Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ:finland ( 72 ) タグの人気記事
動物で一息

In Seurasaari -1

日本では蒸し暑い日が続いているでしょうか。このつぶらな瞳とパーにした手足を見て、しばしそんな暑さを忘れてくださいな。


In Seurasaari -2

なぜかこの顔、気になってたんですね、以前から。で今回、わかった。彼らペンギン顔なのだ!いや、ペンギンも鳥なんだからして、似ててもおかしくないが・・・
ペンギン→寒いところにいる→ひんやり→なんだか涼しそ〜、という気分になりましたか?(あまりに強引)

以上、お散歩途中で出会った動物たちに癒されてみる、でした。
[PR]
by chick_pea | 2009-07-19 18:58
海へ

Walk to the Sea at 7pm -1


More
[PR]
by chick_pea | 2009-07-01 03:33
そばぼうろとウサギ(関連性ナシ)

Buckwheat Biscuits(そばぼうろ)

先日、家にあった蕎麦粉でそばぼうろを作ってみました。
アーモンドパウダー入りなので、本来の素朴なそばぼうろよりも幾分バタ臭くなってるのかもしれません。それでも十分懐かしい感じのお味。ただ、実は今回初めてそばぼうろを食べたので、正しく作られたのか量りかねております。


ところで話は変わって、朝起きて温度計を見ると0度とか1度とか、そんな1日の始まりには飽き飽きしている今日この頃。毎年言ってますけど、この国の4月、やはり好きになれません。

飽きているといえば、もう一つ。夫との散歩。いや、散歩自体が問題なのではなく、必ず出る話題に。それは”ウサギ”。歩道やアパートの脇に植えられた低木に目をやると必ず言い出す、ウサギの存在。
今回の冬に初めて気がついたのですが(もちろん、まず夫が)、低木の根元付近の幹の皮がかなり剥がされているのです。夫曰く、これはウサギの仕業だと。冬の間、木の皮を食して飢えをしのいでいるということでしょうか。しかしながら、去年まではこんな状況は見かけなかったような気がするんです。気がつかなかっただけかもしれないけれど。
ペットとして飼われていたウサギが捨てられ野生化、かなり繁殖しているらしい、というのは友人から聞いた話。夏頃、実際私もこの目で見ました。かわいいけれど、冬は越せるのかなと心配したくらい。
これはあくまで推測なのですが、木の皮がなくなっているのは、以前からいた野ウサギではなくこの元ペットウサギのせいではないかと。厳しい冬を生き延びられて良かったねーと思う反面、これが原因で低木の育ちに問題が出たらある意味、野生化ペットウサギ=害獣ですな。
まぁ、こんな話を夫と初めてしたときには、ほほぉと聞いていたわけですが、毎度この話題が出たりウサギを見つけたがるので少々うざいです。なぜ夫はそんなにウサギが気になるんでしょうか?時には、言われる前に私が言い出して話を早く切り上げることにしている私。
早く葉がたくさん出るようになれば、幹が隠れて夫のウサギ話を当分聞かされなくて済む。いやその前に、ウサギに荒らされた(と決めつけるのもなんですが)低木たちは無事、芽を出してくれるのかなぁ。
[PR]
by chick_pea | 2009-04-20 18:32
Good Friday

Good Friday -1


More
[PR]
by chick_pea | 2009-04-11 05:38
On the Snow

On the Snow -1

青い空と太陽の光、気温も零度をちょっと下回った程度の穏やかな日。久々にカメラを持ってお散歩してみました。
それなのに、青空ではなくこんなものを撮ってみたりして・・・


On the Snow -2

今年の欧州は寒いところが多いようですが、フィンランドというか少なくともヘルシンキでは格別寒い冬というわけでもないです。
湾の上を歩いている人を見かけたので、今年はどうやら海が凍っている模様。でも実際歩くにはちょっとコワイ気温のような気が・・・
[PR]
by chick_pea | 2009-02-04 06:01
お知らせ

Feed Us

冬の最中、真夏に撮った写真というのもなんですが、”お知らせ”にあわせてフィンランドっぽいモノをUPしてみました。

さて、その”お知らせ”とは、下記の通り。
2月7日、金沢にて『Feel Finland Kanazawa 2009』というイベントが催されます。詳細は、コチラでどうぞ。

実は、このブログの写真などもそのイベントで紹介していただけるそうで。なんともありがたい限り。自分自身遠くに住んでいるもので、足を運ぶことができないのが残念ですが・・・
お近くにお住まいの方がこのイベントに参加され、楽しいひとときを過ごされたら、私としてもうれしいです。
[PR]
by chick_pea | 2009-01-31 05:29
焼き菓子の季節

