「ほっ」と。キャンペーン
Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
三度目の『Roast Pumpkin Soup』
a0027495_7294038.jpg
たぶん普通のスーパーではもう売っていないであろうカボチャを使ったスープ。ちょっと前に作りました。
あまり盛り上がらないハロウィーンの時期にだけカボチャは店頭にお目見えします。海外在住日本人には評判のよろしくない外国のカボチャ。というわけで私も敬遠していたのですが、スープにしてしまえばホクホクカボチャでなくても問題ないなと思って作ることにしました。そして実は、写真のスープは三度目の正直でできた努力の賜(大げさ)だったりします。

まず一回目。ストックマン(デパート)の食品売場には二種類のカボチャが売られていました。一つは、すでに切り分けられラップのかかった大きなカボチャ(スカッシュ?)。もう一つは、ハロウィーンの飾り用カボチャをもう少し大きくしたモノ。どちらを買うといったら、やはり前者でしょう。形がかわいい方が味がいけてないに違いないということで。

ところで、今回使ったレシピの気に入った点は、カボチャを適当に切って皮のまま、まずオーブンでローストするところです。そのときたくさんのニンニクとオリーブ油もたっぷりかけて。なんだか香ばしそうでしょ。
これは、Hugh Fearnley-Whittingstallというイギリス人料理研究家の本からのレシピなんですが、本来スープ嫌いの夫もこの人のファンなので、いつになく食べる気があるらしい。ということで、ここは頑張って腕をふるわねば!と。

結果から言うと、買ったカボチャ、まずいという以前にありえないほど無味でした。カボチャって瓜の一種なんだなーってつくづく実感(笑)。レシピは、生クリームや他の野菜を加えず、ほとんどカボチャの味だけで勝負するものだったので、逃げ道ありませんでした・・・

ちょうどその頃、pikku mimmiさんのブログで、私が避けた方のカボチャが意外にもよかったと書かれていて。それでもスープにするには厳しいかもと教えてもらっていたのですが、諦めきれない私。よっしゃー、もう一回勝負するぞということで、夫の出張中(←ここポイント・笑)に同じレシピで作ってみました。確かに最初のカボチャよりはずっとましだったのだけど、pikku mimmiさんの助言通り、このレシピで作るにはカボチャ自体の味が薄かった・・・

ここまで来ると、もう意地になってくる私。ユンコさんから中華食材店のカボチャは日本のものに近いと聞いて、再度トライ。やはり切った時点で、前者二種のカボチャとは違ったな。
そして、夫の感想はというと、なかなか好評でした。彼の好きなニンニクがたっぷり入っていたこともあるのでしょう、喜んで食べてくれた。パーティに出してもいいかも♪とまで言ってくれたのだが、それは無理ですぜダンナ。だって1個のカボチャで三杯分しかできなかったんだもん。
このカボチャで同様にパンプキンスープを作ったユンコさんも書いていますが、やはりちょっと水っぽいんですね。コクが弱いというか。だから、ロースト後のつぶしたカボチャにスープストックをあまり加えられなかったんです。レシピ通りにすると、カボチャの風味が損なわれそうだったので。でも、満足です。三杯目は翌日私がランチで食べちゃったし(実はこれが一番おいしかった。にんにくが染みたせい?)。

とりあえず、意地で勝ち取った秋の味覚でありました。
[PR]
by chick_pea | 2006-11-29 07:36
『北へ行く猫 + α』未遂事件
a0027495_273659.jpg
『猫を飼いたい』と言い出したのは夫の方でした。いや、正しくは『犬か猫を飼いたい』だったと思います。で、私としてはまず猫という気持ちがあったし、共働きにはその方が楽かろうという理由で、猫となった次第。
私自身、黒いラブラドールを飼うという夢はあるけれど、現実として今は無理かなーと。まあ、この国に住んでるのもネックの一つですね。犬はねえ、-20度でも散歩するんですよ。この目でしかと見ましたから。もう少しマイルドな気候の場所に住まない限り、自分としてはちょっと自信ないです・・・

