Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:goods ( 63 ) タグの人気記事
不完全三すくみ

Who Likes Who?

気がつけば、3月も終わりに近づき・・・特に忙しいことがあるわけでもないのに、なんだか一日があっという間に過ぎています。もっと早く書きたかったのだけど、ウメ嬢と娘のコミュニケーション記録を。ボヨはですねぇ、相変わらず娘が苦手ですので、今回は割愛。

おもしろいのは、DNAに刻み込まれているのだろうかと思うほど、娘は”毛むくじゃらが気になる”こと。猫らが視野に入ると、目の輝きが変わります。普段、ちょっと手の届かないオモチャは頑張って取ろうとしない根性なしなのですが、猫には触ろうと一生懸命手を伸ばす。そんなことを知ってか、ウメ嬢は思わせぶりな態度で”つかず離れず”の好位置をキープしております。で、見つめられたウメ嬢、変わらず表情はしら〜っとしている。猫を見てキラキラしている娘の顔とは対照的でなかなか笑えます。

ウメ嬢の娘に対する気持ちはどうなのか、正直、いまのところ量りかねている飼い主。
時にはうっかり娘につかまり、毛をむしられるということもありますが、”にゃん”と小さく叫ぶだけで怒ることもない。そして逃げもせず、再び”つかず離れず”の位置にもどる。かといって、娘を優しく見守る感じでも決してない。他の猫には厳しいけれど、人間には極めてフレンドリーなウメ嬢、そんな彼女はとりあえず娘を人間と認めているのかもしれません。

写真の黄色い猫のオモチャ、娘へのクリスマスプレゼントでした。VILLACという主に木製のオモチャを扱うフランスのメーカーから。同メーカーの他の商品もかわいらしくて欲しくなる(あっ私が?)。
娘は正しく遊べる月齢にまだ達していないけれど、気に入っているようです。リアル猫(もちろん、ウメ嬢+ボヨね)が一番でしょうが。一方、ウメ嬢が気になるのは、そのオモチャを引っ張るための赤い紐。娘は自分に近づいて来たと思っているかもしれないが、いや違う、ウメ嬢の関心は紐の方です。しかーし、紐で遊びたいけれどそれは娘の手の中に・・・
こんな小っちゃな世界にも複雑な人間模様(いや、”動物”と”人間になりかけ”模様か)は存在しているのでした。
[PR]
by chick_pea | 2009-03-26 06:12
実は、2大イベントデイ

Oshizushi(押し寿司)

ひなまつり当日は夫が仕事で忙しかったので、先週末に娘の初節句をしました。と言っても、おひなさまを飾ってそれだけで大満足だったので(はい、私が)、ほんとたいしたことはしなかったのですが。
桃の花はないだろうけれど、せめて似たものはないかと花屋さんに行ったところ、あったのは桜の花(とスタッフの人から教えてもらった。どこから来たのでしょう)。かなり終わりかけだったので、残りの枝全てを格安で売ってくれました。少し咲いていた花自体は三日と持ちませんでしたけど・・・でも、ちょっとだけ雰囲気は出ました。

そして、ひなまつりに食べるものといえば、ちらし寿司。今回は、前から作ってみたかったちらし寿司の具材とセルクルを使っての押し寿司で。
できばえは気に入っているのですが、予想していた通り少々食べにくかった。結局お箸でくずして食べないといけないので。ちらし寿司が大好きな私としては、普通にガツガツいきたいな〜というのが本心だったりもして・・・

そういうわけで少々微妙な押し寿司でしたが、私的にヒットしたのはそれに添えた紅白の甘酢漬け。
型で抜いた大根を、酢、みりん、砂糖、柚子胡椒で漬けるだけですが、赤い方は何で色付けたかというと・・・ビーツなんです。白カブをビーツを入れることで赤くするレバノンのカブのピクルスにヒントを得て。
ほんの一切れのビーツで、鮮やかに短時間で染まりました。いい飾りになりそう。これは、里帰りしたときに和風の抜き型を買わなくちゃ。

型抜きで残った大根とマッシュしたグリンピースはお粥にまぜて離乳食に。一応娘もちょっとだけひなまつり料理を味わったことになるのかな(主役なのに、残り物だが・・・あはは)。
来年の今頃は離乳食も終わっているので、次回は一緒にちらし寿司を楽しめそうです。彼女が食べやすいように、ミニてまりバージョンなんてのもいいかも。普通のタイプのちらし寿司がやはり一番と書いておいてなんですけど。

娘のお雛様
[PR]
by chick_pea | 2009-03-06 01:42
アロマなホットチョコレート

Aromatic Hot Chocolate

前回の写真と比べると、また冬に逆戻りのような感じですが、こっちの方が先に撮った写真なもので・・・

久しぶりに買ったヴィンテージのアラビアのカップアンドソーサー。この手のものは20ユーロ以下だったら購入と一応目安を立てているのですが、これに関しては予算をちょっと超えました。そのぐらい形といい金色の柄といい、好みだったので。
ヴィンテージのアラビアは一般的に、サイズが普通のカップとデミタスカップの間ぐらいで小さめなんです。いくつか持っているけど、意外と使いにくい(何度もつがねばならない。そこがかわいらしくもあるけれど)ので結局飾ったままにしてしまう。
でも今回のカップをお店で手に取ったとき、コーヒーや紅茶ではなく、濃いホットチョコレートにぴったりかもと思いました。ホットチョコレートって重めだから、ちょっと飲むぐらいで自分には十分なので。