Gateau au Chocolat


久々にケーキを作りました。出産後、作ると言ったらマフィンで精一杯だったんですけど、そろそろ何か別のモノを食べたいなということで。
栗の缶詰があったので、季節柄、それをペーストにして織り込んだガトーショコラにしたかったのですが、手間をかけると作っている最中、誰かさんがご機嫌斜めになり(昼寝ほとんどしない人なんで、寝てる間に作るとかできません・・・)、あえなく途中で終了〜なんてこともあり得るので、シンプルなガトーショコラにしてみました。

レシピは検索で見つけたコチラ。レストランのシェフさんのレシピのようですが、卵以外の分量が全てグラム表示なんですねぇ。
以前、パティシェである夫の友人からケーキのレシピを教えてもらったときも全てグラムだったんです。『スケールだけですむので、その方が私は作りやすくて好きだ』と夫に言ったら、『そりゃあプロは一回でたくさん焼くから、小さじとか使わないんでしょ』と。なるほど、素人が作りやすいよう一個分に分量を単純に割ってるからそうなるのか、と理解した次第です。

More
[PR]
by chick_pea | 2008-11-25 01:14
色鮮やかな初秋の頃

Autumn Colours 08

最近、雨が多いです。昨日の夜から小嵐だし。そんな典型的な秋の天気が続いています。何度経験しても、いやなものはいやだーっ。というわけで(←?)、今更ながら9月の末に撮った写真なぞUP。あのときは、紅葉もきれいで天気の良い日もあって、よかったなぁ・・・

ほぼ日課の散歩をしていて感じたのが、『今年の紅葉は例年よりも鮮やかで見応えがあるんじゃない?』ということでした。でも、今回は行動範囲が狭くなり簡単な気分転換が散歩という状況になってしまったので、紅葉がより美しく私の目に映っているだけなのかしらん、なんて思っていたのです。ですがその後、数名の友人と、やはり今年の紅葉は違うという話になり。どうやら私の単なる思いこみではなかったようです。

More
[PR]
by chick_pea | 2008-11-11 20:35
Happy Halloween!

Happy Halloween

なぜか昼間ほとんど眠ってくれない娘をぐずらず寝かせる目的、及び自分の気分転換に、ベビーカーを押しながら毎日のように徘徊しております。というわけで、一昨年の夏に引っ越してから、すっかり足が遠のいていたあのクマのいる場所に立ち寄ってみました。

これはやはりハロウィンのコスプレということでしょうか。やる気があるのかないのかは別として、いまだ健在のクマたちに栄光あれ。
ところで一番気になるのは、ぶらさがっている”てるてる坊主”らしきもの・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-10-31 05:57
Taste of Summer

Taste of Summer

文句なくおいしいイチゴの季節。去年もよく食べていましたが、今年もこまめに食べてます。見かけるとついつい買っちゃう。決して安くはないのだけどね。

アスパラガスやイチジクが旬の頃も集中的にそれらを食べるのですが、やはりイチゴは別格。結局のところ、アスパラガスやイチジクはその時の味は良くても輸入物なわけで、生産国ではもっとお安くもっと美味しいものにありつけるはず。そう思うと、そのおこぼれをもらっているようで、旬の食べ物に恵まれた国に生まれ育った私としては、どこか寂しい部分がある。
でも、今出回っているイチゴはばっちり国産ですから。自分が体験するこの厳しい気候を乗り越え生まれた果物。甘みと酸味がギュッと詰まった恵みの味を堪能することが、なんともうれしいのです。

ずばり、この季節の国産イチゴは味にそうそうハズレがない。ところが、ぶどうの記事で書いたような苦労がないとは言い切れなかったりする。実は違う意味で、ハズレをつかまされる可能性があるからです。

それは腐りかけた、もしくは腐ったイチゴが多いこと。お店で買ったらその日のうちに食べてしまった方がいい(ほぼ鉄則)。
まさに今が食べ頃状態のイチゴを店頭に並べることが、この国での常識なのか(そういう国民のニーズがあるのか)?もしくは、夏休みによるスタッフ数減少で全ての業務がよりスローになってしまうこの時期、出荷状況もまた然りで熟れ切ったイチゴがやむなく店頭に出てしまうのか?真実やいかに・・・

一つ断言できること、それは、イチゴのパックを買う際は底をチェックして選んで購入しましょうということ。下に埋もれたイチゴが腐って汁が出てないか、パックを持ち上げ確認する自分・・・いやはやせこいよなとは思うのですが、これをやらないとあとで必ずと言っていいほど後悔するはめになるので。
そんな私は、初夏から出始めるストールでのイチゴの購入もなるべく避けるようにしてます。だって、お店の人はメタルの容器でガガーッとすくってビニール袋に入れてくれるんですけど、あんなことしたらイチゴがあっという間に傷んでしまいそう。
もちろん、あのストールは夏の風物詩としてなくてはならないもの。目でだけ楽しませてもらってますが(笑)。

国産ブルーベリーが出る頃まで、しっかりこのイチゴを食べ貯めておかなくては。

More(追記)
[PR]
by chick_pea | 2008-07-23 21:37