Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
タグ:cat ( 72 ) タグの人気記事
お腹がすく理由

The Day When We Had the First Snow

さくさくっとアルザス旅行記といきたいところでしたが、今回は前記事の続報ということで。
結局、五個の餌ボールは三日と持ちませんでした・・・ので、去年買った餌箱がもどってまりました。

小鳥たちの食欲たるやものすごく、家の掃除をしようと少し窓を開け掃除機をかけている間でも、気にせず食べに来る状態。
写真のように、少しだけ開いた窓の向こうに猫がたたずんでいようとも、数は減りながらも度胸のすわった(いや、ただ食い意地の張った?)小鳥がいます。ボヨは、まあ時々興奮したりしますが、もう慣れて興味の持続もすっかり短くなりました。

実はこの写真、そんな猫と小鳥の関係を撮るためだけにカメラを手に取ったわけではないのです。全然写っていませんが、外はなんと雪が降っています。はい、初雪でございます。どうりで鳥たち、食欲旺盛なわけだ。

今年は10月に雪が降るらしい、明日にでも雪が降りそうだよ、去年みたいにただ天気が悪いよりは早く雪が降った方がいいよね〜なんて会話を交わしていたわりに、いざ雪を目にすると、なんだか悲しくなるのはナゼ?
零下でなかったので、雪が積もりことはありませんでしたが。

そんな折に聞いた、短い英語のジョーク。日本語にするとおもしろくなくなるのでそのまま載せます。以下の単語をふまえた上で・・・
seed = たね、種子
bird seed = 種子類の入った鳥の餌

I planted some bird seed.
A bird came up.
Now I don't know what to feed it.       by Steven Wright

ふふふ・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-10-14 21:17
空、高く・・・

Sleep in the Autumn Sky

残念ながら窓越しの空ですが・・・
この後だったか、窓のでっぱりにハトが留まり、ウメ嬢釘付け。ところがそのハト、特に動きもせず(いや、不穏な空気を微妙に感じていたようでもある)面白味に欠けていたため、ウメ嬢も次第に退屈してきたようで。でも、ハトがいる以上は目が離せないらしく、ウメ嬢は興味と眠気の板挟みでちょっと苦しそうでした、とさ。

私としてはハトには来て欲しくないのだけど。小さい野鳥はかわいいけれど、ハトはなんだかイヤなの〜。鳥に差をつけるなんて、と夫からはたしなめられましたが。
夏の間は取り外していた鳥用えさ箱。これを再び設置する日も近そうです。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-09-13 03:15
怖がる黒猫、役立つサビ猫

Kaki

雷の音を聞いて石化するような猫に見えないじゃないか(笑)。なかなか堂々としている、ようにも見える(←飼い主のささやかな思い)。

ところが、またもや意気地のないところをボヨは露呈してしまいました。
お天気が非常に変わりやすかったときがあったのですが、そんなある日のこと、バケツというより大たらいをひっくり返したような激しい雨が降りだして。外から突然すごい音が聞こえてきたので気がついたのです。雨音とは思えない音だよなぁ、なんて思いながらふと目に入ったのは、部屋の中、妙に中途半端なところで留まるボヨ。まさかと思い触ってみたところ、予想に反さず硬い。試しに、その漬け物石のようなボヨを押してみたところ、なかなか動かず・・・

雷、鳴ってないのにっ!!どうして!?
雨の音で石化する猫、募集中(ウソ)。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-09-10 05:07
ボヨの日々上々

Kaki

ウメ嬢に比べると、どうしても寝ている写真が多くなってしまうボヨ。そもそもアクティブな猫ではないからしょうがないのですが、それだけではない。やはり、寝ている姿が飼い主をメロメロにさせてしまうほど愛らしいからというのもあります。こんな姿を見ると、心臓のあたりが何とも言えなく幽かな痛みを感じてしまう。これは、ほっておけないかわいらしさというものなんでしょうか。

しかし、飼い主のはがゆい思いなどどこ吹く風のボヨ。そんな彼がどこで寝ているのかと申しますと・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-08-06 00:42
お腹の中に、ラベンダー

Lavender Sugar

オーガニックショップでラベンダーを買ったので、ラベンダーシュガーを作ってみることにしました。インターネットで調べたサイトによると、4カップの砂糖に対し大さじ1のラベンダーということなので、その4分の1の量を瓶に入れて。時々シャカシャカ振って4週間ほど待ちます。楽しみ〜。
このお砂糖、何に使うかはもう決めてるんです。それについては、使ったときにまた報告しますね。

実のところ、ラベンダーシュガーのためにラベンダーを買ったわけではないのです。さて、その本来の目的とは・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-07-28 21:11
ウメ嬢は電気ネズミの夢を見るか?

