Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Taste of Summer

Taste of Summer

文句なくおいしいイチゴの季節。去年もよく食べていましたが、今年もこまめに食べてます。見かけるとついつい買っちゃう。決して安くはないのだけどね。

アスパラガスやイチジクが旬の頃も集中的にそれらを食べるのですが、やはりイチゴは別格。結局のところ、アスパラガスやイチジクはその時の味は良くても輸入物なわけで、生産国ではもっとお安くもっと美味しいものにありつけるはず。そう思うと、そのおこぼれをもらっているようで、旬の食べ物に恵まれた国に生まれ育った私としては、どこか寂しい部分がある。
でも、今出回っているイチゴはばっちり国産ですから。自分が体験するこの厳しい気候を乗り越え生まれた果物。甘みと酸味がギュッと詰まった恵みの味を堪能することが、なんともうれしいのです。

ずばり、この季節の国産イチゴは味にそうそうハズレがない。ところが、ぶどうの記事で書いたような苦労がないとは言い切れなかったりする。実は違う意味で、ハズレをつかまされる可能性があるからです。

それは腐りかけた、もしくは腐ったイチゴが多いこと。お店で買ったらその日のうちに食べてしまった方がいい(ほぼ鉄則)。
まさに今が食べ頃状態のイチゴを店頭に並べることが、この国での常識なのか(そういう国民のニーズがあるのか)?もしくは、夏休みによるスタッフ数減少で全ての業務がよりスローになってしまうこの時期、出荷状況もまた然りで熟れ切ったイチゴがやむなく店頭に出てしまうのか?真実やいかに・・・

一つ断言できること、それは、イチゴのパックを買う際は底をチェックして選んで購入しましょうということ。下に埋もれたイチゴが腐って汁が出てないか、パックを持ち上げ確認する自分・・・いやはやせこいよなとは思うのですが、これをやらないとあとで必ずと言っていいほど後悔するはめになるので。
そんな私は、初夏から出始めるストールでのイチゴの購入もなるべく避けるようにしてます。だって、お店の人はメタルの容器でガガーッとすくってビニール袋に入れてくれるんですけど、あんなことしたらイチゴがあっという間に傷んでしまいそう。
もちろん、あのストールは夏の風物詩としてなくてはならないもの。目でだけ楽しませてもらってますが(笑)。

国産ブルーベリーが出る頃まで、しっかりこのイチゴを食べ貯めておかなくては。

More(追記)
[PR]
by chick_pea | 2008-07-23 21:37
ある場所で、あるお買い物

Antique Market -1

ちょっと、おどろおどろ・・・


Antique Market -2

ココは何処?


Antique Market -3

実は先週末、アンティークマーケットに行ってきたのでした。


夏にビルナスで開かれるアンティークマーケット。私にとって今回で四度目です。
人っ子一人いない写真ですけど、実際はたくさんの人が来ていました。基本的に毎年変わらないので、どんな雰囲気かは2005年に撮った写真を参考にされたし。

さて、今回の戦利品は?

More
[PR]
by chick_pea | 2008-07-19 01:31
赤葡萄を買いに

Red Grapes

ここ最近、苦戦しております。なんのことかって?ぶどうのことでございます。
以前にも書いたことがあるのですが、ちょっとつまめる楽さから常備している果物(特に夫用)が、ぶどう。いつも買うのは緑色の方。というのも、赤いぶどうの方が皮が厚かったり酸っぱかったりでハズレの確率が高いので。ところが、一ヶ月ほど前だったか赤い方を買ってみたら、あら、当たり!?って時がありまして。それ以来、赤い方もチャレンジするようになったと。
でも、また最近、敗戦続き・・・輸入してる国もそのときによって変わるし、季節外れなんでしょうがないのだけど(旬のときでも輸入物しかないけどさ)。

