Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ:cooking ( 99 ) タグの人気記事
ブルーベリーの秋色チーズケーキ

Blueberry Cheesecake

こんなベリーのケーキを見ても、なんだか秋色・・・と思ってしまう今日この頃。
8月の終わり頃だったか、リンゴンベリーがたくさん出回るようになり、そうなるともう夏とも本当にお別れだと毎年感じます。といっても私の場合、その前の国産ブルーベリーが出現する時点で、夏もあと少しか、覚悟しなければという気持ちになるのですけど。
まだまだ暑い日本とこちらの気温、たして2で割れたらどんなにいいか・・・

ここ最近は楽なので、ベーキングに使うのはスクエア型ばかり。そんなこともあり、久々に細長タイプの型を使用してみる。ちょっと面倒だったけど、その甲斐あってちょっとおしゃれに見えるかなと。

チーズケーキをのせた細長いお皿は岡部登志子さんのもの。手前の豆皿も同様。他にも舟型を持っていて、この春の里帰りではあらたに取り皿をとりあえず二枚購入(本当はもっと欲しかったけれど、なにせ割れ物なので・・・)。どれも使い勝手がいい。
作家さんのお名前がついたお皿ですが、そもそも値段が手頃で、食洗機にかけられるから普段使いにぴったりなのです。ArabiaやIittalaも好きだけれど、そんなお皿が氾濫したこの国に住んでいると、ぽってりといびつなものが恋しくなる。実際、盛ったお料理が美味しく見えるので重宝している器です。
[PR]
by chick_pea | 2010-09-07 06:00
ふぅふぅ

Birthday Cake

熱いものをふぅふぅしてから食べられるようになり、タンポポの綿毛をふぅっと吹いて飛ばせるようになり、そしてふぅっとシャボン玉をふくらませることができるようになった、この一年でした。

”ついこの間迎えた二歳の誕生日、バースデーケーキに立てられた二本のろうそくをふぅふぅして消せるようになったね”、なーんてのも書きたかったのだけど、実際は煮えを切らした夫が横から吹き消してしまったのでした。
というのも、『ふーふーして消すんだよ』と私が”ふーふー”を声に出して説明したのがまずかった。小さくも燃えさかるろうそくの火を目の前にして、『ふーふーふーふー』と聞いた通りに一生懸命言いながら、息を吹きかけることなく消そうとしていた娘・・・そりゃ、消えんわな。まっ、見ているこっちはおもしろかったけどね。

バースデーケーキは、一応猫らをモデルにしたクッキーをのせたもの。ウメ嬢の方、見えにくくなってますが私的には満足。サビ猫だとわかっていないと、ただまぜすぎて失敗したマーブル模様にしか思われなさそうだが・・・
この手のケーキは普段作らないので、スポンジケーキの出来も生クリームの泡立て具合とナッペもそれはひどいものであった。これを作ることに決めたのを深く後悔しつつ、もう逃げ出したい気持ちで三種のベリーをのせたら、あっ、ちょっとましになった。さすがベリーの底力!もうベリーさまには足を向けて寝られませんっ。

さて、娘の反応。なんと猫クッキーにはあまり興味なさそうで。あぁ、これがメインだったのに・・・でも、この撮った写真をあとで見せたら、『にゃ〜っ』と喜んでました(遅っ)。
なんにせよ、去年と違い今年は楽しそうにしっかり食べてくれたのでうれしかったです。
[PR]
by chick_pea | 2010-08-21 22:53
夏の冠、ベリーのパブロバ

Mini Pink Pavlova


ベリーの季節に作りたくなるメレンゲのケーキ、パブロバ。メレンゲ焼いて、それに泡立てた生クリームと果物をのせるシンプルなもの。果物はなんでもいいのだろうけれど、メレンゲが甘い分(でも甘すぎるってほどでもなく。砂糖の量にもよりますが)、やっぱり酸味のあるベリーが一番合っているかなーと。

今回は、レッドカラント、イチゴ、ラズベリー、そしてブルーベリー(←これは野生種でなく、輸入物)の4種をのせて。イチゴを除くこれらのベリー、森なり庭なり自分で摘めばタダですが、全部買うとなると決して安くはありません。でもそこは、今の季節だけのゼイタクってことでね。
レッドカラントを使ったのは初めてだったのですが、これは当たりでした。酸味が強く渋みもあるため、これだけで食べるのはあまり好きではないけれど、甘いメレンゲにはぴったり。それになんといっても”フォトジェニックちゃん”だし。