ちょうどバレンタインデーの前だったので、夫の分も作ってあげました。思えば、初めて夫にあげたチョコレートモノだったかも。
せっかくなのでバニラビーンズを珍しく使い、シナモンスティックとナツメグを入れてちょっと大人の味のホットチョコレート。やっぱりこのサイズのカップはちょうどよかったです。これからもちゃんと活躍させてあげなければ・・・
[PR]
by chick_pea | 2009-02-27 01:05
はじめのひとさじ

The First Spoonful

娘ももうすぐ6ヶ月。当初、離乳食は6ヶ月過ぎてからと思っていたのですが、予定より少し早い先週末に始めてみました。

夫が娘にそろそろ食べ物をあげてみたくなったことと、離乳食が解決策のひとつになるといいなぁという思いもありで。というのも、5ヶ月に入るちょっと前から夜中頻繁に起きる日が増えてしまいまして。夜はまとめて寝てくれるからお昼寝をあまりしなくてもしょうがないかーと思っていたのですがね・・・
一般にこの時期の赤ちゃんは夜まとめて寝られるようになるらしいのですが、その逆に夜中起きがちになる場合もあるらしく。うちは後者か・・・成長の証として受けとめるべきなんでしょうが、ご飯を食べ始めたことでちょっとでもリズムが変わり改善の兆しが見られるといいな、と淡い期待を抱いている私と夫であります。

さて、本題の離乳食。やはり基本は日本式でやっていくつもりなので、最初のひとさじは10倍粥から。
因みに、こちらの保健婦さんからフィンランド版離乳食について大まかな説明を受けたところ、初めて与える食べ物はじゃがいもやお米だそうです。こちらで、お粥にジャムという食べ方は一般的なので、粥用のお米(短粒米タイプ、主にスペイン産かな)は身近な食材です。

離乳食最初の日、私がカメラを構えるので、ひとさじを与えるのは夫の担当。初めてなのでうまく食べられない様子はありつつも、ぺっぺと出すこともなかったので大丈夫そう。
三日目は、スプーンを差し出すと自ら口を開くようになりました。新生児の頃から飲んでいる液体状のビタミンEの入ったスプーンに対する反応とは違うので、お粥は美味しいものとして感じているらしい。
そして、その翌日は喜びのおたけびをあげたので、食べることを楽しんでいるようです。
ですが、7日目に初めての野菜であるニンジン(ポタージュ状)、8日目である今日はブロッコリー(ポタージュ状)を与えたところ、娘、とたんに固まりまして飲み込み拒否・・・お粥にちょっと色づく程度にそれらをまぜてあげたら、とたんに喜んで食べ始めましたけど。単なるお粥好きか・・・ニンジン、甘くて美味しいのにな。

もう少し慣れてきたら市販の物も試してみようと思っています。ということで、離乳食レポートは続く・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2009-02-14 23:29
ある場所で、あるお買い物

Antique Market -1

ちょっと、おどろおどろ・・・


Antique Market -2

ココは何処?


Antique Market -3

実は先週末、アンティークマーケットに行ってきたのでした。


夏にビルナスで開かれるアンティークマーケット。私にとって今回で四度目です。
人っ子一人いない写真ですけど、実際はたくさんの人が来ていました。基本的に毎年変わらないので、どんな雰囲気かは2005年に撮った写真を参考にされたし。

さて、今回の戦利品は?

More
[PR]
by chick_pea | 2008-07-19 01:31
当の猫には迷惑なモノ

Crazy Days

この4日間、街は黄色で溢れかえっていました。といっても、黄色い花が咲き乱れていたわけではなく・・・
ストックマンデパートで催される年二回のビッグセール。黄色がこのセールのテーマカラーなので、袋も黄色で統一されるわけです。小さい街ですからねえ、セール期間中はこの袋を見かけない日はない。正直、ちょっと異様な光景です。そしてこの期間が終わっても、アパートの共同ゴミ箱の中でご対面する日がしばし続くわけですが。

日本と違い、日々の目玉商品というのがあまりないので、こういうセールは嫌でも盛り上がるようです。確かに、お値段高めの欲しいモノがこのセール対象商品となっていると、結構お得。でも、ワゴンで売られているようなモノは微妙だなぁと思うことが多いです。そんなこともあり、ここのところ特に利用していなかったセールですが、今回はディスカウントに乗じて買っちゃったモノがあります。