お店で売られているぶどう、透明のプラスチックのパックに入ってるものと、量り売りのものがあります。パックの方は量も値段も固定なのですが、量る方は自分で調節できるわけです。やはりハズレのぶどうを大量買いしたくないから、とりあえず少量買うことになるのですが、それで味が当たりだったりすると悔しい悔しい。あぁ、もっと買っておけばよかったなあ、となる。
店側が量り売りのぶどうの試食をさせてくれるといいんですけどね。いや、そんなことしたらまずいぶどうは売れなくなること必至なわけだから、とうてい無理な話か。

以前、どこの国についてかはわからないのだけど聞いた話。実は買う前にこっそりぶどうを一粒勝手に試食する人が意外にも多く、それで店側はぶどうで得る利益をかなり損しているのだというニュースを耳にしたことがありました。日本人はそういうことあまりしなそうだけど、欧米人は普通にやっていそう。やはりみんな、ハズレはつかみたくないってわけね、と実感。それと同時に、ちりも積もれば山となるで、たった一粒のつまみ食いでも店側に損害がでるのだというオドロキも。
米アニメのザ・シンプソンズで、主人公ホーマーの奥さん、マージ(夫と違い、基本は常識的で善良な市民)がスーパーでぶどうを買う前に一粒味見してしまったがために、警察沙汰だか裁判沙汰になってしまうというエピソードがあったような・・・アニメなんで大げさにコトが展開するわけですが、欧米では案外身近な話題なのかもしれません(そうか?)。

そして、今日もぶどうと戦いに、いや、ぶどうを買いに行く私。久々に美味しい思いができるでしょうか・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-07-14 16:02
タコなのよ、タコ。タコが言うのよ。(古っ)

Takoyaki(たこ焼き)

実は輸入物の冷凍たこ焼き。でも、中のタコがプリッとしてて外側ほんわり、なかなか旨いのです。
卓上コンロの上における鉄製のたこ焼き器を日本から重たい思いをして持ってきたというのに(運んだのは夫だが)、一度もまだ使用しておりません。理由は、作りたいってときにすぐタコが手に入りにくいから(ちょっと言い訳)。イカだとまだなんとかなるんだけどなー。でも、たこ焼きにはやっぱりタコですよねぇ。

日本人としては、イカとタコ、同じ軟体系海産物といえど全然違うものである。がしかし、ここフィンランドではおそらくそんなことはないのかも。というのも、イカもタコもmustekala、同じ名前だからです。そのことは以前から知っていたのだけど、ここ数ヶ月の間にこのことを改めて実感した出来事は、以下の通り。

某レストランにて。英語のメニューに使われている食材の一つがoctopus(タコ)と書かれている前菜のサラダを注文。ちょうどタコが食べたかったのでわーいと思ったのだが、でてきたのはイカの足部分がチョロッと。料理自体は美味しかったのだがどうも納得いかない・・・

別の某レストランにて。これは夫が注文したメインだったのですが、英語のメニューにはcalamari(=squid イカ)と書かれていて実際イカが出て来たのだけれど、お料理を出す際、ウェイトレスさんの英語の説明ではoctopusと・・・

これはなんとなく感じることなんですが、フィンランド人がイカなりタコなりを英語で言うとき、squidよりもoctopusを使うことの方が多い気がします。でも、実際出てくる確率はイカの方が高い。
そういう結論をしたいところなのですが・・・最後に某カフェにて。ランチで友達が注文したパスタ。英語のメニューにはsquidと書かれている。『ちゃんとsquidって書いてるねぇ。めずらし〜』なんて言ってたのですが、なんと入っていたのは意外にもタコだったのでした・・・むむむ

そもそもフィンランド人はイカもタコもごく当たり前の食材というわけではないので(おそらくバルト海では採れないしね)、その違いを理解できなくてもしょうがないと思う。
でも、上記のレストラン二軒はそれなりのお値段のちゃんとした所なので、間違うのはいかがなものか?せめて作ってる側の人間、シェフらはこの海産物の違いをしっかり熟知していると信じたいのだけど・・・
まぁ、果たしてどちらが出るかお楽しみってことで注文してみるのも、ネタになって面白いと思いますが。
[PR]
by chick_pea | 2008-07-10 18:28