Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ゆくとしくるとし、なかよしこよし

Ume + Kaki

日々の暮らしに変化のあった今年。これは猫らにとってもそうでした。1996年から続いていた二人と二匹の生活が、三人と二匹になったのだから。
娘が生まれてから、猫らにかまってあげられる時間が減りました。申し訳ない気持ちが心の内にあるからなんでしょう、そのせいで老猫である彼らの具合が悪くなったりはしないか、そんなことを時々考えてしまうのも事実。それでも、二匹仲良く寝ている姿を見ると、多頭飼いにしていてよかったなんてちょっと安心したりして。

最もあり得ることでは、たまに1円ハゲをこしらえるボヨが再びはげるのではないか、という心配だったのですが、今のところそれはありません。飼い主としては結構オドロキ。なのですが、1円ハゲよりもやっかいなコトがボヨに降りかかってしまいました。
なんとウメ嬢同様、ボヨも”甲状腺機能亢進症”と診断されてしまったのです。老猫がかかりやすい病気といえど、飼い猫二匹そろって同じ病気ですか!って飼い主もガックリ。甲状腺機能亢進症の疑いありで血液検査をしてもらい結果待ちのとき、獣医さんからは『よくある病気といえど、二匹目もそうだったらちょっとアンラッキーねぇ』と言われ(苦笑)。

簡単にこの経緯を書きますと、症状が出たために動物病院へ連れて行ったウメ嬢のケースとは違い(詳しくはコチラ)、今回は年に一回のワクチン接種の際、健康診断でわかったことです。
獣医さんがボヨの心臓に聴診器をあてたところ、雑音が聞こえるということで、即血液検査。結果次第では超音波による精密検査となるところでしたが、T4値が高いということで甲状腺機能亢進症と確定。『先の猫(ウメ嬢)の薬を同様にこの猫にも与えてください』ということになりました。

その後の血液検査ではT4値が下がり、また心臓の雑音も小さくなりました。薬の効き目が実証されたことで、ウメ嬢と同じように一日一錠の投薬を一生続けることになります。
『病気になってしまったのは残念だけれど、二匹とも同じ薬を与えればすむのは、ある意味楽でよかったね』という獣医さんからの励まし(?)に、苦笑しながら深くうなずいた私です。なんか変なところで異常に仲が良いのよね、猫ら・・・なんて思ってしまった飼い主。なんにせよ、すでにウメ嬢で経験済みの病気だったので、精神的に少し余裕が持てたのは不幸中の幸いでした。

ただ、ウメ嬢の甲状腺機能亢進症に関する記事では、”この病気は血液検査ですぐわかるものですから、もし飼い猫の様子がおかしいなと思ったら、早い段階で診てもらうことが大切です”と自ら書いておきながら、今回は獣医さんに運良く見つけてもらったようなもので・・・飼い主としては深く反省。しかしながら、言い訳だけど心臓の雑音はちょっと気づきにくいよねぇ。症状の出方が猫によって違うこの病気の難しさを感じました。

現在では、二匹へ薬を飲ませることが重要な日課の一つとなっている我が家。この投薬に対する二匹のリアクションがこれまたそれぞれで。やっぱり性格が出るんですよ。

今年最後の記事がちょっと重くて長い内容になってしまいました。でも、来年に持ち越すのもなんだしと思いまして・・・ボヨもウメ嬢も病気持ちだけれど、今までと変わらず元気ですのでご心配なく〜。
来年は是非とも彼らにベビーシッター役を買って出てもらいたいところだし(えっ無理?)、老体にむち打って頑張っていただきたい。


今年もこのブログを訪れてくださった方々、そして暖かなコメントを残してくださった方々、どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
2009年が皆さんにとって良い年でありますように。
[PR]
by chick_pea | 2008-12-30 23:34
もうすぐ・・・

Merry Christmas!

[PR]
by chick_pea | 2008-12-22 06:11
お食い初め

Okuizome(お食い初め)


11月最後の週末、ささやかながら家族でお食い初めをしました。あまりイベント事のない我が家なのですが、日本らしいお祝いを娘にしてあげていなかったので、これは是非とも準備したかったのです。

写真ではわかりにくいのですが、魚以外はミニサイズのお料理となっています。
お茶碗・お椀・お箸(これらには娘の名前入り)に箸置きは、頂き物。お食い初め用の食器をどうしようか、小鉢で代用するしかないかなと思っていたところの、とってもうれしいすてきなプレゼントでした。smiledsweetlyさん、どうもありがとう。大切に使わせてもらうね。

お箸の長さ、13センチなんですよ。小さいでしょ。そして、白い平皿、実は豆皿だったりします。お膳がないので、アアルトのサービングプラターにそれらをちょこちょこっとのせてみました。