Ume

もうご存じの方も多いかもしれませんが、ウメ嬢、うるさい猫なんですね。よく鳴きます。要求も非常に多いです。飼い主たじたじです。

そんな彼女、夏至のあたりは特にひどかった。やはり夜中も真っ暗にはならないせいでしょうか。いい年して、変な時間にネズミのおもちゃで遊びだしたり。
一応、飼い主は寝る前にネズミを隠すのですが、うっかり忘れるときもある。そんな夜中、明け方は、ウメ嬢の鳴き声とともにネズミが床にカツンカツンと落ちる音が家に響く。結構うるさいです。

写真のウメ嬢、心なしか目がいつも以上に爛々としていますね・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-07-08 00:47
雨だけど猫日和 in Tokyo

Ribbons

里帰り中はお天気の良い日が多かったような。がしかし、ざーざー降りの日もあった。そんな日におじゃました東京某所。
それは、しろねこ4匹の飼い主smiledsweetlyさんのアトリエでした。

東京にもあるんだね、大正時代の家屋。見上げると梁があって、古い家独特のいい匂いがする。とてもすてきなアトリエ。
そこで私を待っていてくれたのは・・・いや、本当のところは私のためにわざわざ連れて来てもらったのだけど・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-06-29 04:03
三都市物語 〜その1〜

Storks - 2

行ってきた先で撮った↑写真。一見、フィンランドのどこかって言ってもいい感じ?(笑)
実は、ポーランドに行ってきました。ということで、旅というより夫の実家に帰っただけじゃないかというと、今回の場合、そういうわけでもなく。旅らしくちょっとテーマを作って、過ごしてみました。

さてその自分なりのテーマについてまず説明を。
ポーランドというと、第二次世界大戦中の悲劇のイメージが日本人には最も強いと思いますが、悲劇といえば歴史的にそれよりも先に起こったポーランド分割というのもあります。三度にわたって周辺諸国に分割され、結果的に国が滅亡してしまった出来事。
私は、これを学生のときに世界史で習い、意外なほど印象に残りました。もちろん、その分割した国がどこだったのかという問題がいかにもテストに出そうだったから、というのもありますけどね。
なぜ強く印象に残ったか、その理由は「消滅するってどういうことだろう。他国に支配される国の話しは歴史上よく聞くけれど、近隣三国に分割されてしまうなんて・・・される前にその三国(ライバル同士で、ある意味もろい関係)のバランスを壊す手だてはなかったのか?もしかしてポーランド人って政治交渉が苦手な人たちなのかしら?」という疑問からでした。たかだか十代女子が教科書の数行を読んで単純に感じたことなので、あまり突っ込まないようお願いします。
ちなみに、あの巨匠・池田理代子が「天の涯まで―ポーランド秘史」という当時のお話を描いておりますので、興味のある人は読むべし。コレ読むと、ポーランド人だっていろいろ頑張ったんだなって思うよ・涙(と一応フォロー)。

そういうわけで、私の中では長年、ポーランドといえば分割、というイメージが強く残っていたのです。そして、最近知ったことなのですが、ポーランド分割を行った国の影響がそれぞれに分割されたポーランド各地域に残っているそうなんです。例えば、ロシアの領土だったことのあるワルシャワ周辺で暮らしていた夫には、オーストリアの領土だったことのあるクラクフ(ポーランドの旧首都)という街については知らない文化もある、といった感じ。考えてみたら、当然なのだけど私にはとても興味深かった。

そしてもう一つ。今回の里帰りのきっかけは、80歳の夫の祖母が夫に会いたいと言っていたから。義祖母の住む街、オポレは以前はドイツの一部だったところ。ポーランドは数カ国と国境を接しているので、こういうことはよくあるのです。

つまり、今回の旅のテーマとは「三都市をめぐりその違いを感じてみたい」です。前置きが長かったわりには、ありきたりなテーマですけど・・・7泊のポーランド滞在で、夫の実家(ワルシャワから車で1時間)に加え、ワルシャワ中心、クラクフ、そしてオポレを訪れました。