実はもう1種のベリーをメレンゲに使っています。それはクランベリーの粉末。ピンク色のものを作ってみたくて、以前から売り場で見かけていたベリーの粉末を購入してみたのでした。ただ実際は、結構粗めの粉末で色のつきがあまり良くなかったので、食紅も少々使用。本当は食紅でなく、ビーツの汁を試しに使ってみたかったのですけどねぇ。野菜をケーキに入れるなんてと夫から猛反対を受けまして。キャロットケーキ好きなくせに・・・
適当な分量で色をつけたので、焼いてみたら、ぼんやりした色でいまいちでした。これはまた何度か作って練習してみないと。次回こそビーツを使うわよ。

写真では一人分の小さなパブロバですが、大きなメレンゲに宝石のようなベリーをたっぷりのせたパブロバは、王冠のような美しさ。このケーキを美味しく味わうには、メレンゲ部分は前もって作っておけても、生クリームとベリーは食べる直前にのせることが大切。そうしないと、メレンゲの質感が損なわれてしまうから。つまり、残りは次の日になんてこともせず、食べきってしまった方がいいのだ。
私の好きなパブロバは、そんな儚い夏の冠なのです。
[PR]
by chick_pea | 2010-07-30 06:16
夏のサラダ

Strawberry Summer Salad


イチゴといえば、イチゴのパスタなりイチゴのリゾットなり日本人的にちょっと奇抜とも思えるものを作っている私ですが、今年はイチゴのサラダで。もともとは夫がネットのレシピから作ってくれたもので、とっても夏らしい味で気に入り、この季節の定番サラダとなりました。最初はイチゴをサラダに入れるなんて!?と思ったのですが、考えてみると、桃や洋ナシにナッツやチーズを組み合わせたサラダはよく作るんです。実際、イチゴのサラダはそれほど珍しいものじゃないみたい。

サラダの材料は、ルッコラなどの葉っぱ類、スライスした赤タマネギ、軽く炒ったクルミ、ゴルゴンゾーラなどのブルーチーズ、そしてイチゴ。イチゴを除いたこれらのものを使ってのサラダは以前からよく作っていたのですが、旬のイチゴを入れると夏〜!って感じになります。
ドレッシングは、レッドワインビネガーにオリーブ油、砂糖、塩、胡椒に水を少々です。お砂糖を結構しっかり入れるのにちょっと驚いたんですけど、酢の物もそんな感じだし。実際、甘酸っぱいドレッシングがイチゴに合います。

ところで、現在もまだあれやこれやと苦労している娘の食べ物。特にショックが大きかったのが、去年あれほど食べていたイチゴを触ろうとすらしないほど嫌っていたこと。日本滞在中、美味しいあまおうも無視するし。小さい子どもは好き嫌いがコロコロ変わるというのは知っていても、もう呆れるというか・・・
しかし、どこ行ってもイチゴのあるこの状況に洗脳されたんでしょうか。一粒食べきったら、イチゴ大好き!なのが舞い戻ってくれました。あーよかった。だって、イチゴを食べなかったら、あなたどうするの?厳しい冬を越せないわよ!そのくらい、今、イチゴをたらふく食べるのは大切なことなんです。もはや家訓か。
横にそれますが、家訓といえばこんなの見つけまして。なんだか楽しそうだ。

あっ最後に、娘、このイチゴサラダには全く見向きもしませんでした。
[PR]
by chick_pea | 2010-07-11 05:41
お野菜、たっぷり

Steamed Vegetables and Two Dips


アスパラガス、白・緑ともによく食べています。今シーズン、初めて試してみたのが茹でるのではなく蒸し野菜として。はい、ただ蒸籠で蒸すだけ。
季節ものとしては、新じゃがも入れてみました。これはたぶん輸入物で、フィンランドではまだ旬ではないと思いますが。皮を剥かずに食べられる小さなじゃがいもは、こういうシンプルな料理にぴったりですね。その他には、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジンと。これら3種は娘も食べられる野菜として必須なので。案の定、白・緑のアスパラと新ジャガは食べなかったし・・・

大人用にディップは二種類用意しました。一つはニンニクの効いたアンチョビソース。もう一つは、マヨネーズに柚子こしょうとポン酢醤油を加えたもの。

海外に住んでからの変化の一つに、市販ドレッシングを買わなくなったことがあります。こちらのその手の商品は特に購買意欲が沸かないし、日本食材店にある日本モノは値段が高いし。今は常備している調味料を適当に混ぜて使うことが多いかな。ごまドレッシングが欲しければ、手に入りやすいタヒニを使ったり。
日本に住んでいたときは、ついついいろいろなドレッシングを買ってしまい、その割には使い切らずに賞味期限が過ぎてしまうことがよくありました。市販のものを避ける主義では全くないけれど(日本にいたら、やはり美味しい市販モノを手にするであろう)、買えない、もしくは買う必要のない今の状況は、ある意味、無駄がでないので悪くないかもと感じています。

