Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ:finland ( 72 ) タグの人気記事
初もの、ふたつ

BBQ -2

メーデーである5月1日、こちらの国ではヴァップと呼ばれるお祭り騒ぎをするための日(外国人の私にはそう見える)。気兼ねなく思う存分酔っぱらえる日でもあります。この日に限ったことではないぞ、フィン人よ、というつっこみはおいといて。
というわけで、夫の友人らが公園でのピクニックを企画。の予定が午前中あいにくのお天気のため、広いバルコニーのある某アパートにて、ということに変更。因みに、ヴァップ前日から飲んだくれる人が多いため、この日のパーティも二日酔いのために来られない人が数名いました。

思えば今年初めてのBBQです。今回はそれがメインのパーティではないので、ささやかなものでしたけど。
BBQ奉公の夫ですが、今回我が家からは手作りスコーンを持参したので、おとなしくしていた模様。写真の串焼きは、それを用意した夫の友人が焼いてくれました。醤油とハチミツでマリネしたサーモンとお野菜が彩りよい。ちょっと焦げ目の付いたサーモンが香ばしく、しっとりジューシーでとても美味しかったです。


BBQ -1

グリルされるのを待つアスパラガス。これも今年初かも。
フィンランドの旬の野菜とは言い難いけれど、これからの時期、白と緑のアスパラガスがたくさん輸入されてくるので楽しみです。今年もいっぱい食べるぞー。
[PR]
by chick_pea | 2010-05-04 23:31
雪解け

Next Day of the Vernal Equinox -2

春分の日の翌日、気温がちょっと上昇、天気の良い一日でした。ここ最近では珍しいほどの寒さと雪の多いこの冬、去る日が来るのも時間がかかるらしい。例年だと3月中旬くらいで、一度は気温がぐんと上がって10度以上になり、根雪が一斉に溶け出すものですが、今年はまだ・・・それでも、積もっていた雪は少しずつ溶け始めました。

溶けた雪が低い方へと流れていく。太陽の光に反射して、まぶしいほどきらきらと光る小さな水面があちこちに。本当の春はまだ先のことでも、こんな日がやって来ると、なんだかうれしくなるのです。


Next Day of the Vernal Equinox -1

雪が降ればきちんと除雪される道路や歩道と違い、公園は見事に積もりっぱなし。砂場が現れるのはいつになることやら。
[PR]
by chick_pea | 2010-03-24 07:43
弥生月、恒例となるか?ちらし寿司

Chirashi-zushi(ちらし寿司)


ひな祭りの日に作ったちょっと変わったちらし寿司。一見、そぼろ弁当のようですが、下に隠れているご飯はすしめしです。
去年のひなまつりの頃、来年は娘のためにミニてまり型のちらし寿司を作ってみようか、なんてことをブログ記事に書いたのですが、予定変更。やはり、炭水化物系にあまり食指の動かない娘のことだから、食べなさそうな気がしたので。
そこで、以前から興味のあったちらし寿司を、もはや自分のために作ることにしたのでした。

で、悲しいかな、それは大正解・・・
娘、ほとんど口にせず。でも翌日、残ったすしめしを海苔巻きにしてランチにだしたら8割がた食べてました。食べ慣れた海苔巻きと違い、見慣れぬちらし寿司の形状がだめだったと思われる。花型にんじんも同様で、どうやらにんじんと見なさなかったようで興味なし。かわいいお花っ!パクッ!なんてのはまだ先のようです・・・いやはや、ほんと難しいですわ。

さて、参考にしたレシピと違う点は以下の通り。

その1:真ん中の緑の部分、スプラウトがスーパーで売っていないので、クレソンで代用。以前はあったんですけど、人気なかったのか消え、以後そのまま。また売って欲しい!
蛇足ながら、ほんの一時期、シソ(と思われる)のスプラウトが売られいたことあり。高い値段設定と認知度の低さのためか見事売れ残り枯れてましたね。それ陳列棚に置かれたまま(←放置とも言う。ここら辺、かなりフィンランド的)。

その2:すしめしに甘辛のお肉を半分混ぜ(残りは上にのっける)、みじん切りにしたガリも加える。このガリ、レシピでは自分で作ってみようってことだったので、そうしてみたらえらい辛くって。新しょうがでなく普通のしょうがを使ったのがまずかったのでしょうか?
結局、市販のものを入れました。ガリはある程度大きなスーパーなら普通に売ってます。昨今の寿司作ってみようブームで。