しかし、夫は私以上に犬を飼いたいという気持ちが強い。子どもの時から、実家に犬がいて、基本的に彼が世話をしていたようだし。寮生活をしていたとき猫を飼っていたらしいけれど(っていうか、寮でペット飼えるんかい)、今の猫らと出会うまでは犬との生活の方がずっと長かったわけです。

さて、本題。この夏の引っ越し後の生活が落ち着き始めた頃、夫に犬が飼いたいブームが到来してしまいました。海外に住む友達がフレンチブルドックを飼い始め、その写真を見てしまったのもきっかけの一つだったか。実際、私もその犬には心奪われてしまったけれど。
ラブラドールは大型犬だから大変そうだけど、小型犬だったら何とかなるかなあ、そうだったらやっぱりフレンチブルドックとかパグがいいよね、あのブサイクさがたまらん、猫らとうまくやってくれるかなあ、なーんて話でお互いもりあがりました。少なくとも私としてはあくまで冗談半分で。しかし、どうやらこれが夫の気持ちに火をつけてしまったのですな〜。

夫、インターネットでフィンランドのブリーダーサイトをいろいろ見てたんです。それは知っていたけど、どうせフィン語だからわかってないしってことで放置。
が、ある日、『実はサイト見てブリーダーに電話してみた』って言うではありませんか!もうびっくりですよ。すっごくかわいい犬でまだ売れ残ってたから思わず電話してしまったらしい。
で、そのサイトの写真を見せられてさらにびっくり。チャイニーズ・クレステッド・ドッグという種類の犬なんですが、結構衝撃的な容姿というか。体に毛がないけれど、頭にだけ長い毛があるの。いや、とっても美しい犬なんですよ。でも、なんていうか私の頭の中では『よりにもよって・・・』と思ったのも正直なところ事実(飼い主の方、ごめんなさい)。だって、さんざんフレンチドックとかパグでもりあがっていたのに、その犬、全然違うし。妻の意見、完全無視ですわ(←この部分が一番、驚いた)。

結局、そのブリーダーとはたいした話はしなかったようです。夫が『その犬を買った後、返すことも可能?』って聞いて怒られたらしい(当たり前じゃ)。すでに飼っているペットと折り合いが悪いのが心配だったからと説明したら、ブリーダーの人は理解してくれたようだけど。
とりあえず、この電話をしたことで気持ちが治まったらしく、夫の犬ブームは一時的にではあるが沈静化した模様。

でも、テレビのあるビデオクリップでその犬が出てたら『フィフィ〜〜(はぁと)』って叫んでた。あっ、フィフィってその犬の名前です。私もおもしろがって、何かとフィフィのことを話題にすると(我が家ではもはやあの種類の犬は何でもフィフィ)、夫、寂しそうな顔をする(爆)。未だにあのフィフィちゃんのことが忘れられないようです。
[PR]
by chick_pea | 2006-11-24 02:22
茴香 + 豚肉の水餃子
a0027495_19282121.jpg
以前、茴香(フェンネルの株の部分)の餃子を作ってみたいけれどレシピが見つからないと書いたら、noirさんから「フェンネル100g、豚ひき肉200gの割合にして、他の材料は普通の餃子と同じ感じで」と教えていただいたので、作ってみることにしました(noirさん、ありがとー)。

今回は新たな具を使用しただけでなく、実は、新たな道具も餃子作りに投入してみました。って書くと大げさですけど。
それは、餃子べら。前回の里帰り中に横浜中華街へ行ったとき、照宝というお店で買ってきたのですが、長いこと餃子作りをしなかったため未使用のままでした。
以前から、餃子の具を皮に置くときに、もっと平たいスプーンがあると楽なんだけど、と思っていたので、こんな餃子用のへらを見たときはもううれしくって。私、結構モノから入るタイプなので、こういうのたまりません。