さて、話をお野菜にもどして、その他のシンプルな食べ方としては、揚げ浸しも作りました。アスパラ・新じゃがの他に、パプリカ・ナス・ズッキーニ・いんげんを使って。私は蒸し野菜も好きですが、揚げ浸しはもっと好み。ただ揚げる面倒臭さと、シャキッとした食感のない揚げ浸しは娘が全然受け付けないので。夫も美味しいと言うけれど、ほんとにそうなんだか微妙だし。でもいーの、私一人でも食べたいからまた作るのだ。
[PR]
by chick_pea | 2010-05-24 22:48
この日のためのロールケーキ

Matcha Swiss Roll with Baileys Flavoured Cream


今日、3月17日のセントパトリックスデイにちなんで作ってみた、緑色のロールケーキ。

もちろん緑色のギネス味ではなく、抹茶味。生クリームの方にはベイリーズを入れて。食べてみたら、少なかったせいかあまりわからなかったけれど・・・そして、ちょいといびつなチョコの飾りはシャムロック(クローバー)のつもり。

とにかく、ビバ・アイルランドのロールケーキなのである。お祭り気分の楽しそうな雰囲気がなんだかうらやましくて、こんな形で自分も参加してみました。いや、ほんとはやっぱりアイリッシュパブでギネスをゴクゴクいきたかったよな・・・
[PR]
by chick_pea | 2010-03-18 05:18
弥生月、恒例となるか?ちらし寿司

Chirashi-zushi(ちらし寿司)


ひな祭りの日に作ったちょっと変わったちらし寿司。一見、そぼろ弁当のようですが、下に隠れているご飯はすしめしです。
去年のひなまつりの頃、来年は娘のためにミニてまり型のちらし寿司を作ってみようか、なんてことをブログ記事に書いたのですが、予定変更。やはり、炭水化物系にあまり食指の動かない娘のことだから、食べなさそうな気がしたので。
そこで、以前から興味のあったちらし寿司を、もはや自分のために作ることにしたのでした。

で、悲しいかな、それは大正解・・・
娘、ほとんど口にせず。でも翌日、残ったすしめしを海苔巻きにしてランチにだしたら8割がた食べてました。食べ慣れた海苔巻きと違い、見慣れぬちらし寿司の形状がだめだったと思われる。花型にんじんも同様で、どうやらにんじんと見なさなかったようで興味なし。かわいいお花っ!パクッ!なんてのはまだ先のようです・・・いやはや、ほんと難しいですわ。

さて、参考にしたレシピと違う点は以下の通り。

その1:真ん中の緑の部分、スプラウトがスーパーで売っていないので、クレソンで代用。以前はあったんですけど、人気なかったのか消え、以後そのまま。また売って欲しい!
蛇足ながら、ほんの一時期、シソ(と思われる)のスプラウトが売られいたことあり。高い値段設定と認知度の低さのためか見事売れ残り枯れてましたね。それ陳列棚に置かれたまま(←放置とも言う。ここら辺、かなりフィンランド的)。

その2:すしめしに甘辛のお肉を半分混ぜ(残りは上にのっける)、みじん切りにしたガリも加える。このガリ、レシピでは自分で作ってみようってことだったので、そうしてみたらえらい辛くって。新しょうがでなく普通のしょうがを使ったのがまずかったのでしょうか?
結局、市販のものを入れました。ガリはある程度大きなスーパーなら普通に売ってます。昨今の寿司作ってみようブームで。

その3:使ったお肉は、牛ではなくトナカイ。
これ、別に奇をてらったわけではなく。細切れの牛肉を見かけないため、それに代わるものとして冷凍のトナカイ肉が適していたからです。切り落としのような肉をまとめて冷凍したものなので、しぐれ煮にはぴったりなのだ。
クセは牛肉よりも少しあるけれど、ショウガで甘辛く煮ると、私は気にならず。これはなかなか使える食材であります。

考えてみると、娘、ミニ手まり型にした方が食べていたのかも。おにぎりに似てるし。よし、来年こそは・・・猫型にしたら食べてくれるかなぁ。
[PR]
by chick_pea | 2010-03-08 06:40
モーンシュトレン

Mohnstollen

クリスマスもあっという間に過ぎてしまいました。引っ越し片付けに疲れ果て、クリスマスのためには何もする気がなかったのですが、モーンシュトレンだけは作ってみたくてなんとか。レシピは『一流シェフのとっておきパウンドケーキ』という本から。レシピの写真と比べると、けしの実あん部分の形がちょっといびつだが。まっ、そこは初めてってことで・・・