その3:使ったお肉は、牛ではなくトナカイ。
これ、別に奇をてらったわけではなく。細切れの牛肉を見かけないため、それに代わるものとして冷凍のトナカイ肉が適していたからです。切り落としのような肉をまとめて冷凍したものなので、しぐれ煮にはぴったりなのだ。
クセは牛肉よりも少しあるけれど、ショウガで甘辛く煮ると、私は気にならず。これはなかなか使える食材であります。

考えてみると、娘、ミニ手まり型にした方が食べていたのかも。おにぎりに似てるし。よし、来年こそは・・・猫型にしたら食べてくれるかなぁ。
[PR]
by chick_pea | 2010-03-08 06:40
白の世界

Soft Rime -6

雪の女王が住んでいるような・・・

樹氷が本当に美しくて外を歩くのも楽しい。ので、もう一枚だけUP。いや〜、実際はもっと美しいのですよ。上手に撮るの、難しいなぁ・・・

今日、火曜日は10度ぐらい気温がぐんと上がったので(マイナス2度だと、暖かーいなんて気分・笑)、樹氷もそろそろ見納めかな。あっ、因みに奥の建物、実は教会です。
[PR]
by chick_pea | 2010-01-13 06:46
樹氷日和

Soft Rime -3

日曜の朝、窓を通して見る外の世界が、いつもとちょっと違っていました。


ところで、樹氷の写真の背景が青空でなく、木々でも山でもなく、アパートだったりするのは、結構面白いのではないか、と思うのですが、どうでしょ?

More
[PR]
by chick_pea | 2010-01-11 08:30
ゆく光くる光

1930s Glass Partition


数ヶ月前までは、まさか新居で新年を迎えることになるとは思ってもみませんでした。
戸棚を開け、はたまた本棚にふと目を向けると、今だ存在するやみくもに詰め込んだようなモノの状態にはため息をつかざるおえない。しかしながら、もう段ボール箱がない部屋の状況というのは本当に気分がいいもの。なんとか気持ちよく年を越せそうです。

今回のアパートは1930年代のもの。以前住んだことのある二軒は20年代だったかな。ヘルシンキは古い都市ではないので、古いアパートというと20世紀初期以降に建てられたものが多いのではないかと思います。
住み始めたこのアパートを選んだ理由は、ずばり窓が大きいから。他の気に入らない部分には目をつぶって。あっ、もちろん我が家の場合、猫飼い可も大切ね。因みにこの家、ペットはダメと書いてあったのに、実際尋ねたら猫ならOKと不動産屋さんから。なんやねん?

ダイニングとリビングにはそれぞれ壁の一面の横幅と同じぐらいの窓があります。やはりこの時期、外が暗いので大きな窓はポイント高し。古いアパートは壁が非常に厚いゆえ、窓のある部分には自然と出窓みたいなスペースができるのも魅力的。猫にとっても良い場所なんですよね。
ただ窓が多いと、当然ながら室内が寒くなる可能性がある。一般に窓のすぐ下に窓幅と同じくらいの長さのセントラルヒーティングが設置されているものですが、窓からの冷気に負けてしまうかもしれない。どうかこの冬は寒くならないで〜と思っていましたが、今月中旬のヘルシンキは珍しく−21度まで下がる始末(実際、そこまで寒くなかったと思いますが)。でも、しっかりヒーターが動いてくれて、大丈夫でした〜。ほっ。

ただ、窓の問題はなかったものの、両隣の家と接した壁がどうやら薄く(今は三世帯に分かれているけれど、もとは一世帯分の広い家だったのかも)、お隣さんの話し声などが結構聞こえるんです・・・特にうるさいお家じゃないのは不幸中の幸いでしたが。いや我が家の方がうるさいかも・・・気をつけなくちゃ。

話をもどして、そんな大きな窓からの光がダイニングとリビングの間にあるガラスの仕切りを通して入ってくる。この家の好きなところです。
このスリガラス、昔の医院や銭湯にありそうでちょっとノスタルジック。おそらくオリジナルのものかなぁと。ほぼ天井まであり、左右についてます。昔はその仕切りの間に観音開きタイプのドアが存在していたのかもしれません。

さて、新春の光はどんな風に我が家に差し込んでくれるでしょうか。

今年ものんびり更新のこのブログを見に来てくださってありがとうございました。
皆さま、良いお年をお迎えくださいね。
[PR]
by chick_pea | 2009-12-31 09:11
少しずつ冬支度

Swing


遊んでる子供の方はいいけれど、見ているこっちが寒くなっちゃって、と言っていた友人。そして、その言葉を実感している今日この頃です。これからもっと寒くなったら、私はどうなるのだろうか・・・
そんな不安もあり、暖かなコートを買うことにしました。まぁ、もともとこの冬はダウンコートを新調しようと考えてたんです。今まで使っていたZARAのダウン、それでも十分冬は越せたんですが、そろそろ替え時かなというわけで。次も結構適当でいいかしらなんて思っていたのですが、娘の外遊びにつきあうことをふまえ、それなりにいい物を買った方がいいかなと。

