Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ:life ( 62 ) タグの人気記事
ゆく光くる光

1930s Glass Partition


数ヶ月前までは、まさか新居で新年を迎えることになるとは思ってもみませんでした。
戸棚を開け、はたまた本棚にふと目を向けると、今だ存在するやみくもに詰め込んだようなモノの状態にはため息をつかざるおえない。しかしながら、もう段ボール箱がない部屋の状況というのは本当に気分がいいもの。なんとか気持ちよく年を越せそうです。

今回のアパートは1930年代のもの。以前住んだことのある二軒は20年代だったかな。ヘルシンキは古い都市ではないので、古いアパートというと20世紀初期以降に建てられたものが多いのではないかと思います。
住み始めたこのアパートを選んだ理由は、ずばり窓が大きいから。他の気に入らない部分には目をつぶって。あっ、もちろん我が家の場合、猫飼い可も大切ね。因みにこの家、ペットはダメと書いてあったのに、実際尋ねたら猫ならOKと不動産屋さんから。なんやねん?

ダイニングとリビングにはそれぞれ壁の一面の横幅と同じぐらいの窓があります。やはりこの時期、外が暗いので大きな窓はポイント高し。古いアパートは壁が非常に厚いゆえ、窓のある部分には自然と出窓みたいなスペースができるのも魅力的。猫にとっても良い場所なんですよね。
ただ窓が多いと、当然ながら室内が寒くなる可能性がある。一般に窓のすぐ下に窓幅と同じくらいの長さのセントラルヒーティングが設置されているものですが、窓からの冷気に負けてしまうかもしれない。どうかこの冬は寒くならないで〜と思っていましたが、今月中旬のヘルシンキは珍しく−21度まで下がる始末(実際、そこまで寒くなかったと思いますが)。でも、しっかりヒーターが動いてくれて、大丈夫でした〜。ほっ。

ただ、窓の問題はなかったものの、両隣の家と接した壁がどうやら薄く(今は三世帯に分かれているけれど、もとは一世帯分の広い家だったのかも)、お隣さんの話し声などが結構聞こえるんです・・・特にうるさいお家じゃないのは不幸中の幸いでしたが。いや我が家の方がうるさいかも・・・気をつけなくちゃ。

話をもどして、そんな大きな窓からの光がダイニングとリビングの間にあるガラスの仕切りを通して入ってくる。この家の好きなところです。
このスリガラス、昔の医院や銭湯にありそうでちょっとノスタルジック。おそらくオリジナルのものかなぁと。ほぼ天井まであり、左右についてます。昔はその仕切りの間に観音開きタイプのドアが存在していたのかもしれません。

さて、新春の光はどんな風に我が家に差し込んでくれるでしょうか。

今年ものんびり更新のこのブログを見に来てくださってありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えくださいね。
[PR]
by chick_pea | 2009-12-31 09:11
冬時間、はじまる

Autumn Colours 09 -1

今日、10月最後の日曜日から冬時間。日暮れの時間が早くなっただけではなく、見事なほどこの国の秋らしい鉛色の空がひろがる昼間でした。

そういえば今年は紅葉の写真をあまり撮っていないのであった。9月が例年になく暖かく、その末から気温がぐっと下がったこの秋。ブログを見返すと、去年の紅葉は9月末に撮ったとある。それと比べると、今年の9月はまだまだ色づいていなかったはず。
今まさに紅葉の時期なのかな。でも、緑の葉が残っていたり、その一方で散ったり枯れていたりもして。今年はいつがクライマックスだったのか(それともこれから?)よくわからない感じです。

More
[PR]
by chick_pea | 2009-10-26 06:29
これからも・・・

From Now On


先週末は義弟の結婚式出席のためポーランドへ。娘との片道1時間半のフライトはやはり日本行きと比べると楽勝でした。今回は夫もいたから余裕だったというのもあるけれど、お世話担当はほとんど私。夫にもっとさせるべきだったよな・・・

猫らは今回ペットホテルにあずけました。今までは友人に家に来てご飯をあげてもらっていたのですが、現在二匹とも投薬中のため動物病院を通してペットシッターさんをたのむ予定でした。ところが、先週末は夏至祭のホリデーということでシッターさんが見つからず。
しかたなく動物病院で教えてもらったペットホテルで猫らをみてもらうことに。数年前に一度、別のペットホテルにあずけストレスになった猫らを見ているので不安だったのですが、ホテルで用意するご飯ではなくカリカリと猫缶を持参したおかげか今回は大丈夫でした。二匹とも変わらず元気です。

二つの里帰りというイベントを終え、しばらくはゆっくりしよう。まぁ、この国の場合、”夏”そのものがビッグイベントなわけでして、お天気の良い日は何としてでもおでかけしなきゃーの気分になり、それなりに気ぜわしかったりする。フィン流のんびりがいつまでたっても板に付かない悲しき日本人ということか・・・