モーンシュトレンについてグーグルで調べた画像を見ると、けしの実あんをもっと多く使っているのが一般的?夫はポピーシードがかなり好きだから(ポーランドにもそれを大量に使ったケーキがあるのです)、次回はこのあんをたくさん入れてみようか。捏ねる際、キッチンエイドを使ったので思ったより楽に作られたし、このモーンシュトレン、これから恒例のクリスマスケーキにするのもいいかも、と思っております。

さて、クリスマスも終わったことだし、気分はセールへと移行中〜。
[PR]
by chick_pea | 2009-12-28 07:46
洋ナシのコンポート

Anise Pears

モスカテルワインと八角で煮た洋ナシのコンポートを作りました。かわいらしい小ぶりな洋ナシが手に入ったから。因みに、国産。フィンランドの洋ナシってあるのねぇ。ほんの一時期だけ店頭に並ぶものなのかな。
いつも売っている洋ナシは大ぶりで細長めのひょうたん型。でも、まるごと煮るんだったら、ころんとした洋ナシを使いたかったんです。見た目がかわいいでしょ。

実は参考にしたレシピ、材料をちょっと変えなければなりませんでした。オリジナルでは洋ナシのネクター、レモン汁、モスカテルワイン、八角で煮ることになっているのですが、スーパーでネクターが見つからない。そのため、水で薄めて飲むタイプの洋ナシのジュースで代用することにしました。そのジュース、不透明なボトルに入っていたのですが、これが問題だった・・・

コンポートを作る日の朝、とりあえず飲んでみようかとコップに注いだ途端、ギャーと心の中で雄叫び。なんと注ぎ口から出て来た液体は、鮮やかすぎるマリンブルー色。海があんな色だったらうれしいいが、クリーム色を想像していた洋ナシのジュースではあまりに衝撃的。あれは子供用のジュースだったのか?それともカクテル用とか?

この朝っぱらからのオドロキを自分だけで終わらせるのは残念なので、夫に「色が悪すぎるから、飲まずに捨てる」と宣言しながら、シンクに流そうとしたところ、もちろん彼は「もったいないじゃないか」と当然の反応。そして「自分が飲むから捨てないで」と言おうとでもしたのでしょうが、ボトルから流れ出る色を見た途端、黙って知らんぷりしてました。どうやら夫も飲む気はなかったらしい。さようなら、変な色のジュース。
結局、コンポートを作る際は、その代わりに水と砂糖を使いました。

その後ふと考えたのだけど、あのジュースで煮たらやはり青みがかったコンポートができたのでしょうか。ハロウィンに良さそうなデザートですね。
そういえば、映画『ブリジットジョーンズの日記』で主人公が料理の材料をしばるそれ用の糸がなくて、代わりに青いビニール紐だかを使って煮たら、スープが青色になってしまったというエピソードがあったな。あれは色よりも、紐からなにやらケミカルチックなものがしみ出ていそうで、見た目以上にコワイものがありました。

それにしても、あのマリンブルーの洋ナシジュース、食べ物を無駄にしてしまってごめんなさい。でも、あの色はほんと無理だったのよ・・・
[PR]
by chick_pea | 2009-11-13 07:38
オープンサンドイッチ片手に冬支度?

Open Sandwich

10月初旬、ヘルシンキの港で開かれる”ニシン市”から夫が買ってきたライ麦パンとニシンの酢漬け。これらを使ってオープンサンドイッチに。

フィンランドに住む前は、ライ麦パン好きだと思っていた私。だから、移り住んだ頃はよく食べていたのだけれど、ほどなくして全くと言っていいほど買わなくなってしまった。食すといえば、レストランで料理の前に出してくれるときぐらいか。
そこでわかったのは、ライ麦パンとは時々食べるからこそ私にとって味わい深く感じるものらしい。そういうわけで、久々の酸味控えめで甘みのあるオーランド産のライ麦パンはとても美味しかったです。

ニシンの方は、一般のとはちょっと違うタイプ。普通はおろしたニシンを使うと思うのだが、これはフィレにせず揚げて漬けたもの。パン同様、酸味よりも甘みの強い身が肉厚でうまし。で、気がついた。これって南蛮漬けと同じようなものではないか!だからすっごく好みだったのかも。

ニシン市って寒々としたイメージ。実際、青空で気持ちの良い日もあるのだけどね。あぁ、またいやな季節がやって来ているのだなぁと思ってしまいます。
今年の10月は今のところとても寒い。朝起きて気温がマイナスのときにはもう何て言っていいか・・・外に出るときは、暖かい格好をさせるため娘と格闘して無用な汗をかく始末。これが当分続くのねぇ。

More
[PR]
by chick_pea | 2009-10-18 06:13