ところで、ダウンコートってほんと軽くて暖かくてすごいなあと、初めて着たとき思いました。今更何を言っている、という感じですが、この”初めて”というのが実はフィンランドに住んでからの経験なんです。それまでは、買ったことはおろか、私の記憶の限りでは袖を通したことすらなかったから。
なぜかというと、ダウンコートがヴィジュアル的にちょっと自分の好みからはずれていたためです。ダウンファンには誠に申し訳ないけれど、なんか寝袋をまとってるって感じがしません?それに素材のせいかデザインも似たり寄ったりだし。まったくもって私の選択権にはない衣類でした。
しかしながら、この寒すぎる国に住んでしまったら、生き抜くために(はい、最初はそう思いました)手段を選んでいられるか、ということでダウンを試着してみたら、あっさり感動してしまった私なのでした。ダウンコートよ、過小評価していてごめん。

いろいろ見て回ろうかなと思っていた矢先、デパートからの冊子で今月割引されるアイテムの一つとしてJoutsen(ヨーツェン)というフィンランドのダウンメーカーのコートを発見。早速試着してみると、ベルト付きでカジュアルになりすぎず意外にもデザインがいい感じだったので、購入となりました。
やっぱり今まで使っていたものとは違う。いや、そっちの方は悪いというよりただ値段相応のものだっただけなのですが。新しいコート、ウィンドプルーフの生地を使っているところも、風の強いヘルシンキではありがたい限り。これで体の芯まで冷え切ってしまうのを避けられそうです。
[PR]
by chick_pea | 2009-11-07 20:12
冬時間、はじまる

Autumn Colours 09 -1

今日、10月最後の日曜日から冬時間。日暮れの時間が早くなっただけではなく、見事なほどこの国の秋らしい鉛色の空がひろがる昼間でした。

そういえば今年は紅葉の写真をあまり撮っていないのであった。9月が例年になく暖かく、その末から気温がぐっと下がったこの秋。ブログを見返すと、去年の紅葉は9月末に撮ったとある。それと比べると、今年の9月はまだまだ色づいていなかったはず。
今まさに紅葉の時期なのかな。でも、緑の葉が残っていたり、その一方で散ったり枯れていたりもして。今年はいつがクライマックスだったのか(それともこれから?)よくわからない感じです。

More
[PR]
by chick_pea | 2009-10-26 06:29
オープンサンドイッチ片手に冬支度?

Open Sandwich

10月初旬、ヘルシンキの港で開かれる”ニシン市”から夫が買ってきたライ麦パンとニシンの酢漬け。これらを使ってオープンサンドイッチに。

フィンランドに住む前は、ライ麦パン好きだと思っていた私。だから、移り住んだ頃はよく食べていたのだけれど、ほどなくして全くと言っていいほど買わなくなってしまった。食すといえば、レストランで料理の前に出してくれるときぐらいか。
そこでわかったのは、ライ麦パンとは時々食べるからこそ私にとって味わい深く感じるものらしい。そういうわけで、久々の酸味控えめで甘みのあるオーランド産のライ麦パンはとても美味しかったです。

ニシンの方は、一般のとはちょっと違うタイプ。普通はおろしたニシンを使うと思うのだが、これはフィレにせず揚げて漬けたもの。パン同様、酸味よりも甘みの強い身が肉厚でうまし。で、気がついた。これって南蛮漬けと同じようなものではないか!だからすっごく好みだったのかも。

ニシン市って寒々としたイメージ。実際、青空で気持ちの良い日もあるのだけどね。あぁ、またいやな季節がやって来ているのだなぁと思ってしまいます。
今年の10月は今のところとても寒い。朝起きて気温がマイナスのときにはもう何て言っていいか・・・外に出るときは、暖かい格好をさせるため娘と格闘して無用な汗をかく始末。これが当分続くのねぇ。

More
[PR]
by chick_pea | 2009-10-18 06:13
ぶらぶらと・・・

Bungee Jumping

先週末の散歩の目的はコレ↑。海の近くでやっているバンジージャンプを見に行きたいと夫が言うもので。やる気は全くなく、ただ見たかったらしい。

参加費は80ユーロ(1万円ちょっと)。夫は『高い!50ユーロくらいじゃないと』と言ってたけれど(でもあくまでやる気はない)。私は興味がないので80ユーロだろうが10ユーロだろうがどうでもいいのですが、あはは。

More
[PR]
by chick_pea | 2009-08-04 16:14