Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
またね!
See You, Finland!

南下してました、ってワケでなく、単なる季節外れの写真を引っぱり出してきただけ。ちょっと忙しくて写真を撮る余裕がなく・・・理由はのちほど。

突然ですが、娘の名は日本とポーランドどちらにも存在し、かつ誰にでも発音しやすいであろうと考え決めた名前。その後、フィンランド女性の名にも似ている発音のものがあるということを知りました。日本人的にはちょっと似ているぐらいの印象なのですが、フィンランド人によっては、ほとんど同じ音に聞こえることもあるようです。

ある日のこと、児童館のスタッフの方から娘の名前を聞かれ答えると、やはり”フィンランドにもある名だ”と。そして、”三つの国で共通の名前なんてすてきね”というようなことを言われたのです。確かに以前からフィン人にとっても覚えやすい名前で都合がいいとは思っていたけれど、その時の彼女からの言葉はなんだかとてもうれしくて。偶然ながらもフィン人にとって馴染みのある名にして本当によかったな、と。
なぜあの時に限ってそんな風に感じたのか、それはたぶん、その前日だったか夫からフィンランドを離れる日が近いかもという話しを聞かされていたためなのでしょう。

前置きが長くなりました。もうすぐフィンランドを去りポーランドへ引っ越しします。ここに7年以上も住みました。その間ありがたく友人にも恵まれ、そんな友人らからその長さに驚かれますが、自分も驚く。いろんな意味で、ふふふ。
フィンランドの冬や食べ物のことなどでよくグチをこぼしていました。そんな状況が変わっていったのは、娘が生まれてから。育児に手がかかりそういう部分まで気が回らなくなったし、この国は子どもを育てるには”いい所”、いや"気が楽になれる所"だからと言った方がぴったりくるかな。だって、美味しさの質うんぬんよりも、子どもイスが必ずあり、子どもに寛容な雰囲気のカフェやレストランの方が断然いいものねぇ。そういうフィンランドの良い面をいろいろと経験できてよかった。

フィンランド生まれのまだ小さな娘は、この国のことを思い出すことなく別の国で育っていく。ある程度大きくなり地図を理解できるようになったとき、自分の生まれた国がどこにあるかどんな国なのか知りたくなるのだろうな。その時私がまっさきに伝えることは、フィンランドのあのすばらしい夏のことなのかもしれない。

この国を去っても、娘を通していつまでもフィンランドとはつながっているわけで、なんだか引っ越して遠くに行くって気がしません。実際、ヘルシンキーワルシャワ間のフライトは2時間もかからないし(老猫連れには助かるっ)、気候は似ているし、日本への里帰りには日本ーポーランド間の直行便がないため、使い慣れたヘルシンキの空港で乗り換えるだろうし。

新しい生活が落ち着いたら、ブログを再開するつもりです。というわけで、『北へ行く猫』はちょっと遅い冬眠に入ります。
今までフィンランドからのこのブログを読んでくださって、ありがとうございました。
[PR]
by chick_pea | 2011-01-28 22:49
青と白と

Blue and White -1


Blue and White -2


Blue and White -3


Blue and White -4


Blue and White -5

久しぶりに良いお天気だった土曜日。待ちに待った日の光を浴びながら、雪で覆われ凍った湾のまわりを歩く人々。気温はマイナス10度を越えつつも、風のない穏やかなお散歩日和でした。
[PR]
by chick_pea | 2011-01-17 06:59
黒猫・サビ猫
Kaki

日中、写真を撮る機会がめっきり減ってしまったボヨ。というのも、娘が起きている間はワードローブに隠れ寝しているもので。相当娘のことが嫌いらしい。たぶん雷よりも。飼い主としてはせつないですなぁ。
この写真を撮れたのも、娘が夫と出かけていて不在だったからなのです・・・

胸とお腹に白い毛のあるボヨ。『もしかしてボヨって、黒猫でなく白黒猫なのでは!?』と、夫にたずねてみたところ、『何言ってんの、アホじゃね?(いや実際はアホとは言わなかったけれど、そう言わんばかりの口調)』とあっさり否定されました。

なんでこんなことを今更疑問に思ったかといいますと、”猫生活”という猫雑誌の一月号特集”和猫のすべて”に端を発します。この特集では、和猫のスタンダード(和猫独特の体つきを持つ日本猫)という枠を広げ、外来種を除く日本の猫全てを和猫としているようです。
で、毛色から8種類(三毛・白・黒・白黒・茶トラ・キジトラ・サバトラ・サビ)にカテゴライズされたその記事・猫写真を見ているうちに、ボヨって本当に黒猫なのかと思いがけない疑問が生まれたのでありました。しかしながら、改めてその記事内容をチェックしたところ、全身ムラのない黒一色の黒猫が理想とされるだけであり、ボヨは理想からは外れているが黒猫として見なされるみたいです(笑)。


Ume

そして、やはり飼い主としてはウメ嬢の属するサビ猫の項目にも注目。実は、その部分でウメ嬢の写真を載せていただきました。
そのサビ猫の説明を抜粋しますと、『ベッコウ、ぞうきん猫などと呼ばれることも』『海外ではトーティシェルと呼ばれ人気の毛色のひとつ』『日本では好き嫌いが別れる』『好んで飼う愛猫家も少なくない』など。なるほどその通り。海外に住んでからの話ですが、マジ顔(←ココが大切)でウメ嬢の毛色を誉めてくださる方がいるのです。何とも思わない人も多いですけれど。
単色を美しいと好む傾向のある日本人、あまりそれを重要視しない外国人(国にもよるでしょうが)、この美意識の違いは面白いですね。

この良い例(?)が、先々月だったかストックマンというデパートで毎月発行される小冊子にサビ猫がペットモデルとして登場した事実。カード優待割引のキャットフード広告に出ています。数年前にも数回、同じくサビ猫を目にしていますが、同じ猫では無いように見える。
北欧最大(←ここからしてすでにあやしいが)と謳っているデパートの冊子に、なぜあえてこの柄の猫を選ぶのか!?もっと高級そうな猫を選ぶべきでは?モデル料が安かった、もしくは関係者の飼い猫だからタダだったのか。とっても不思議でならないわけですが、でもうれしい気分になってしまうのは、やはり私がサビ猫飼いだからなのでしょう。
[PR]
by chick_pea | 2011-01-13 07:26
あけましておめでとうございます

A Happy New Year!

去年もこのブログを読んでくださってありがとうございました。本当は去年のうちにもう一度更新して、お礼を書きたかったのですが、バタバタと日が過ぎてしまい・・・
今年もどうぞよろしくお願いします。

卯年にちなんで作ってみたうさぎ饅頭。ネットでレシピを探してみると結構簡単そうだったもので。
オーガニックショップで手に入る小豆を煮て餡を用意。小麦粉ベースの生地も簡単に作れ、いざ包もうとしたら、あれ、どうやってするんだ?と。とりあえず、中華まん方式でいくか。しかし、それすら私は苦手だったことに気がつく。おまんじゅうの包み方ってまた別みたいですけれど、それだとさらにできなかったので。

とりあえずできあがりで写真に撮れそうなのはたった三個。それでも、いびつ部分を隠しながらの撮影でしたが・・・あー思いの外大変だった。でも、焼き印と目を入れるときは楽しかったな。これをするだけで、かわいらしくなるもの。
包むのが下手な私が次回うさぎ饅頭を作るのは、12年後になりそうである(←今年のお月見のとき、という考えはないのか?)。

それでは、2011年が皆様にとって素晴しい年となりますように。
[PR]
by chick_pea | 2011-01-03 08:02