メニューは以下の通り。
赤飯
しめ卵のすまし汁
ひじきの煮物
紅白なます
きゅうりのナンプラー漬けと梅干し
レッドスナッパーの塩焼き

汁物は、他の料理が凝っていないので(お赤飯は炊飯器で炊いたし)作ったことのないものにしてみたいと思い、レシピ検索して決めました。恥ずかしながら、”しめ卵”という言葉、初めて知ったのですが・・・なかなかおめでたそうなお吸い物になったのではないかなと。

焚き物といえば筑前煮であることが多いようですが、手に入りにくい材料があったり億劫だったりで、簡単なひじきの煮物にしました。一応自分なりのポイントがありまして、それはひよこ豆を入れているところ。

香の物であるきゅうりのナンプラー漬けは、和風じゃないのですけどね。ナンプラー、酢、にんにくのみじん切り、鷹の爪、ディルを混ぜてちょっと漬けるだけ。簡単で美味しいので、お薦めです。

写真奥は、尾頭付き魚の塩焼き。本当はフィンランドで一般的なクハというスズキに似た味の淡水魚を買うつもりでわざわざ市場に行ったのです。好きな魚なので。でも、その日は切り身しかなく・・・
代わりに、普通のスーパーでは見られないレッドスナッパー(たぶん)があったのでそれを購入。この魚って鯛の仲間ではなかったか?そういう意味では、これにして正解だったのかもしれません。しかも脂がのっていて美味しく、主役を差し置いて、堪能してしまいました(笑)。

お食い初めとは、『子供が一生、食べ物に困らないように』という願いをこめて、生後100日目に行われる儀式。その願いとともに、ご飯を一粒残さずきちんと食べられるような子に育って欲しいと思っています。というか、それをしつけるのは私ですね・・・
当の娘は予想通りお食い初めに興味を示さず(特にぐずらず、されるがままだったのでヨシ)、よくわかっていない夫も一人で盛り上がる私にあわせてくれたような形のお祝い事でしたが、いい記念になりました。夫は小食派、私は大食派(最近は年のせいか、ほどほどにしてますが)、さて娘はどちらに似るのかな。
[PR]
by chick_pea | 2008-12-08 06:57
黒毛ズ

Black HairS

ボヨの顔・・・シャッターを切る私をうざがっているのか?それとも背後に何かを感じるからなのか?

まだ娘に慣れていないボヨ。というか苦手。いやむしろ恐いのかも。
娘が家にやって来てから数日は、彼女のギャン泣きを聞くたびに、匍匐前進状態で逃げていくボヨでした。今ではそんなことはなくなったのですが、やはり泣き声を聞くと別の部屋に行ってしまいます。娘がご機嫌なときに発する叫び声さえも、なんですが・・・
同じ黒毛持ちとして仲良くなってもらいたいな。

生まれたばかりの娘の髪は、そりゃあ黒々としてふっさふっさ。私が生まれたときもそうだったらしいです。『真っ黒な髪の多さに、もうほんとびっくりしたのよぉ(←誉めてるニュアンスは全く感じられません)』と母から聞かされるたびに、『また大げさに言って』と思っていた私でしたが、娘を初めて見たとき、母の感想はとても正直なものだったのだとわかりました(笑)。

娘の写真を見た義母は、『かつらみたいでかわいいっ!!』だったそうで。それは誉め言葉なんかい!?と夫に突っ込んだところ、そうらしいとのこと。まぁ、髪が多かろうと少なかろうと、孫はなんだってかわいくてしかたないのでしょう。
因みに、義祖母は娘のことをヒッピーと呼んでいるそうです。理由は髪が長いから・・・私自身、結構気に入っているニックネームなのですが、子(←義母)も子なら親(←義祖母)も親だな、と思いました(笑)。

上の写真を撮った翌日、娘のお食い初めをしました。その日、まず主役である娘にぐずらずハッピーに過ごしてもらいたいと願っていた私でしたが、予想に反し一番手こずったのは、ボヨだったんです。
ウメ嬢が爆睡すると甘えん坊になりがちのボヨですが、まさにその時は異常なほど、かまってかまってという感じで。忙しいときにウメ嬢に甘えられたら平気で無視できるのですが(彼女はその程度でへこたれません)、なぜかボヨにそれをされるとほっとけないんです。これは夫も同様。普段そんなに甘えない猫だからですかね。
結局、トイレで一生懸命撫でてあげたら(ボヨは人間用トイレ空間が好き)、ようやく満足したようで、ウメ嬢のところに行き寝始めました。はぁ、飼い主疲れましたわ。

お食い初めに関しては、後日、また記事にしたいと思います。
[PR]
by chick_pea | 2008-12-01 20:15