Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
アルザス、秋の旅・その4

Vineyard -5

のんびりと更新してきたアルザス旅行記も、ようやくこれが最後です。
我々は車で上ってしまいましたが、このブドウ畑の丘には歩いて行くこともできます。また、小さな車両が連結された形の観光用の乗り物もこの場所を通ります。

丘から見渡すブドウ畑に囲まれた風景、それは本当に美しいものでした。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-11-30 20:37
キャラメル・キャラメル

Bitter and Sweet Crème Caramel

里帰りの間に読んだ日本の雑誌を持って帰りたいけれど、重たいので必要なページだけ破ってお持ち帰りとすることが多いです。しかし実際のところ、持ってきたぺらぺらのページたちはまとめてそのまま放置となっていることも、これまた多かったりします。

以前これではいかんと、ちょっとだけ整理をしたときのこと。オレンジページのキャラメルレシピ特集ページを発見。キャラメル好きなのでいずれ作ろうと思い、日本で切り取っておいたらしい(記憶があいまい)。
そしてようやく先日、二品作ってみました。

このプリン、食感といい味といい、最近作ったお菓子の中ではダントツに自分の好み。そもそも大好きなキャラメルとカスタードが合わさったお菓子なので当然ともいえますが。
キャラメルをトップの部分だけでなく、カスタードの甘み付けにも使っているので、苦みが強く香ばしい。大人の味のプリンです。

ところで、英語版Wikipediaの"Crème caramel"では、『プリンという名のもと、日本のコンビニでは必ず売られていて、種類が豊富』なんていう記述がありました。コレ読んで、日本に住んでたら自分でプリン作らないよなーと思った。いやプリンに限らずお菓子は何でも、なのだけど・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2007-11-26 19:58
霧立つ湾を廻ってみる

Foggy Sunday -3

日曜日の朝、外を見るとほんの少し積もっていた雪がほとんど溶けていました。その代わり、温度が少し上がったせいなのか(といっても気温5度ぐらいだが)、一面に漂っていたのが霧。霧立つ海面を写真に撮ってみようと、散歩がてらに湾へ出かけました。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-11-20 00:56
意外に削れるヤツ

Chickpea and Leek Soup

ちょっと前に作った”ひよこ豆とリークのスープ”。といっても、今回の主役は、以前記事にしたことのあるこのスープではなく、その後ろに見えるミニグレーターです。

いつだったか、友達とランチに行ったときのこと。そこはおしゃれ系のイタリアン。私は、スープとパスタを注文しました。
そして、メインのパスタが出て来て驚いた。だって、スパゲティなのに妙に短い。ぶちぶち切れてるような感じなんですよ。えーっと、そもそもそういうモノなのではなく、普通の生パスタのスパゲティであるはずなのに・・・
呆然とする私に友達が言ったのは、ナイフで切って食べるフィンランド人がいるから、切って出してくれたんじゃない?と。もちろん冗談ですが、なんかありえるわぁって思えちゃうところが、フィンランド☆マジック。
ノウサギのほろほろ肉がからまっていて味は良かったんですけどねぇ。あのパスタはいかん。

さて、そんな今更ながらのグチとミニグレーターがどう関係あるかというと、本題はこれからです。
ウェイトレスさんから、チーズは?と聞かれたのでお願いしますと。私は彼女が削ってかけてくれるのかと思ったらそうでなく、パルミジャーノ・レッジャーノ(だと思いたいね)の小さな塊とミニグレーターが入っている小皿を渡されました。どうやら自分で削ってかけるらしい。
私にとって、レストランでは初めての体験。しかも、今までその存在に疑問を感じていたミニグレーターで削るとな!?私は家でチーズを削るとき、四面からなった大きなグレーターを使います。でもどうもこのミニタイプには、お店で見かけるたびにうさん臭さを感じていた。見た目はかわいいけれど、実際使えなさそうな印象があったからです。

さぁ、お手並み拝見とばかり、右手にチーズ、左手にミニグレーターで削ってみると・・・
うわっすっごく削りやすい!!握るのにちょうど良いサイズで安定感があり、軽く削れるではないか!早速、チーズの必要のない料理を注文した友達にもまわしてお試ししてもらうと、結構みんな感動気味(笑)。どうも、このミニグレーターにいぶかしさを感じていたのは私だけではなかったようです。

というわけで、意外にもミニグレーターが我が家にやって来ることとなりました。ちょっとチーズを削りたいときにとっても重宝。ごめんよ、今までバカにしてて・・・
私のような第一印象を持っている人が少なくないとすれば、メーカー側がデモンストレーション販売を設けると売り上げアップにつながるのかも、なーんてふと考えてみるのでした。
[PR]
by chick_pea | 2007-11-13 01:17
むるむる

Kaki

久々に猫らのことなど。さて、タイトルの『むるむる』とはなんぞや?

答えは、ボヨのニックネーム、最近新たに加わりました。実は、ボヨにはいくつも通称があったりします。ボヨという名もその一つ。なぜいろいろあるのかと言うと、彼にどんな呼び方をしても返事がない、見事なほどしら〜っとされるからです。自分の名前さえも覚えられないアホなのだろうか・・・
因みに、いろんな呼び方をしていたからボヨが反応しなくなったというわけでなないのですよ。最初から、反応が悪かった・・・夫は、ボヨはわかってるけど知らないふりをしてるんだ、とささやかな期待を抱いているようですが、果たしてどうでしょ。

この新ニックネームの意味ですが、ポーランド語の動詞”ムルチェッチ(日本語で言うところの、ゴロゴロのどを鳴らす)”から来ています。ポーランドでは”ムルチェック”と雄猫に名付けることもよくあるとか。

やはり猫がのどを鳴らす音といえば『ごろごろ』だと日本人としては思うところです。が、ボヨの地を這うようなその音に耳を傾けてみますと、なるほど『むぅ〜るむぅ〜る』と聞こえるような。それに比べ、ウメ嬢のゴロゴロは、『むぅ〜るむぅ〜る』とは聞こえません。音が浅く小さいためかな。
そういうわけで、ボヨはまたの名を”むるむる”と言う(と飼い主が勝手に決めた)。どことなく冴えない感じも、ボヨっぽくてぴったりです。

More
[PR]
by chick_pea | 2007-11-11 07:52