Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
旅の間の食あれこれ

Afterglow

夏の旅、最後の記録は食べ物編です。やはりイタリアといえば美味しくて当然となるのでしょう。実際、思い返せばそうでした。ですが、訪れた当初、少々戸惑ったことも事実だったりします。その話はのちほど。
因みに今回の記事、備忘録も兼ねているためつらつらと長くなりますが、ご了承のほどを。

写真は、夫の友人宅でランチをごちそうになったときのもの。最後にコーヒーが運ばれてきた際、コーヒーののったトレイを真上から撮るよう薦められ(理由まことに不明なり)、イスの上に上がってまでして撮らされたのだった。その後、写真をチェックすると、コーヒーに添えられていたサルミアッキ入りチョコ(夫がお土産の一つに持参)がしっかりと写っておりフィンランド色が濃く出てしまったので却下(笑)、そのチョコが小さく写っている方をUPしております。
そういえば、このチョコが美味しかったか友人家族に聞くの、忘れていたわ。でも、娘がイタリアで食べた棒アイス、棒の部分がリコリスになっていて『ここも食べられるよ』と何度も教えてくれたのは、夫の友人の5歳になるお嬢ちゃん(毎日娘と遊んでくれてお世話になりました)。このことから考えるに、美食の国といえど少なくとも子どもの間ではリコリスは人気のようだ。ので、化学物質版リコリスとも言えるサルミアッキも大丈夫だったのかも〜。

閑話休題。
庭でいただいたランチは、炭火で焼いたレアのフィレンツェステーキ。私は知らなかったけれど、フィレンツェ牛って有名なんですね。私はステーキといえば霜降り系好みなのですが、この赤身のお肉はとても美味しかった。脂肪分が少ないせいか、かなり食べた後も私の胃にはもたれず。
さらに堪能したのが、付け合わせのごくごくシンプルなサラダ。ルッコラとトマトがもう極上で。これぞ素材の旨み!イタリア産のルッコラはフィンランドにも入ってきているけれど、全然歯ごたえと味の濃さが違う。それはしょうがないとわかっていても、実際経験してみるとちょっとショックでしたねぇ。

さて、この友人宅では別の日、お魚もごちそうになってます。これもただ炭火でそのまんま一匹ずつ焼いたシンプルなもので、鯵に似た白身を食しながらお醤油を持っていなかったことを後悔しました。魚を食べたいとリクエストしたのは夫でして、だって海沿いのエリアじゃないですかーやっぱり魚だろ!と思ったようです。

でも、実はヴェンティミリアの郷土料理は魚介類がありつつもそれがメインではないのです。旅行前、夫の友人は”脂っぽい料理が多いから”と夫に言っていたそうですが、滞在してみてその意味がわかりました。
ヴェンティミリアは観光地というほどの場所でもないので、日本語・英語ともにネット検索してもあまり情報が得られませんでした。そのため料理に関しては、海沿い=魚介類には困らないと思い込んでいた我々です。ところが、B&Bの部屋で見つけた英語のガイド用パンフレットによると、よく使われる食材はウサギ(家畜用飼料ではなく草などを与えて育てる)・小ヤギ・子羊の肉、及び狩猟肉。海はあるが山もあるから、食は後者の方が主体となるらしい。
うーむ、日本人的感覚ではちょっと意外な事実でありました。それが私にとっての旅当初の食への困惑であり、でもそういうものかーと思ってしまえばなんてことはなく、その後はイタリアのご飯を楽しむに至ったわけです。

More
[PR]
by chick_pea | 2010-09-23 06:17
マントンの旧市街

Old Town in Menton -7

マントン(Menton)の旧市街から垣間見た景色。奥の方にイタリアとの国境があります。

この旅行に出る前、夫はニースから滞在先のB&Bまでの車のルートをグーグルマップにてチェック。そして私にそのマップを見せながら、目的地は山の中だと言う。でも海が目の前にあるのに山があるという意味が私にはさっぱり理解できなかったのですよ。
ようやくわかったのは、着いてから。そうか、こういう地形があるんだと思い出したわけです。起伏の極めて少ない地に住んでいるワタクシ、高速道路の高架橋に驚いたと先にも書きましたが、この山にも興奮いたしまして。
こういうのすごいよね!、なんて夫に鼻息も粗く言ったところ、いや日本だと伊東(静岡)とかそうじゃない?、なんてガイジンに教えられちゃう始末。あぁ、そうねリゾートつながりだし、伊東、私は行ったことないけど、そうなのかもとなんとなく納得した次第です。