我が家の餃子というと、青梗菜と豚肉がメインの具となるのですが、その青梗菜の部分を茴香に替え、茴香と豚挽き肉を1:2の割合にしました。そのほかの材料は、ネギ・ショウガ・干しエビ・塩・コショウ・酒・醤油・ごま油。
因みに青梗菜を具にする場合は、青梗菜に塩をふってしんなりさせ、ほどほどに絞って水気をきります(この状態で、豚肉200gに対し青梗菜150gぐらいになるようにする)。これもなかなかおいしいのでお薦め。

a0027495_1929094.jpg
これは水餃子なんですが、焼き餃子の包み方そのままで作ってしまってます。これしか知らないもので。包み方ってそれぞれ調理法に応じてきまりや違いがあるのでしょうか?

さて、茴香餃子の味の方ですが、この野菜から独特の甘味と香りが出て、なんというかより本場の中華料理臭さ(中華系スーパー臭さっていうか・笑)があり、予想通りに私の好みの具でした。逆に言うと、このハーブ臭さゆえ好き嫌いが別れるかも。
茴香の代わりにセロリを使ってもおいしいかなと思いました。

餃子とは関係ない最近のはまりモノ
[PR]
by chick_pea | 2006-11-22 19:45
ねばるのが魅力の星形野菜
a0027495_1212336.jpg
日本で会うといつも珈琲屋さんのおいしいコーヒーをプレゼントしてくれる友達。もとは会社の先輩で、今でも仲良くしてもらっている人。そんな彼女が送ってくれたコーヒーと共に小包に入っていた文庫本を最近読み終えました。
それは川上弘美の『ゆっくりさよならをとなえる』で、この作者の短い作品を雑誌で一度読んだことがあったけれど、本で読むのは初めて。この本は、3ページぐらいの短いエッセイを集めたものなので読む区切りがつけやすく、ジムでバイクをこぎながらの読書にはぴったりだ(コーヒーを味わいながらの読書とはほど遠い色気のなさだったけれど)。ときにはノスタルジック、でも感傷的にならないところが、私の好みのエッセイでした。

さて、その本の中で一番印象に残ったエピソードが、ある料理本を読んだ作者がそこに載っていた『オクラのおろし和え』を作るくだり。夏にぴったりの料理にもかかわらず、読んでいるうちに季節関係なくして無性に食べたくなってしまう私はやはり日本人か。
作者曰く、
この本の素晴らしいところは、読んでいるうちに「料理を作りたいっっっ」という気分になるところだろう。「作りたい」ではなく「作りたいっっっ」。
だそうで。確かにその通りの料理です。

小口切りにしたオクラと大根おろしを混ぜ合わせ、柑橘系のもの・酢・醤油をかけていただく、という極めてシンプルな料理。ただ一つ、大切なポイントがある。それは大根おろしにまぶしたオクラをしばらく冷蔵庫で冷やすところ。なじませることで、オクラの粘りが大根おろしに移るそうなのです。ほらっ、なんだか食べたくなってきたでしょう。


まず最初にこのレシピで作っておいしかったので、これは大根おろしパスタの応用編としていけるかも!ということで二回目はスパゲッティの具としてトライ。
オクラの産毛を取るために塩でもみ、そのあと軽く茹でてから、レシピ通りに作りました。それを、塩・胡椒で炒めたスパゲッティの上に盛り、醤油・ポン酢・柚子胡椒を混ぜたものをかけて、いただきまーす、と。
これも予想通りさっぱりしていてとても美味しかったです!リピート間違いなしでしょう。というか自分の場合、柚子胡椒を使った時点で、何でもおいしかろう、という気がしないでもないわけですが(笑)。
ただ、ねばねばしているので箸で食べようとしたらすべるすべる。結局フォークに替えてしまいました。あぁ、なんて情けない日本人・・・
[PR]
by chick_pea | 2006-11-20 01:30
小春日和のごほうび
a0027495_718592.jpg
ある小春日和、中途半端にうたた寝しそうなウメ嬢の前をボヨが通る。と、そのとき彼女の顔をぺろっと。挨拶代わりなのか、愛情表現の一種なのか。はたまた、ウメ嬢の目頭がしょっぱそうだったのでただ舐めたかっただけなのか。
ご存じの通り、ウメ嬢もボヨをよく舐めてあげるんですけどねー。これは彼にプレッシャーを与え自分の優位性を見せつけるためのものですから。でも、それは彼女なりの愛情表現なのかもしれない。かなりねじくれまくってはいるが(笑)。

