Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2010年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
こくこくと・・・

Reflections on a Double Glazed Window


10月最後の土曜日は、友人宅で夕食をごちそうになりました。
是非食べてみたいと思っていたヘラジカの肉がメイン。友人がヘラジカの狩猟グループから手に入れたものらしい。トナカイ肉よりも美味しいと以前聞いていたその赤肉は、調理も上手だったのだろう、くせがなく柔らかで、濃厚な旨みがありながらも意外にあっさり。
小さなボウルにはローストしたカシューナッツ。その香ばしさがちょっとした箸休め的存在で、これは簡単だしまねてみようと思ったのでした。

窓につるされたライト。二重の窓に映る二つの明かりを見て、こういうのが似合う季節になったのだなぁと。
このライト、友人の手作り。風船をふくらませ、それに沿って枠を貼っていき、できあがったら風船の空気を抜くと。なるほど〜それはいいアイディア。まんまるじゃなくて卵型なのは、風船が型代わりだったからなのね。

More
[PR]
by chick_pea | 2010-10-31 23:58
りんごのクランブルタルト

Apple Crumble Tart


季節がらりんごの焼き菓子を。このクランブルタルト(津田陽子さんのレシピで、田舎風りんごのタルト)の前には、朝ご飯にもなりそうなりんご入りスウィートブレッドとタルトタタンを作りました。
初めてのタルトタタンの方はどうしようもなく失敗。もう最初からして・・・りんごに火を通してカラメライズしようとしていたら、半分溶けてピューレ状になってしまいました。原因は、二種類のりんごを使ってしまい、一つが調理するとそうなるタイプのものだったからでしょう。普段はさすがにそういうことはしないのですが、今回は国産りんごにこだわってしまったことが失敗の元だったかも・・・

ベリーの季節が去り、残されたこの国の果物といったら、りんごぐらいか?だったら、普段買う輸入物でなく高めのフィンランド産を味わおうと、ここ最近、ちょこちょこ買っていて。で、ちょうど残っていた4個のりんご(別の日にそれぞれ買っていた種類の違う国産モノ)でタルトタタンを作ってみようと思い立ったのでした。はい、フィンランドのりんごが悪いわけでは全然なく、単に調理に適しているか調べず使った私のミス。

写真のタルトのりんごは、結局、いつも買う輸入物なのですが、ははは。思いがけなく溶けたりんごのショックは隠しきれず、またまた別の日に買った小さな国産りんご(写っているのがそれ)を使う気にはなれなかった。このタルトでは別にピューレ状になってもいいんでしょうけれど。
せっかくなので、このりんご、珍しく生でかじってみました。あっ、結構おいしい。でも、もともと生の食感が苦手なもので・・・うーん、私の場合、りんごはやっぱり焼き菓子に限る!

More
[PR]
by chick_pea | 2010-10-20 06:02
木枯らし対策

Autumn Park -2


雨が降らない限りほぼ毎日行く所、それは公園。ですが、だんだん寒くなりそれもしんどくなってきました。今週に入り、気温5度ぐらいで風も強いとなると外にいるのがきつくて・・・

本日は、この秋はじめてダウンを着てでかけました。基本暖かいけれど、やはり脚が冷える。一方娘は、こちらで一般的なハーラリというスキーウェアに似た防寒具を着るのでまだまだ余裕という感じ。子どもは風の子と言いますし。
ハーラリはつなぎと上下別のものがあり、春頃セールになっていた後者のタイプのものを買いました。定価だと子供服の割にいいお値段のするものなので。子どもはすぐ大きくなるから1、2年しか着られないものだし、1着だけそろえて着つぶすという家庭も多いです。最初、夫はすぐ汚れるのだから替えがないとと訴えていたんですけど、夜洗濯すれば翌朝には乾いているので問題なし。

娘、部屋着のモンキーパンツの上に防寒具としてサロペット型の裏地付きズボンを履くから実際三重。暖かそうで私も欲しくなります。アウトドアショップにありそうだから見に行ってみようかと考え中。あぁ、それにしてもなんておしゃれのできない国なのかしら・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2010-10-14 05:25
秋は土の匂いから

Taste of Autumn

お天気の悪い日がめっきり多くなり、そんなところから不本意にもすっかり秋だなぁなどと幾分感慨に浸っていたら、ここ数日は天気がとても良いです。それは何よりだがそこで気がついたことが一つ。家の窓から見る太陽の沈む位置が大幅に変わっているじゃないか!日も短くなるわけだ・・・

そんな深まる秋の匂いを感じられそうなブルスケッタ。ヨーロッパではこの時期よく出回る野生のキノコ、アンズダケを使ったものです。普段は生クリームも入れるのですが、今回はポタージュの方にたっぷり使ったので、あっさりと白ワインだけでシャロットを加えてソテーしてみました。そして最後にほんの少しだけトリュフオイルを。

お供はエルサレムアーティチョークのポタージュ。この野菜の和名は菊芋。日本にいた頃は聞いたことすらないものだったのですが、こちらではなかなか重宝してくれる根野菜です。というのも、味・香りがゴボウに似ているから。
日本からの乾燥ゴボウはきんぴらやサラダには便利なのですが、豚汁のような煮込む料理だとパンチが弱くなりどうも物足りない。その代わりとして、エルサレムアーティチョークを使ってみると、あら不思議、しっかりゴボウの風味でうま〜、となります。食感はゴボウとは全然違いますけど。
豚汁の他に私のお薦めはけんちん汁。肉類を入れない分、ゴボウのようなものでコクをだすのは必須だと思うので。

普段は和食に使うこのエルサレムアーティチョーク。今回は初めてポタージュにしてみました。シンプルなだけに独特の旨みが味わえて、これはリピートとなりそう。
なんにせよ、これからの季節にはぴったりのお野菜。今度はてんぷらにしてみようと考えてます。

オマケ
[PR]
by chick_pea | 2010-10-02 06:18