤインゲン。面白いことに、ポーランドではどうやら緑よりも黄色(白っぽい)の方が主流のよう。
まず旬の黄色いさやいんげんが登場し、ほどなくして緑色が出始める。私の知る限りでは、値段は黄色い方が幾分安い。そして、緑色の方が売っていなくても、黄色い方は常にあるという確率が高いんです。

茹でたサヤインゲンに、たっぷりのエキストラヴァージンオリーブオイルと挽いた塩・胡椒。それにつぶしたニンニクとパルミジャーノで和える副菜は我が家の定番料理。二色のサヤインゲンで作ると、彩りもより良い感じ。今年も旬のお豆さんをワシワシと食べております。
[PR]
by chick_pea | 2012-07-01 17:44
Euroメモ

Euro 2012

サッカー欧州選手権開催中。私自身はあまり興味のないサッカーですが、こういう大きなイベントでワルシャワの街に活気が感じられるのは、やはりうれしいことです。
残念ながら(でも正直なところ、意外なわけでもなく・・・)、ポーランドのチームは敗退が決定しており、あとはホストとしてウクライナと共にこのイベントを成功へと導いて欲しいところ。

思い起こせば、ワルシャワを初めて訪れた月が6月だったから、ちょうど17年前のこととなる。首都のど真ん中にある共産チックな広場を見て、『だだっ広い』という言葉はまさにコレか!と実感したあの時。それが今、その場所は欧州選手権のためのファンゾーン(屋外で試合が見られるよう大きなスクリーンや観客席などが設置)と化している。なんかちょっと感慨深いです。

More
[PR]
by chick_pea | 2012-06-19 07:12
ポニーに乗った日

In a Horse Riding Club -6

随分前からポニーに乗りに行こうと娘に言っていた夫でしたが、先週末にようやくそれが実現しました。

More
[PR]
by chick_pea | 2012-05-11 06:54
ちょっと中世気分

Medieval Event -1

メーデーの日、家族とともにあるイベントへ。写真の女の子とお父さんを見ての通り、気温30度を超える暑い一日でした。

さて、彼らが見ている先は・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2012-05-06 21:21
一時衣替え

IMG_7892 のコピー


この写真を撮った木曜日は、”暖かくていいな〜、とうとうお散歩の季節到来”なんて思っていたのですが、土曜日に至ってはバリバリ真夏。気温25度超え!天気予報によると日曜、月曜はもっと暑くなるらしいです。確か去年の5月初旬には雪が降ったのよね・・・(←これは相当まれ)

私と娘の帽子や夏用の服をあわてて何枚か引っ張り出す。どうせ数日もすればまた例年の気温に戻るだろうからちょっと面倒という気持ちがありの、この突然やって来た夏を素直に享受していいものかという戸惑いありので・・・まっ結局のところ、やはりうれしいのですが。

どうでもいい話として、衣替えの必要のある私と娘と違い、服の数が少ない夫のワードローブは一年を通してほとんど変化がありません(ということに今回改めて気がついた)。夏はTシャツ、冬はその上にはおる何か、そして下はジーンズ。以上。なんだかなーと思いつつも、衣替え担当の私としては楽でよろしい。
[PR]
by chick_pea | 2012-04-29 08:04
虹の向こう

Yarn Bombing

そろそろテラス席でビールもいいかなということで、遅いランチに旧市街へ繰り出した週末。旧市街の入り口の広場で見つけたのが”おめかしした標識のポール”。なんとも愛嬌のあるストリートアートではないか。虹色ブームの娘も興味津々でした。
これ、Yarn bombing(←英語版Wikipediaに飛びます)と言うそうで。いろいろな作品がコチラで見られます。

写真の奥に見える上部が白い長四角のものは国立競技場です。今年の欧州選手権でサッカーの試合が行われるスタジアム。
数年前までは競技場としては使われず、マーケット(むしろ闇市?)と化していた場所で・・・17年ほど前に初めてポーランドを訪れ、観光の一つとしてなぜか夫に連れて行かれました。つい先日ふと思い出し、なぜあんな場所に行ったのかと聞いたところ、外国人の私にとって面白いかと思ったらしい。実際、面白いっていうよりは、旧社会主義の国なのねぇって感想を超え、もはやアナザーワールドでございました。警察が見回りに来る前に、違法の売り物をバタバタと隠し始めるストールがあったりして独特な雰囲気だったもの。
建て替えられた今では、そんな面影なんてこれっぽっちも残っていないのだろうな〜(いや、残ってたら困る)。
[PR]
by chick_pea | 2012-04-16 05:53
春の公園

Easter Monday

休日のイースターマンデー。たいていのお店がお休みとなるので、お天気のいいその日はワジェンキ公園へ久々に行ってきました。
葉っぱがずいぶんでてるかなと期待していたんですが、残念ながらまだまだで。その中でたくさんの若葉をつけていたのが柳。柔らかな黄緑色が美しく、うれしくなりました。

そこで思い出したのが、イギリスの児童書『The Wind in the Willows』。いつか読もうと思って買っていた古本を本棚から出し手にとってみる。風に揺れる柳(willow)を見て春を感じるなんて、日本にいた時にはなかったこと。だって日本には桜がありますから。
因みにこの本の日本語タイトルは、『たのしい川べ』。原題にあるwillowが入っていないのは、やはり日本の柳のイメージがちょっと違うものだからなのだろうな。


Red Squirrel

緑は少なくとも、耳としっぽがほんわほんわの赤リスはあちらこちらで見かけました。ナッツを持って来なくてごめんね。次回は忘れずに持って行こう。
[PR]
by chick_pea | 2012-04-12 06:27