話は変わって、今月でブログを始めてから5年がたちました。その間に写真を撮ることが好きになり、EOS Kissの購入に至る。そして今回、EOS 50Dを手に入れてしまいました。同じEOSだからと思っていたらそうでもなく、難しくてなかなか使いこなせていませんが・・・でも、シャッターを切る瞬間が楽しいです。
いまだになかなかうまく時間を作れないでいるけれど、これからも気ままに緩やかにブログを続けていきたいと思っています。
[PR]
by chick_pea | 2009-06-29 05:20
BBQ日和

May Day


昨日のメーデー、フィンランドではVappuと言って春(初夏?)が来たことを楽しむお祭りの日。むしろまだ肌寒いことが多い印象のあるVappuの日なのですが、今年は4月末からグンと気温が上がり、日差しが痛いほどの良い天気となりました。

友人宅でBBQを楽しんだこの日。私自身はBBQを進んでするタイプではないのですが、夫は超がつくほどのBBQ奉公。今回も本やインターネットでレシピをチェックして準備に余念がない様子でした。そのおかげか、BBQご飯大成功、友人らも喜んでくれて夫本人もかなりご満悦。しばらくはBBQしたいしたいってうるさく言われないですむかしらと、私は期待しております。

なんにせよ、こんな良いお天気のもとで食べられて、美味しさも二倍。この季節をどれほど待ちこがれていたか!

娘にとって初めてのBBQ体験。何も食べていませんけれどね。でも、良い経験にはなったみたい。
友人宅のお嬢ちゃんとワンコにかまってもらったり、お日様の光をたくさん浴びていい感じに疲れたのでしょう。BBQの間、昼の授乳後すぐにコトンと夢の世界。そして、自宅にもどり離乳食の後の授乳で再びコトンと眠ってしまいました。日中、一日に二回もこんなことがあったのはこれが初めてではなかったか。なにしろ簡単には寝ませんよの人ですから。
翌日、雪でも降りはしないかと心配した私でしたが、今日も快晴。いつまで続くかな。
[PR]
by chick_pea | 2009-05-03 01:26
ミモザとイースターチック

Mimoza & Easter Chicks


サマータイムが始まりました。気温がマイナスからほんの少し上がったと思ったら雪が降りだし、日曜の朝、外を見ると溶けながらも雪がまだまだ残っている。サマーってあなた、と心の中でお約束のように突っ込んだあと、家のあらゆる時計をせっせと一時間早めました。

先週はせめて気分だけでもと、家に飾る花を買いに花屋へ。手に取ったのは色鮮やかなミモザでした。ポワポワの黄色い花を見て、『そうだ、イースターの飾りを出さなきゃ』と思い出したそのワケは・・・
写真を見ての通り。せっかくなので遊んでしまいました。見事な保護色でしょ。
[PR]
by chick_pea | 2009-03-30 04:59
Whassup?

アメリカの大統領選もいよいよ大詰めですね。フィンランドに住んでいるからなのか、日本やUKにいたときほどアメリカが身近な国に感じないのですけれど、でもやはりこの結果は気になります。
で、夫からこんなYouTubeのビデオを教えてもらいました。



前半部は8年前にかなり話題になったバドワイザーのCM。日本でも流れていたのでしょうか?後半部は”8年後の彼らは?”みたいな感じで、オバマ候補のCM用(たぶん)に作られたもの。

この凝ったCMの面白さもさることながら、驚いたのが、オリジナルのCMが作られてから8年もたっているという事実。そんなに前だったのかと。
そして、あら、我が家の炊飯器と同じ年なのねぇなんて思ったりして(笑)。実は、成田経由の出張があった夫に五合炊きの炊飯器を空港で買って来てもらったばかり。家族が増えたので今までの三合炊きだといずれ心細くなるかなというのがあったし、日本を離れてからもう8年以上使っているのでいつ壊れてもおかしくないかもという心配もあったので。

8年前のアメリカってとっても景気が良いときだったような(記憶があやしいのですが)。それが今こんな状態で、それはアメリカのみならず・・・。先のことなんて何が起こるかほんとわからない。何かが起こっても、それを乗り越えていける強さを持たなければ、と今更ながらに思ったりして。そんな私、今月初め、一歳年をとりました。ふー。
[PR]
by chick_pea | 2008-11-04 21:38
新しい家族

Baby Girl

こちらすっかり落ち葉舞い散る季節。日本だってもう衣替えの頃。なのに、いつまでも暑中お見舞いの挨拶のままブログをほったらかしにしていて、季節感のないことといったら・・・失礼しました。

実は、8月18日に娘が生まれ、新しい家族が増えました。ようやく日々の暮らしの大きな変化に、少しずつ慣れてきたところです。
ありがたいことに妊娠中も出産自体も比較的順調だったのですが、高齢出産だったこともあり、落ち着いてからブログ上でご報告をと思っていました。