前回のヴェンティミリアの旧市街と同様、小高い丘の斜面に家々が建っているのですが、雰囲気はかなり違う。やはりフランスのリゾート地であり観光地化しているというのもあるでしょう、建物のメンテナンスが良い(先にイタリアの方を見たから余計そう感じる)。そして建物自体が低めなのか日の光が入りやすく、外壁が柔らかなアースカラーであるため全体的に明るいのです。
夫は、マントンの方がいいって言ってましたね。住むのなら、正直、私もそう。やはり明るさは大切だ。ただヴェンティミリアの方がぐっとくるものがあり、訪れることができてよかったという気持ちはより強いのですけど。

More
[PR]
by chick_pea | 2010-09-12 22:11
ブルーベリーの秋色チーズケーキ

Blueberry Cheesecake

こんなベリーのケーキを見ても、なんだか秋色・・・と思ってしまう今日この頃。
8月の終わり頃だったか、リンゴンベリーがたくさん出回るようになり、そうなるともう夏とも本当にお別れだと毎年感じます。といっても私の場合、その前の国産ブルーベリーが出現する時点で、夏もあと少しか、覚悟しなければという気持ちになるのですけど。
まだまだ暑い日本とこちらの気温、たして2で割れたらどんなにいいか・・・

ここ最近は楽なので、ベーキングに使うのはスクエア型ばかり。そんなこともあり、久々に細長タイプの型を使用してみる。ちょっと面倒だったけど、その甲斐あってちょっとおしゃれに見えるかなと。

チーズケーキをのせた細長いお皿は岡部登志子さんのもの。手前の豆皿も同様。他にも舟型を持っていて、この春の里帰りではあらたに取り皿をとりあえず二枚購入(本当はもっと欲しかったけれど、なにせ割れ物なので・・・)。どれも使い勝手がいい。
作家さんのお名前がついたお皿ですが、そもそも値段が手頃で、食洗機にかけられるから普段使いにぴったりなのです。ArabiaやIittalaも好きだけれど、そんなお皿が氾濫したこの国に住んでいると、ぽってりといびつなものが恋しくなる。実際、盛ったお料理が美味しく見えるので重宝している器です。
[PR]
by chick_pea | 2010-09-07 06:00
ヴェンティミリアの旧市街

Old Town in Ventimiglia -10

ヴェンティミリアの中心へは、滞在先から車で20分弱。最初の日は地図も持たずに適当に行ったものだから、新市街の方をまずぶらぶらしランチをしたらそろそろ戻る時間となってしまい・・・普通の小さな市街地かーぐらいの感想でちょっとがっかりしたのでした。
ですが、翌日、町の中心を流れるロイア川を隔てた旧市街の方を訪れたところ、これはもう最高。まさに私の行ってみたかった場所だったのです。建物は基本的に古いだけでなくかなりぼろい。そして、小高い丘にあるため坂道や階段があり、昼間でも驚くほど暗い路地もあったりで。特別な観光地ではないと思うし、誰にでもおすすめしたいような場所ではないのですが、好きな人にはかなりはまるかなと。

壁に這うようにして干されている洗濯物とかねぇ。もう生活感がにじみでていてよいわぁ。本当は建物と建物の間、路地の上に吊された洗濯物を見てみたかったのだけど(いつかそんな場所にも行ってみたい!)、ここではそういう干し方はなかったです。
かと思えば、街灯用のライトが地面に埋め込まれている所もあり近代的な部分があったりもして、そういう意外性もおもしろい。

どこか日本の下町やさびれた場所と重なるところがあり、私にとって異次元チックな一方で懐かしさのある旧市街でした。今回の旅で持って行った本の一冊が『つげ義春とぼく』だったことも、そう感じた理由の一つなのかもしれませんが。

More
[PR]
by chick_pea | 2010-09-03 06:54