Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ミモザとイースターチック

Mimoza & Easter Chicks


サマータイムが始まりました。気温がマイナスからほんの少し上がったと思ったら雪が降りだし、日曜の朝、外を見ると溶けながらも雪がまだまだ残っている。サマーってあなた、と心の中でお約束のように突っ込んだあと、家のあらゆる時計をせっせと一時間早めました。

先週はせめて気分だけでもと、家に飾る花を買いに花屋へ。手に取ったのは色鮮やかなミモザでした。ポワポワの黄色い花を見て、『そうだ、イースターの飾りを出さなきゃ』と思い出したそのワケは・・・
写真を見ての通り。せっかくなので遊んでしまいました。見事な保護色でしょ。
[PR]
by chick_pea | 2009-03-30 04:59
不完全三すくみ

Who Likes Who?

気がつけば、3月も終わりに近づき・・・特に忙しいことがあるわけでもないのに、なんだか一日があっという間に過ぎています。もっと早く書きたかったのだけど、ウメ嬢と娘のコミュニケーション記録を。ボヨはですねぇ、相変わらず娘が苦手ですので、今回は割愛。

おもしろいのは、DNAに刻み込まれているのだろうかと思うほど、娘は”毛むくじゃらが気になる”こと。猫らが視野に入ると、目の輝きが変わります。普段、ちょっと手の届かないオモチャは頑張って取ろうとしない根性なしなのですが、猫には触ろうと一生懸命手を伸ばす。そんなことを知ってか、ウメ嬢は思わせぶりな態度で”つかず離れず”の好位置をキープしております。で、見つめられたウメ嬢、変わらず表情はしら〜っとしている。猫を見てキラキラしている娘の顔とは対照的でなかなか笑えます。

ウメ嬢の娘に対する気持ちはどうなのか、正直、いまのところ量りかねている飼い主。
時にはうっかり娘につかまり、毛をむしられるということもありますが、”にゃん”と小さく叫ぶだけで怒ることもない。そして逃げもせず、再び”つかず離れず”の位置にもどる。かといって、娘を優しく見守る感じでも決してない。他の猫には厳しいけれど、人間には極めてフレンドリーなウメ嬢、そんな彼女はとりあえず娘を人間と認めているのかもしれません。

写真の黄色い猫のオモチャ、娘へのクリスマスプレゼントでした。VILLACという主に木製のオモチャを扱うフランスのメーカーから。同メーカーの他の商品もかわいらしくて欲しくなる(あっ私が?)。
娘は正しく遊べる月齢にまだ達していないけれど、気に入っているようです。リアル猫(もちろん、ウメ嬢+ボヨね)が一番でしょうが。一方、ウメ嬢が気になるのは、そのオモチャを引っ張るための赤い紐。娘は自分に近づいて来たと思っているかもしれないが、いや違う、ウメ嬢の関心は紐の方です。しかーし、紐で遊びたいけれどそれは娘の手の中に・・・
こんな小っちゃな世界にも複雑な人間模様(いや、”動物”と”人間になりかけ”模様か)は存在しているのでした。
[PR]
by chick_pea | 2009-03-26 06:12
実は、2大イベントデイ

Oshizushi(押し寿司)

ひなまつり当日は夫が仕事で忙しかったので、先週末に娘の初節句をしました。と言っても、おひなさまを飾ってそれだけで大満足だったので(はい、私が)、ほんとたいしたことはしなかったのですが。
桃の花はないだろうけれど、せめて似たものはないかと花屋さんに行ったところ、あったのは桜の花(とスタッフの人から教えてもらった。どこから来たのでしょう)。かなり終わりかけだったので、残りの枝全てを格安で売ってくれました。少し咲いていた花自体は三日と持ちませんでしたけど・・・でも、ちょっとだけ雰囲気は出ました。

そして、ひなまつりに食べるものといえば、ちらし寿司。今回は、前から作ってみたかったちらし寿司の具材とセルクルを使っての押し寿司で。
できばえは気に入っているのですが、予想していた通り少々食べにくかった。結局お箸でくずして食べないといけないので。ちらし寿司が大好きな私としては、普通にガツガツいきたいな〜というのが本心だったりもして・・・

そういうわけで少々微妙な押し寿司でしたが、私的にヒットしたのはそれに添えた紅白の甘酢漬け。
型で抜いた大根を、酢、みりん、砂糖、柚子胡椒で漬けるだけですが、赤い方は何で色付けたかというと・・・ビーツなんです。白カブをビーツを入れることで赤くするレバノンのカブのピクルスにヒントを得て。
ほんの一切れのビーツで、鮮やかに短時間で染まりました。いい飾りになりそう。これは、里帰りしたときに和風の抜き型を買わなくちゃ。

型抜きで残った大根とマッシュしたグリンピースはお粥にまぜて離乳食に。一応娘もちょっとだけひなまつり料理を味わったことになるのかな(主役なのに、残り物だが・・・あはは)。
来年の今頃は離乳食も終わっているので、次回は一緒にちらし寿司を楽しめそうです。彼女が食べやすいように、ミニてまりバージョンなんてのもいいかも。普通のタイプのちらし寿司がやはり一番と書いておいてなんですけど。

娘のお雛様
[PR]
by chick_pea | 2009-03-06 01:42