Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ:animal ( 12 ) タグの人気記事
かんばん犬

Dog in Warsaw

足元が暖かそう。

[PR]
by chick_pea | 2012-11-25 23:51
ポニーに乗った日

In a Horse Riding Club -6

随分前からポニーに乗りに行こうと娘に言っていた夫でしたが、先週末にようやくそれが実現しました。

More
[PR]
by chick_pea | 2012-05-11 06:54
春の公園

Easter Monday

休日のイースターマンデー。たいていのお店がお休みとなるので、お天気のいいその日はワジェンキ公園へ久々に行ってきました。
葉っぱがずいぶんでてるかなと期待していたんですが、残念ながらまだまだで。その中でたくさんの若葉をつけていたのが柳。柔らかな黄緑色が美しく、うれしくなりました。

そこで思い出したのが、イギリスの児童書『The Wind in the Willows』。いつか読もうと思って買っていた古本を本棚から出し手にとってみる。風に揺れる柳(willow)を見て春を感じるなんて、日本にいた時にはなかったこと。だって日本には桜がありますから。
因みにこの本の日本語タイトルは、『たのしい川べ』。原題にあるwillowが入っていないのは、やはり日本の柳のイメージがちょっと違うものだからなのだろうな。


Red Squirrel

緑は少なくとも、耳としっぽがほんわほんわの赤リスはあちらこちらで見かけました。ナッツを持って来なくてごめんね。次回は忘れずに持って行こう。
[PR]
by chick_pea | 2012-04-12 06:27
村の鍛冶屋

At the Airport

先週末はポーランドに行ってきました。2ヶ月半ぶりのヘルシンキ空港の出発ロビー。気がつくと、娘の反応も結構変わったなぁと。
前回のときは、飛行機などに興味は示さなかったんではなかったか。やはり女の子のせいというのもあるし、全体的にのんびり成長のタイプなので、そういうことに興味の出るのが遅かったのかも。でも、今回は飛行機やバス、作業車を見て喜んでいたりと、ずいぶん興味を持った様子。ゆっくりながらも一歩一歩進んでるのねぇ、なんて思いました。

逆に変わらなかったのは、ストーカーぶりでしょうか。日本からもどってきてより悪化し、現在も進行中。
今回は、夫の家族に思う存分遊んでもらって私はちょっと解放気分を味わう予定だったのですが、どうもいまいちに終わってしまった。娘に会うのをとても楽しみにしていたあちらの家族をちょっとがっかりさせてしまったかも。それ以上に私も残念でしたがねぇ・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2010-06-26 06:28
りんごの木の下で

Apple Trees -1

先月末、バースデーパーティのため車で一時間ぐらいの所に住む夫の友人宅へ。日が差しているかと思えば、雨がポツポツ降りだし寒くなり、また太陽が顔を出すといった変わりやすい天気のもと、お外にてご飯。
庭にあるリンゴの木々は花をつけ、ちょっとしたお花見気分を味わえてなんだかうれしかった。そんな気持ちになったのは花見好き日本人である私ぐらいだったかもしれないが。

More
[PR]
by chick_pea | 2010-06-06 07:18
動物で一息

In Seurasaari -1

日本では蒸し暑い日が続いているでしょうか。このつぶらな瞳とパーにした手足を見て、しばしそんな暑さを忘れてくださいな。


In Seurasaari -2

なぜかこの顔、気になってたんですね、以前から。で今回、わかった。彼らペンギン顔なのだ!いや、ペンギンも鳥なんだからして、似ててもおかしくないが・・・
ペンギン→寒いところにいる→ひんやり→なんだか涼しそ〜、という気分になりましたか?(あまりに強引)

以上、お散歩途中で出会った動物たちに癒されてみる、でした。
[PR]
by chick_pea | 2009-07-19 18:58
イエロー・イエロー

Vineyard

先週末、二泊三日でフランスのアルザス地方へ行ってきました。ストラスブールでぶらぶら、ワインを飲んだり美味しいものを食べたりのんびりと。
二日目にはアルザスワイン街道の町の一つ、Riquewihr(リクヴィール)へ車ででかけました。そこで撮ったのが上の写真。日の光で輝く黄色いワイン畑の中にあるすてきなかわいらしい町(村?)でした。
お天気に恵まれた三日間。写真の整理がついたらUPしていきますので、お楽しみに。それにしてもアルザス、本当に良かったです。また行きたい・・・

そして帰ってきたら、ヘルシンキは天気が悪かった。うん、わかっていたよ。アルザスで見たあの輝く黄色を思い出して乗り越えるべし。でも、こちらでも、すてきな黄色を見つけました。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-10-10 05:39
peaはpeaでも、chickの方でなく・・・

Pea Rice

こちらも暑い日が続いております。7月末に寒くなりこれで夏も終わりか!?とかなりシクシク状態だったのですが、どうやら盛り返した模様。果たしてこの夏がいつまで続くのか?