雪が降る日もあるけれど、時々はお天気のいい日もある。
我が家のリビングルームの窓は真南に面していて、ありがたいことに向かいにすぐ建物がない。だから、お天道様が顔を出すほとんどの時間は、部屋に日が差していることになります。実際、まぶしすぎてブラインドを下ろしたいぐらいのときもあるのですが、日の光を浴びれるときに浴びないでどうする?という微妙な強迫観念があるので、下ろしにくい。
しかし、今の家に引っ越してきてから、猫らがリビングルームにいる時間が非常に長くなりました。これは飼い主にとってうれしいこと。やはり猫は暖かいところが好きですな。

今住んでいる家を誉めましたが、実は問題ありありです。1920年代に建てられたということで、前の家と根本的な古さは変わらないはずなのですが、今の家はメインテナンスがしっかりなされていない。現在のオーナーもあまり気にしない人のようだし(それはそれで楽なんですけどね)。
どうやら、建てられてから全てをまるまる改装したことがないように思われる。逆に言うと、部分部分に昔の面影がありいい味をだしている。が、やはりただ古いだけなので今にも壊れそうなところ(いや、実はもう壊れた部分もあり)がたくさんあります、あははっ。って笑ってる場合じゃないのよ、ほんと。

家の造りに関する小ネタはいろいろありますが、まずは窓ですね。すきま風がまじでやばいっ。日本ならよくあることでしょうが、この国でそんな状態だったら、命にかかわってきますからねえ。窓の縁にクッションタイプのテープを貼りましたが、もっと寒くなってもこれだけで通用するのか?ヒジョーに心配です。
ここで、教訓。古い家を借りる場合は、窓の状態をチェックすべし!

そんな窓だけれど、壁に映る幽かな窓の影は美しいのでした。
a0027495_719519.jpg

[PR]
by chick_pea | 2006-11-10 07:27
天然イルミネーション
a0027495_19234957.jpg
先週は初雪が降り、気温ががくんと下がりました。外に出たとき、風も強くこれは0〜1度ぐらいかなーと思いながら歩いていたら、ふと見上げた電光掲示温度計は-4度。そんなに低かったこと(考えてみれば、地面がしっかり凍っていたのだから当然)と、自分が寒さ強くなったことにダブルで驚く。
それでも、来週は気温が上がる(って言っても5度とかそんなぐらいだが)と聞いていたので、待ち遠しい今週の月曜でしたが、その日の朝、窓から見えたモノは横殴りの雪・・・あぁ、私はHelsinkiならぬHell-sinkiに住んでいるのねと改めて感じた瞬間。

さて、店頭ではクリスマスグッズが見かけられるようになりました。気分転換にデパートのクリスマスデコレーション特設会場に行き、雪の結晶の飾りを買って窓のそばに吊してみる。こうやってだましだまし長い冬を越すのだ(笑)。

夕暮れ時、太陽がちょっと顔を出し、弱い光で窓の水滴が照らされる。天然イルミネーションとでもいいましょうか。でも時間は短かったね。
その後すぐ曇っちゃったんだよね、とあとで夫に言ったら、あれは日が沈んだのだと訂正されました、ははは。

その日のディナー
[PR]
by chick_pea | 2006-11-07 19:33
寿司、犬、そして灯台の日に生まれ・・・
a0027495_049414.jpg
自分の誕生日に自分のためのケーキを作るってのは、ちょっとむなしいものですね。今回、気が付きました。月の初めの誕生日からもう日がたっていますが・・・いつもタイムリーに記事をUPできないワタクシ。