写真のお人形は、友人からいただいた香川県の民芸品、高松張子の『奉公さん』。
病気のお姫様の身代わりとなったおマキという名の女の子。世の人はそんなおマキを奉公さんと呼んで誉め讃えた、というのがこのお人形のいわれだそうです。
こんな愛らしいお顔の人形が身代わりとなるのも、なんだか心が痛い。奉公さんがそうなることなくただ優しく見守っていられるよう、娘が健やかに育ってくれればと願っています。

新しい生活に余裕がでてきたというわけでもないのですが、そろそろブログを再開しようかなと。今のところはまだ、猫らと娘の間にはコミュニケーションは存在しておらず。これから進展していくであろう(と思いたい)彼らの関係も追ってお知らせできればと考えています。
のんびり更新になると思いますが、またよろしくです。
[PR]
by chick_pea | 2008-10-04 00:47
ちょっと驚いたこと・二篇

White Flowers

観葉植物はあるけれど、花はない我が家。先日、珍しく切り花を買ったのですが、これがちょっとショックな体験でした。ごく普通の近所の花屋さんの切り花だったのですが、予想外に値段が高かった。

花は安くはないと知っていたし値札が付いていなかったので、ガラスのケースに入った花を選ぶ際、とりあえず量を最小限にしたんです(小市民なもので・・・)。同じ種類の紫色3本と白色2本。自分は好きだけど、日本でもよく見かける決して高い方ではない花、うわぁ、たったこれだけ〜?と思いながら。
まぁ、高く見積もっても20ユーロ札出しておつりが返ってくるでしょぐらいの気持ちでいたんですが、告げられた値段は23ユーロ。久々に目の玉が飛び出そうでした(なんて小市民な)。

今現在のレート、1ユーロ167円で計算すると3,850円!!日本だったら、もっとまともなのが買える値段ですよねぇ。なんかくやしいっ。
でも夫に話すと、1ユーロ100円ぐらいで計算するようにしなさいといつも言われます。今は特にユーロ高なんだし、そもそも我が家はここに住んでユーロでお給料もらってるわけだから、日本円に直して一喜一憂するのはちょっとナンセンスと。確かに、日本円でお給料をもらい、日本からてヨーロッパを旅行して日本円に換算してみて高いと感じるのは当然なわけですが、我が家は違うわけで。わかっているのに、ついつい換算しちゃう。今の時代、インターネットが簡単に最新レートで計算してくれちゃうから余計・・・

花の値段のことを友達に話したら、やはりガラスケースに入った花たちは結構な値段がするらしい。束になって店の前に売られているものはそれなりに手頃なんですけどね。やはり肝の小さな私には、値札付きの束のお花がお似合いか〜。
今回の件で、自分の庭があったら思う存分花を楽しめるのに(期間限定だが)としじみじ感じたのでした。


***

ところで、昨日、Euro2008が終わりましたね。というわけで、むりやり話は変わるんですが・・・

以前、ヘルシンキのとあるビストロ系イタリアンレストランに予約の電話を入れたときのこと。そこのシェフ(兼オーナーかな)はイタリア人なのですが、電話に出たのはたぶんその人。
英語で予約の日時と人数を伝え、最後に自分のファーストネームを名乗る。アジア人の名前は馴染みがないだろうからと、スペルを教えようと言い始めたそのとき。そのおじさんから、『あなたぁ、日本人?』と聞かれる。『はい』と答えると、即座に返って来たのが、『んじゃ、Nakataで名前入れておくから。問題ないよねぇ?』。Nakataってそんなによく聞く名前かしらと思いながらも、『いいですよ』と答え、予約終了。
もちろん、私の名字はNakataではありません。予約で勝手に名前を変えられた(というよりむしろ、決められた)のは、人生初めて。

その電話を終えてからようやく気がついたんですけど、やはり”イタリア→サッカー→セリエA→中田英寿”というつながりなんですかね。今回のスペインーイタリア戦があったとき、店は開いていたのだろうかと気になってみた。
そしてもう一つ、気になることがある。次回予約の電話を入れるときは、気を利かせてNakataと名乗るべきなのでしょうか・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-06-30 21:08
”キラキラの日のかほり”とは?

Snow is Melting...