今が旬の食べ物の一つとしてお豆があります。サヤ付き豆(グリーンピース)のストールが現れ始めるとそれは夏が来たことを意味する。このストールは言わば夏の風物詩。
でも、私はストールの人に詰めてもらって買うのではなく、もっぱらスーパーの量り売りを利用します。というのも、中に入ってる豆の小さい時があるのです。サヤを開きスッカスカの中から未成熟の豆を見つけてしまうことの悲しさよ。というわけで、サヤを一個ずつ触りながら中の豆のサイズを確認しつつ袋に入れていく、結構いやな客です。

ほぼ毎日、我が家で食しているこのお豆。友達から聞いたところによると、このお豆を食べることはとても良いことだとか。やはり旬のモノをそのときたくさん摂ることは大切なんでしょうね。
太陽の光を浴びてミネラルたっぷりの豆力が、暗く寒い冬から私を守ってくれますように・・・

このお豆さん、我が家では軽く茹でて食べています。みずみずしくて甘みがありとても美味しい。フィンランド人は生で食べるんですけどね。青臭くって好きじゃなかったけれど、私も昨年あたりから生でも平気になりました。この粗野な感じが夏っぽくてイイのかなと(笑)。

豆ご飯にも、もちろんいけます。炊くときに豆を一緒に入れると、鮮やかな緑色が消えパサパサ感が出てしまうので、今回は調理法を変えてみました。
栗原はるみさんのレシピを参考に、シェリー酒(レシピでは白ワイン使用)と野菜ストック入りの水で炊いたご飯に、茹でた豆を混ぜ込む。そして最後にちょっとだけ塩、胡椒で味付けして。うん、この方が断然おいしい!

More
[PR]
by chick_pea | 2007-08-11 00:28
卯月の小島

Seurasaari Island - 1


ここ最近、お天気が良くて結構暖かい。もしかして今年は例年より早く木々の緑が見られてしまうのかな、なんて。
日曜日、せっかくの青空だけど、特にすることもなし。というわけで、かなり久しぶりにヘルシンキのセウラサーリという小さな島へ散歩に出かけました。

セウラサーリは野外博物館のある島。以前行ったとき、入り口から島を左回りで歩いて一部だけしか見なかったので、今回は右回りで、と夫からの提案。そうしたものの、歩けど歩けどあるのは森のみ。ようやく開けた所に出たなと思ったら、そこは前回来た場所ではないか!
つまるところ、野外博物館は島のほんの一部に存在するだけで、前回のとき知らずのうちに全て見て回ってしまっていたことが判明。島の地図を見ていればすぐわかることなんですけどねー。いつものことだが、規模小さっ(←ここに3年半も住んでるのに、まだスケールの小ささに慣れない私が悪いのか?)。

でも、まあいいのです。鳥やリスを見るのが本来の目的だったのですから・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-04-03 20:42
トリよ、トリよ、トリたちよ

Bird in Snow


寒い日が続いております〜。そろそろ歩けるほど海は凍ったのだろうか。

そんな状態でも、小鳥たちは相変わらずやって来ています。雪降るこの写真を撮ったときは、マイナス13度ぐらいだったかな。小鳥たちは一旦我が家のすぐ近くにある木の枝に留まってから、窓わきに設置したえさ箱へ飛来してきます。
この時期の彼らはふっくらしてますねえ。ええ、もちろん太ったからじゃございません。毛を立てて寒さから体を守っているのですね。
2、3日前はマイナス20度ぐらいになってしまって、さすがにこれは厳しかった。外に出たら、小さな紙風船のように体を膨らましたスズメが三羽、葉の落ちた垣根の間に留まっていて。見た目はかわいいのだけど、過酷だなと思いました。

さて、以前に小鳥の記事をUPしてからの我が家の小鳥状況について。
前回のとき、窓にえさ箱をぶら下げたら、怖いほどの数の鳥がやってきて少々困ったと書きました。そしてその後、初めて買った餌がなくなったので、夫が2袋目を購入。そうしたらば、やって来る小鳥、激減しちゃいました!!穀物等を混ぜて固めたチップ状の餌はおいしい匂いを発しなかったためでしょうか、小鳥たちに人気がなかったんですよ。別に安いわけでもなかったんだけど。タダ飯のくせに、なんて好みにうるさいんだ。
私としては、小鳥が少なくなりご近所に迷惑がかからないからヨシと思ったんですけど、夫的にはおもしろくなかったらしく・・・3袋目は香ばしそうな餌を買ってきて、また小鳥たちの呼び寄せに成功いたしました。でも最初ほどは多くないかな。ちょうどいい感じです。

そして、別の小鳥が我が家にやって来ました。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-02-10 00:28