それは、ダイソンの掃除機。レジで私の前に並ぶ三人とも、この掃除機お買い上げ。やはり気になる商品なのでしょう。でも、定価で買うにはちょっと・・・という価格だから、こういう時じゃないとね。
イギリスにいたときにこの掃除機を初めて見て、『掃除機にこんなにお金を出すなんて、絶対あり得ないっ』と思っていた私でしたが、時の流れとは恐ろしいもの。とうとう我が家にもやって来てしまいました。

さて、新しいモノはチェックせずにはいられないウメ嬢の反応はというと・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2008-04-06 05:44
イースターに、サク、ジュワ、ホロ

Boule de Neige (Snowballs)

今回買ったイースターグッズは、ウサギの形のガラス製小物入れ。この時期、イースターに合わせて小さな卵型チョコが出回るからそういうのを入れるとかわいいのかも。私は、スノーボールを作って入れてみました。

レシピは、津田陽子さんの”ネージュ”から。前から試してみたかったレシピで、これがかなり私の好み。スノーボールを作るのは初めてなんですが、インターネットで他のレシピを見てみると、最後に粉砂糖をまぶす部分に微妙な違いがあるようです。
私が使ったレシピでは、焼き上がったサブレを熱いうちに粉砂糖の中にころがします。サブレから出るバターで粉砂糖が溶け、表面に白い層が薄くでもしっかりとつくので、口に入れたときのジュワッと粉砂糖が溶ける感覚がなんともいえない。まぁ、その分、結構甘くなりますが。
粗熱が取れたサブレに茶こしで軽く粉砂糖をかけるというレシピもあるようで。あっさり好みであれば、こちらの方がいいのかもしれませんね。

サブレ自体は主にバター、粉砂糖、薄力粉、アーモンドパウダーから成り立っていて、材料も作り方もいたってシンプル。サク、ジュワ、ホロの三つの食感が同時に味わえるちょっと上品なボーロという感じで、これはリピート確実となりそうです。


金曜日からイースターホリデーが始まりました。
その日は、お天気がよく穏やかで、お休みだから人も車も少なくとても静か。なんだか東京で過ごす元旦を思い出しました。全国的かどうかわからないけど、東京は元旦に陽気の良い日が多かった気がするので(少なくとも私にはそんなイメージ)。

Kaki

ぽかぽかになってきたし、これは花粉情報を確認せねば

と、インターネットをチェックするボヨ(笑)。いやいや、ボヨよ、まだそんな心配は必要ないのだよ。ぽかぽかでも、外の気温はマイナス2度だからね〜。
粉雪はちらついても花粉の舞う季節が来るのは、まだまだ先なのです・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-03-23 03:07
Variety is the Spice of Life

Gingerbread Christmas Decorations

今年のクリスマス、初めてジンジャークッキーを焼いてみました。この時期、スーパーで山のように売られているし、私自身特に好きなクッキーというわけではないのに、なぜわざわざトライしたかというと・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-12-29 03:02
ほろ酔く、ほろ苦く

Baileys Chocolate Mousse

先日、友達へのギフトを買いにマリメッコのお店へ行ったところ、衝動買いもしてしまいました。自分用にマリメッコでお買い物だなんて一年ぶりぐらいではなかろうか。
特に欲しいモノリストに入っていなかったペアのカップでしたが、購入の決め手は、カップの中に描かれた手。こういう遊び心は見逃せなかった。

そのカップを使って作ったのが、ベイリーズチョコレートムース。
カカオ70%のダークチョコを使用、お砂糖は控えめにして、その代わりにベイリーズをたっぷり入れました。まっ、酔うほどではありませんが。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-12-16 00:58
カラフルで行こう

Mise en Place

料理の下準備をするとき、例えば乾燥ワカメを水でもどしたり、後で使う材料を前もって刻んで置いておくときなど、どんなモノに入れますか?
私は、電子レンジで温めるだけのスープの入っていたプラスチック容器を捨てずに使っています、いや、使っていました。電子レンジ対応だし食洗機にも大丈夫、それに古くなったら気兼ねなく捨ててしまえるし。でも、見た目は冴えない感じです。

そんなことを思いながらも使用していた容器に、先日サヨナラを告げました。ある料理雑誌で、6個1セットで売られているIKEAのプラスチックのボウルが下準備をするときに便利と書いてあったから。
そして、すかさずそのボウルを購入。電子レンジ・食洗機対応で値段も安い。以前のスープ容器よりも形がシンプルで気軽に使えます。何よりも、このカラフルさが億劫になりやすい下準備をなにげに楽しくさせてくれるという効果がある。

子供の時、レインボーカラーが妙にあこがれでした。今でも好きだけれど、あのときほどはこの色の組み合わせを見てもワクワクしない。
実はこのボウルセットは、IKEAのキッチンコーナーではなくキッズコーナーに売っています(日本もそうかな?)。子供がこういうカラフルな色に反応するのは、いつの時代でも変わらないんですよね。

さて、上の写真の材料(クリームチーズ・コーンスターチ・ダイジェスティヴビスケット・卵・ラズベリージャム・バター)にプレーンヨーグルトと生クリームを加えてできたのが、一口サイズのラズベリーチーズケーキ。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-12-09 06:28