本日、日曜日の朝、目が覚めたとき時計の針は8時半を指していたものの、実際の時間は9時半。サマータイムが始まり、毎度のことながらなんとなく1時間損してしまったような気分です。しかし、春の雰囲気でもないのにすでに”サマー”タイムだなんて、なんだか苦笑せずにはいられませんわ。

それでもこのサマータイムに合わせたかのように、気温は少しずつ上がっています。週間天気予報を見ても5〜10度になってるし!
水曜日にはこの冬で一番ではないかと思われる大雪。そして金曜日に気温が上昇し(といっても5度だが)、みるみる雪が溶けていく。お天気もよく溶けた雪の水面がキラキラと輝き、冬の終わりを感じたのでした。

フィンランドの冬を5回も経験してしまった私。毎度、3月になるとこんな去りゆく冬を光で感じるわけですが、この5回目の冬はそれまでと比べると”あるもの”が欠けていました。それは今回が暖冬だったゆえに経験できなかったこと。
我が家ではこの”あるもの”を『一年で一番臭い日』と命名しておりますが、なんだかわかります?

この臭いものの正体は、ずばり犬の糞です。では、説明いたしましょう。
フィンランドは(少なくとも私が住む地域付近では)、他のヨーロッパの国々と比べると、犬の飼い主は散歩途中の犬の糞をきちんと処理する人が多い気がします。日本ほどではないかもしれないけれど。しかし、そんな彼らでも冬になるとちょっとずるしちゃおうかという気分になるらしい(と私は思っている)。
冬の間、一般に根雪があります。そしてそこに糞をする犬。飼い主は雪を上にかけて拾わずに去る(と私の想像)。もしくは、その後すぐ雪が降るので糞は隠される(と私の想像)。気温もマイナスですから、糞はシャキンとすぐ凍ります。そんな状態が1〜3ヶ月ほど続く。

そしてやって来ました、3月の雪解けの日。溶けた雪から顔を出すのが、同様に解凍していく犬の糞。場所によっては、歩道のわきとか結構半端じゃない数が出現するんですよ。しかも、瞬間冷凍されているから鮮度が保たれてましてねえ。ほんと臭いんですっ!!
あの臭いを嗅ぐと、あぁ、冬が終わるのねぇなんて感慨深く・・・今年は根雪がありませんでしたから、毎年恒例の経験もせずじまいで。いや、良かったんだけどさ。
それにしても、サマータイム開始の爽やかさからは、ほど遠い記事内容となってしまいましたね。これもまた現実です。

この『一年で一番臭い日』に幸か不幸か観光に来られた方、歩道を歩くとき真ん中寄りで。住人からのささやかなアドバイスです。
[PR]
by chick_pea | 2008-03-30 21:05
春の兆しは・・・

Pussy Willow

春の訪れを告げるネコヤナギ。
旧ひなまつりまで豆雛を、そしてイースター用のデコレーションも飾り、家の中はなんとなく春っぽい。のですが、外は雪。マイナスなんで溶けません。何を今更って感じです。
この冬は、鼻の中が凍り出してシャリシャリする感覚も経験しなかったし、もしかして世間一般の春らしい春がフィンランドに来ちゃったりなんかして、な〜んて持つべきではない期待を密かに育んでしまっていましたが・・・やはり、今のうちに諦めるべきか?

さてさて、ネコヤナギって猫のしっぽに似ていることからそう呼ばれるようですが、私は、しっぽというよりも猫の違う部分を思い出します。
それは、肉球の間にふっさふっさと存在する毛。猫飼いの方はご存じでしょうが、毛質が他の部分とちょっと違います(まさかうちの猫らだけじゃないよね?)。私はいつも撥水性に富んでいそうな毛だなあと感心まじりに触るのですが、それがネコヤナギの花穂の質と似ているような気がするんです。でも肝心の花穂の方は触れません。すぐ取れてしまいそうなんで・・・


Muscari

もう一つ、春の花はムスカリ。我が家、観葉植物はあるけれど、花はあまり置くことがないのです。でも花がある暮らしってほんといいですね。
もともとは、暗い冬にうんざりして少しでも気を紛らわそうと、水栽培を始めようと思ったのでした。ところが、センターの店にも郊外のガーデニングショップにも球根が売ってないんです。あれって一年中買えるものだと思っていたのでびっくり。やはり光の少ない時期は室内でも育たないからという理由で売っていないのでしょうか。

その代わりとして買ったのが、今の時期に花屋さんでよく見かけられるムスカリ。ところが、このムスカリ、うちの女王さまの標的となってしまい早々お亡くなりに・・・(涙)。まったくひどい猫だよ。
写真の二代目ムスカリは、ウメ嬢が寝ているときだけ光のある場所に置いてあげてます。本当は窓際に飾っておきたかったのに・・・ウメ嬢、揺れ具合のいいこの植物が相当お気に入りなようで、かなり執拗。彼女が起きてるときは、届かなそうな本棚の上に避難せざるおえない状況です。ボヨも興味はあるのだけど、ちょっと高い位置に置けば彼の場合は登れないのでね(笑)。
でも、頑張って守り抜くからね、ムスカリよ。せめて、家の中だけでも私に春を感じさせてね。
[PR]
by chick_pea | 2008-03-05 00:25