さてここで問題。写真の電柱に巣を作った鳥は、なんでしょう。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-05-08 05:22
猫ら、飼い主、あるショックな出来事。
a0027495_455831.jpg
先日、猫らを動物病院い連れて行きました。ずいぶん前から獣医さんに言われていたにもかかわらず無視していた「歯垢除去」のためです。
別に彼ら元気だし飼い主面倒くさで、放置していたんですけど、実はウメ嬢は抜歯で歯が4本ないので、彼女も年だし歯は大切にしてあげないといかんなーと気にもなっていました。というわけで、今回ようやく。

ちなみに、彼女が歯を失ったのはUK在住中。
ワクチン接種のために動物病院に連れて行った際、獣医さんから歯が悪くなっているから抜いた方がいいと言われ、二本抜歯。そして次の年のワクチン接種の際も同じ理由で二本抜歯。3年目のとき、また言われたら訴えてやるわっと思いましたが(いえ、冗談。良い獣医さんでした)、抜歯はなしで済みました。

麻酔をするので当日の朝はご飯なし。朝になって「ご飯くれー」コールがつらかったので、いつもは朝ご飯をキッチンで食べる飼い主ですがその日はリビングで。キッチンには猫のお皿を置いているため、近づきたくなかったんですね(笑)。
除去後、麻酔がしっかり切れるまではちょっと時間がかかりましたけど、大丈夫でした。朦朧としている猫らは自分をうまくコントロールできなくて、困惑していましたが。ショックだったでしょうねえ。かわいそうなことしました。

でも、飼い主もショックだったことがあったんです。それはお値段。私は一匹一万円ぐらいかなと予想してたら、甘かった甘かった。
二匹で300ユーロちょっと!まさに今だと1ユーロ160円なので、4万8千円になってしまうではないか!あのときだともうほんの少しは安いと思うのですけどね(ええ、ほんのちびっと)。予想の2倍以上もかかってしまいました。
悔しいので、友達に会って思い出してはこの話を披露してます。彼らが驚いてくれるのが心の支えだわ(←?)。だから、ブログのネタにしないでいられるかってことで。お高くついたネタだこと。

病院では、さわやかに「一年に一度は歯垢除去した方がいいですよー」と言われました。え〜、無理。でも、また言われてしまったんです、ウメ嬢の歯が一本あまり良くないので、次回のときに抜歯した方がいいかも、と。また!?と思ったのと同時に、もしかしてもっと早く歯垢除去してもらっていれば、その歯は悪くならなかったのではと思うと・・・ごめんよウメ嬢。

当然といえば当然ですが、猫らの歯、白くなりました。ウメ嬢のをお見せしたかったのだけど、あくびしてるところをアップで撮るチャンスに恵まれなくて。

代わりに、ボヨの真っ白い犬歯↓をご覧ください(でもモノクロ写真。意味ねー)。

Kaki


写真撮ってたら起こしちゃったので、またたび棒でちょっと遊んであげました。そうしたら激しくじゃれまくり。そして、こんな衝撃的な写真が撮れた。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-04-18 04:29
道の途中で・・・
On the Wall


先週末、ヘルシンキ中心から車で一時間ほどの場所で、見つけたモノ。思わず車から降りて写真を撮ってしまいました。さてこれらは一体、何の道具でしょう?

なんて言ったものの、実は私にもわかりません。道沿いの小屋(たぶん)の壁にかけられていただけなので。実際使っているモノなのか、それとも引退後のオブジェ姿なのか?人通りの多い道では決してないので(原っぱの中だったような)、後者でないとは思うけど・・・

やはり農耕系の道具なのでしょうねえ。気になるのは、一番左のじょうごみたいなのと、木槌の上にある先がガク片のようになっているモノ。
ワタクシ、都会っ子だからこういうことに疎いんざますよ、ほほほ。


In the Car


夜8時でこの明るさ。ちょうど日が沈む頃でした。


*****

ところで、つい先ほど偶然見つけた↓コチラの動画。
really expensive cat toy
Google Videoに飛びます。私は、絶対にこのおもちゃは猫に貸してあげません(断言)。だって、そのおもちゃ、買ったばかりだもの・・・
[PR]
by chick_pea | 2007-04-13 04:31