Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
夏至祭にBBQ
25日は夏至祭でした。この日から3日間お休みとなることもあり、多くの人が田舎にあるサマーコテージで過ごすため、都会から人がいなくなるという話を聞いてはいたものの、実際、明らかに数の減った路上駐車を見るとその徹底ぶりにびっくり。

この日、私は「スオメンリンナ」という港から船で15分ぐらいの島へバーベキューをしに行きました。この島、世界文化遺産にも指定されていて観光スポットのひとつなんですが、よく聞く感想が「風が強くて寒い」・・・。

確かに見所である要塞や大砲に興味がないとあまり楽しめないかも。張り巡らされた防御壁を見ても、私自身ピンと来なかったし。博物館があるので入ってみるとまた違うのだと思いますが。

でも、ピクニックをするには最高の場所(もちろん天気が良かったらね)!とってもなご〜む。実際、地元の人には格好のピクニック場所となっているそう。今回たくさんいました。
a0027495_223218.jpg

要塞マニアではない人がスオメンリンナを観光するのであれば、お天気がいいからちょっとお散歩気分で来てみましたっていうのが、この島を楽しめるコツだと思います。カフェもあるし。

私たちは、8時までそこにいたんですが、この時間に島に遊びに来た人たちと行き交いました。明るさは昼間と変わらないし、夕飯の後、お酒を持って島で夕涼み(ってほど暑くないけど)というのもなかなかいいかもしれません。

一緒にバーベキューをした友達から、すてきなことを聞きました。夏至祭の夜、9種類の花を摘んで、枕の下にしのばせて眠ると、未来の王子様が夢の中に現れるのだとか。ロマンチックな言い伝えですねえ。
[PR]
# by chick_pea | 2004-06-26 22:33
自家製ワイン
a0027495_175552.jpg夫がワイン作りを始めました。結構お気軽にできるみたいです。
スーパーにワイン作りに必要な物がいくつか売られているところをみると、この国で人気があるんだと思います。やはり飲んべえの国ですから。

先日購入した砂糖の一部と米そして水、イーストがこの写真のあやし〜いブツの中に入ってます。見た目が悪いなあ。本当に飲めるようになるのか!?

今の季節だとフルーツがいろいろ出ているので、フルーツのワインを作る人が多いようですが、今回、我が家はお米のワインに挑戦。どちらかといえばフルーツの出回りにくい冬用ワインらしいのだけど、初心者向きとのことなんで、ぜひうまくいってほしい。失敗するとワインビネガーになっちゃうんだとか!何十リットルもそんなのいらないよ・・・

お米のワインといっても、干しぶどう・レモン・バニラシュガー・シナモン・オールスパイス・黒胡椒・カルダモン・バジル・タイム・クローブ・しょうが・ナツメグとスパイス満載なので複雑な味が期待できそう。

イーストを入れた後に発生する二酸化炭素は、バケツのフタにさしてある管を通って外に出ます。ワインが外の空気と直接触れるのを避けるために、管には水が少し入って栓代わりになってます。だから、二酸化炭素が出るたびに、水がブクブクと音をたてるのが聞こえる。イーストが頑張って働いているようです。

この後、水と砂糖をたして、3ヶ月はじっとがまん。ボトルに移した後、さらに2ヶ月待って完成の予定。飲めるのはまだまだ先の話ですね。
[PR]
# by chick_pea | 2004-06-24 17:57
国産イチゴ
a0027495_4952.jpg
フィンランドのイチゴが有名だということを知っている人は、きっとフィンランド在住者だけでしょう(笑)。
なんでも、日が長いため日光がイチゴに長時間あたるのが、味がおいしくさせるんだとか(?)。理由は聞かないで。私にもよくわかりません。

今まではスペイン産やポルトガル産を買っていましたが、この遠いヨーロッパの果てに来るのに時間がかかってしまうんでしょうか、売ってる時点ですでに傷んだイチゴが多かったので、今回はちょっと高めの国産を買ってみました。

イチゴとサワークリームのパスタ作って食べました。夏パスタって感じで、意外とおいしかったです。
[PR]
# by chick_pea | 2004-06-23 04:11