Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
彩り
Asters

市場で買った可愛らしい花。いつものごとく名前がわからなかったので調べた所、たぶんアスターではないかと。正しいでしょうか?
動物園でコスモスを見かけたときは、早すぎる秋の到来に愕然とした私。しかしながら、今回は秋を感じさせる彩りの花に魅せられ、ためらうことなく手を伸ばしたのでした。

もう一度暑くなってほしいという願いが叶い、娘を屋外プールに連れて行ってあげられ、自分は外でビールを飲むことができ、34度の暑さで”ひーっ”という気持ちにもなれた。これからの季節のことを考えると後ろ髪が引かれなくもないけれど、今年の夏を満喫できたという気分にようやくなってきたみたいです。
[PR]
by chick_pea | 2012-08-26 07:08
Happy Birthday!

Birthday Cake

先週の土曜日、娘は4歳の誕生日を迎えました。
4年前、出産を終え分娩室のベッドで横になっていたとき、助産婦さんがつけてくれたテレビで放送されていたのが、北京オリンピックのバレーの試合でした。その後、次回のオリンピックなんて先も先、娘が4歳になる姿なんて想像できない、と思っていたのだけれど、気がつけば再びやって来ていたオリンピックの年。ほんと早いものです。

娘、2、3歳独特のイヤイヤ期は過ぎたといえど、違う感じで難しくなってます。甘やかしたつもりはないが、我々の躾のポイントがどこかずれていたのではないか、と感じる今日この頃。幼稚園ではいい子らしいんですけど。その反動が、家で・・・なのか?
でも、結局なんだかんだいっても健康でいてくれるのが一番、そんなことを同じ年頃の子を持つ友達と話した先日。元気に成長してくれることに感謝せねば。

さてさて、バースデーケーキについて。
もともとデコロールにしようと決めてはいたものの、どんなデコレーションにするかが思いつかない。ネットからアイディアを拝借しようと検索し見つけたのが、ミニロールケーキで作るタワー型です。
去年バースデーケーキを作った後、次の誕生日までに生クリームの扱い方(ナッペやデコレーション)を練習しようと心に誓ったはずなのに、全く実行しなかった私。そのため今回のケーキでは、飾り用に生クリームを使うのをできるだけ避けたかった。その点からも、ロールケーキを積んでいき、ちょこちょこっと飾りを付けるだけで、それなりに可愛らしくなるタワー型はぴったりのケーキでした。

娘へのお楽しみということで、ロウソク4本とマスキングテープで作った旗8本を本人に飾りつけてもらいました。上の写真は、娘に見せる前に私がロウソクと旗4本だけ刺し、自分の記録用に撮ったもの(その後、飾りはいったん抜き取りました)。
そして、ロールケーキの上に生クリームをさらに絞って、カラースプレーをふりかけられるよう準備。こっちのカラースプレーは口の中で溶けずジャリジャリしているので私は苦手なんですが、娘にとっては大のお気に入りなんです。

撮った写真を見て、一番上のロールケーキがちょっと傾いてるのに気が付きました・・・かなり慎重に長さを合わせてまっすぐ切り分けたつもりだったんだけどなぁ(実際これが一番気を使った工程かも)。
でもまあ、娘はとても喜んでパクパク食べてくれたのでよかった。この形のケーキ、自分でも気に入りました。ロールケーキの数次第でサイズを自由に変えられるし、なかなかおすすめです。
[PR]
by chick_pea | 2012-08-22 21:57
コスモス・・・

Cosmos

なんだかすっかり秋の気配です。そう感じてきているところで、コスモス(@動物園)に遭遇してしまうと、決定的・・・
あー、暑い夏のうちにアレもコレもやりたかったのにな。もう一度くらい、屋外でブルッと震えずビールを飲みたいところですが、どうなるでしょうか。
[PR]
by chick_pea | 2012-08-14 07:53
極上の青色

Fresh Blueberry Tarts

小さなサイズのタルト型を使って、ブルーベリーとマスカルポーネのタルトを作ってみました。やっぱりベリーって可愛いなぁ。夏のシアワセ。

このブルーベリー、先週末のブルーベリー狩りから持ち帰ったもの。摘んでは食べの私と違い、持ち帰り分を摘み取ってくれたのは夫です。すまないね。
あ、娘も数十粒ほど摘んでくれました。で、一口もその場で食べなかった人。ナゼ?今回のイベントは、ブルーベリーにあまり興味がない娘も摘みながらだったら、楽しくてパクパク食べてくれるかしらというのが、狙いだったのに。しかし、帰りのバスで突然食べ始めた娘、家に着くまで止まりませんでした。わーい好きになったのねと思っていたら、また翌日から食べなくなったのだけど・・・ほんとにわからん。

ところで、ポーランドもフィンランド同様、野生種のブルーベリー、つまりビルベリーが豊富に採れる国。そして、意外にも日本でお馴染みの栽培種もたくさん売られています。おそらくこれはここ数年の傾向ではないかなと(フィンランドもそうだったので)。
今回は初めて栽培種の方を摘み取りました。地面を這うようにして育つビルベリーって、腰をかがめて摘むので結構体力的にきついんです。その点、低木の栽培種って立ったままでいいから楽ですねぇ。


Picking Blueberries

持ち帰り分を入れる容器は持参とのことでしたが、いくつかカゴを分けてもらえました。ポーランドではベリーものが売られる際にこの形のカゴに入っていることが多いです。典型的なのはイチゴ。シーズン中は2キロほど入るカゴに入ったイチゴが大量に出回り、カゴごと2キロ買いすることも珍しくありません(我が家は一度にそれほどは買わないが)。

この写真のものは、見かけることが少ない1キロサイズ。ずっと欲しかったので、手に入ってうれしいです。というのも、このサイズのカゴ持参でベリーを買いに来る人を時々見かけ、私も真似してみたかったから。お店では2キロサイズのカゴに入ったベリーから欲しい分だけをビニール袋に入れて渡してくれるのだけど、カゴタイプに入れてもらった方が運ぶ際に傷みにくいですから。

さて、夫が収穫してくれたブルーベリーは、カゴ込み1.2キロでした。お代は12ズウォチ(300円弱)なり。お店で売られているものよりも、安いし甘いし、大満足のブルーベリー狩りでございました。
[PR]
by chick_pea | 2012-08-08 07:38