里帰りしたときに買った、『おいしさくるくるロールケーキ』という写真もレシピもすてきな本。サンリオから出てるってとこに少々驚きましたが・・・サンリオの出版物といえば、いちご新聞(まだあるんですね!)ぐらいしか思いつかん。
話をもどして、この本のためにレシピに合った30cm四方の天板まで日本から買って来るという意気込みよう。その割には、今回ロールケーキを作るのは二回目なんですけどね、へへ。
前回よりはちょいスムーズにできあがったものの、表面に飾る最後のチョコレート削りが思いもよらずつらかったです。スプーン等で削るとのことでしたが、これがなかなか。のんびりやってると溶けてくるんですもん。子どもの泥遊び状態一歩手前で、半泣きになりそうでした(おいおい誕生日だってのに)。

ところで、写真のお皿の下に敷いているファブリック、実は寝室のカーテン用にと買ったモノです。今の家にはすでにブラインドが付いているのですが、なぜにか本来あるべき長さよりも10cmほど短いんですよ。ずっと気になっていたので、ようやくカーテンレールを夫につけてもらい、生地を買ってきました。
スウェーデンのLinumというメーカーのもので、カラフルだけど間に濃いグレーのボーダーが入っているので意外と落ち着いた感じ。それに、これだけ色が入っていると、近いうちに新たに買う予定のベットカバーの色のバリエーションが制限されないところもいいかなと思ってます。

プレゼントではなく、お土産
[PR]
by chick_pea | 2006-11-05 01:21
存在のありがたい温かさ
a0027495_4263168.jpg
お呼ばれしたパーティに料理やワインを持っていくとき、あると便利だろうなといつも思っていたカゴ。実際使っている人の話を聞くと重宝している様子。
以前にも買おうと思い立ちショップに行ったことがあるのだけど、素材や形、サイズなどカゴといっても洋々なわけで、そのときは決めることができず購入に至らなかったんです。

今回は、せっかくフィンランドにいるのだからと、この国でよく見られる白樺の皮でできたカゴを買うぞっと、意気揚々とショップへ向かったのですが・・・結局のところ違う素材のものを買ってしまいました。白樺の皮で気に入ったモノがあったのだけど、ふと考えることがありこの素材のカゴは次回のお楽しみとすることに。

で、その頭によぎったこととは、カゴのもう一つの使い道。近くのスーパーで買い物をするときにも使いたかったのです。だったら、この写真のカゴの方がかなり重いモノを入れても壊れなさそうだなあと。本当のところ、どっちに耐久性があるのか全くわからないんですけどね。

でもどうせならフィンランド製がいいなと思いショップの人に聞いてみたら、輸入物の商品も入っているそうで、『この(私が買おうとしていた)カゴはポーランド製なんですよ。』とのこと。そのとき私の頭によぎったことは、『じゃあ、ポーランドだったら半額ぐらいで買えたんじゃないか〜!?』でしたが(笑)。まあだからといって、こんなかさばるモノをポーランドで買うこともなかろうということで、結局お持ち帰り。

そして家に着いてから、同じ素材(ちょっと飴色っぽくてすべすべしている)の小さなカゴがすでにわが家にあることに気が付きました。今ではタマネギ・ジャガイモ入れに使っているそのカゴは、義祖母の家を訪れたときにもらったモノ。その土地で生産されているカップとソーサーを6客お土産として持たせてくれたのですが、それらがそのカゴに入っていたんです。
手描きの小花がちりばめられた素朴なC&Sとカゴの組み合わせがそりゃあもうかわいくてねえ。かなり感動したお土産でした。おそらく袋や箱に入っていたら、あれほどの興奮はなかったのではあるまいか。恐るべし、カゴマジック。

さて、購入したカゴ、一度使ってみましたが、やはりとっても便利でした!

オマケの使い道?
[PR]
by chick_pea | 2006-11-01 04:54