Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
猫らの試練
猫らは相変わらず元気です。長いこと不在だった私のことも覚えていてくれました(えっ、当たり前?)。
a0027495_4125010.jpg
さて、ボヨは一体どこにいるのでしょう?


実はお引っ越しするんです。市内ですが。しかも新居は今の家から歩いて5〜6分ぐらいのところ。同エリア内だから地理的には心配無用ですが、引っ越し自体はやっぱり面倒くさ・・・
明日、パッキングのために業者さんが来ます。とりあえず、自分らでも細々としたものはパッキングしたのですが、疲れてしまったので食器は業者さん任せになってしまうかも。業者さんにたのむと、割れないようにするために過剰梱包になるんですよねえ。すぐそこの家に引っ越すだけなのに〜(涙)。

引っ越しは気に入ったアパートが見つかったから、といううれしい理由ではなく、今の家のオーナーが家を売りに出したいということで、3月から言われてたんです。こういう場合、だいたい半年の猶予が与えられるみたいですね。この手の理由で引っ越しを余儀なくされた転勤家族の話、時々聞きます。
まあ、新居の間取りは気に入ってるので(でも直すべき箇所がたくさんあるアパート。借家なのに・・・)、気持ちも新たにってことでしょうがないかなと。

やはりここで気になるのは、猫らのこと。何度か引っ越ししているのに、一向に慣れないヤツら。
というわけで、今回はFELIWAY ELECTRIC DIFFUSERと気を静める効果のある栄養剤(犬猫用)を用意しました。前者の方は昨日、新居に設置してきました。栄養剤の方もタブレットを砕いて粉にし、ご飯にこっそり入れて食べさせております。

しかし残念ながら、今の所効き目なし。いや、飲ませてなかったらもっとクレイジーになっていたのかなあ。家がゴタゴタしている状態なので、猫らも落ち着かないようです。引っ越すともっとおかしくなりそうな勢い。う〜ん。

a0027495_413461.jpg
不穏な空気を感じているらしい・・・
[PR]
by chick_pea | 2006-07-24 04:21
夏の清涼は水羊羹
a0027495_1222037.jpg
先週末、フィンランドに戻ってきました。機内でヘルシンキの気温は21度と聞き、寒そうだな(涼しそう、ではなく)なんて思ってたんですが、着いてみたらばこれが結構暑く、カーディガンを脱いでタンクトップ姿で「あちー」とか言ってる私。
湿度25%の状態でそんなことをのたまっているぐらいですから、そりゃ東京の気温30度以上湿度80%以上は体に堪えました・・・あぁ、6年ぶりの日本の夏はやはり厳しかった。
とりあえず、これからいい夏(といっても終盤なんだけど)を過ごさないと。前回の冬の厳しさ相殺し、次の冬に立ち向かわなくてはなりませんから。

さて話は変わって、しばらくもうちょっと日本でのことを記しておきたいと思います。

写真の葉っぱは何でしょうか。桃の葉?
そのすぐ下の紙一枚で覆われたモノは、今回の日本滞在で一番ゼイタクした食べ物と言ってもいいかもしれません。

More
[PR]
by chick_pea | 2006-07-20 01:30
花のお江戸を見に行く
a0027495_18292442.jpg
最近知った写真の技法にtilt-shiftというのがあるんです。一見それは模型を撮った写真のよう。でも実は、特殊レンズなどを使うことで(画像処理ソフトでそれっぽくもできる)、実際の風景を模型っぽく見せるのだそうで。
例えば、こちらとかこちらとか。どことなくシュールな感じがおもしろいでしょう。

さて、前置きが少々長くなりましたが、上の写真は江戸東京博物館にある花のお江戸の実物世界ではなく、当然ミニチュアです。かなり規模が大きく、多様な町人の生活がかいま見られて、とてもおもしろかった。各所に双眼鏡が配置されているので、それでのぞき見する感じがまたよかったりして(笑)。

両国にある江戸東京博物館、なかなかおもしろいと聞いていましたが、その通りでした。そして、もう一つの楽しみは・・・

やっぱりお土産!
[PR]
by chick_pea | 2006-07-15 18:40
味よし・楽ありの水菓子
a0027495_11322124.jpg
これも先月、秋田の親戚からいただいたもの。サクランボといえば山形ですが、秋田の一部でもサクランボ作られてるようです。
佐藤錦なので、もちろん甘くて瑞々しくて、とってもおいしかった。

お味もさることながら、簡単に食べられるのがサクランボの魅力です、私にとっては。
世の中には、率先して果物の皮を剥いてくれる人と、そうしてもらわないと果物を食べたがらない人がいる。はい、もちろん私は後者。なので、そういう意味でも皮を剥かなくていいサクランボはポイント高いです。ああ、これで種も茎もなかったら、それらを入れる小皿すらも用意しなくて済むのに。なんてそこまで言ってしまったら、サクランボの見た目の愛らしさが失われてしまいますかね・・・

因みに写真のサクランボ、大と小のサイズがあることに気づかれたでしょうか。実は、秋田産の大粒サクランボが届いたちょうど前日、ついついスーパーで小さい方を買ってしまっていたのです。売り場の「佐藤錦」の表示に惹かれて。何かねえ、ほんとに佐藤錦なの?って疑心暗鬼ではあったんですけど。思えば、あの表示も手書きの感じが自信なさげだったような・・・
両者比べてみると、やはりサイズがずいぶん違う。ええ、もちろん味の方も差がありましたとも。
[PR]
by chick_pea | 2006-07-15 16:10
笹巻の不思議
a0027495_2373126.jpg
先月のことですが、秋田の伯父が送ってくれた笹巻。
笹で包まれた十の塊が藁(ですか?)でつながって一房になっています。三房がわが家にやってまいりました。初夏のすがすがしさを目で感じさせてくれるこの食べ物は全国区のモノなのでしょうか。それとも東北独特のモノ?

まず、届く前に伯父から電話が。

伯父:笹巻、食べたい?
私:笹巻?食べたことないけど、それって和菓子ですよね?
伯父:いや、節句に食べるちまきみたいなもの。
私:あぁ・・・なるほど・・・・・

なーんて言いつつも、実は私の頭の中では「笹巻」と「ちまき」と「笹だんご」がごっちゃになっていたのです。

では、中身拝見。
[PR]
by chick_pea | 2006-07-11 23:16