Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2005年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
外の秋、内の秋
a0027495_2332245.jpg
ヘルシンキも紅葉の季節となりました。
道すがら、ふと中庭に通じるアパートの扉を見ると、その奥の鮮やかな赤色が目に飛び込んできました。思わず写真を一枚二枚三枚と撮り、振り向いたら郵便青年と目があった。不審者と思われてしまったかも・・・

a0027495_233516.jpg
小さなリンゴの実も秋を感じさせるモノです。あちこちの木々でリンゴがなりますが、最終的にはなくなっていたものもあった去年。誰かが採ってしまったのか?食べるには酸っぱいと思うのですが。

バックに写っているのは、ヘルシンキの中心も中心。Urban Natureという感じね、なんて思ったけど、ヘルシンキってurbanか?ほんとにurbanなのか?いいのかurbanと言ってしまって???、と心の中で自問してみる(笑)。

でも、一番秋を感じたのは・・・

More
[PR]
by chick_pea | 2005-09-28 23:14
ひよこ豆とリークのスープ
a0027495_245723.jpg
ひよこ豆料理のカテゴリー作った割には、ずっと放置してました。とうわけで、ようやくこのスープ。

ひよこ豆とリーク(ポロ葱)とジャガイモ、そしてにんにくだけの具、味付けは塩・胡椒なんですが、ほんと驚くほどおいしいです。最後に削ったパルメザンチーズを入れるのでコクがでるからかなあ。さらに、マイルドな味で、クセがないので万人向き。私はチキンストックを使うけど、野菜ストックを使えばベジタリアン対応にもなるし。

何が好きなのか想像しにくい外国人のゲストに作ることが多いです。とりあえず、これだけは食べれるかなという感じで。実際、他の料理を誉められなくても、このスープは名指しで誉められたりして(うれしいような悲しいような)。付け加えときますが、あくまでおせいじで誉められるというより、まじでうまいと感動して誉められます(しつこい?)。

以前、手巻き寿司パーティをやったのですね。私は基本的にリクエストがない限り、外国人には日本食は作らないのですが、夫が勝手に企画してしまって。でも、もともと生魚を食べたい外国人友達だったので、満足してもらえました。

そして、そのゲストの中にスウェーデン人の男の子がいました。21歳ぐらいの学生さんで、金髪(っぽかったような)碧眼、典型スカンジナビア人のイケメンですわ♪
余談ですが、フィンランド人は他の北欧の国の人とはちょっと系統が違うので、フィン人イケメンは顔つきがまた別だと思います。この違いを知りたい方は、フィンランド映画と例えばスウェーデン映画を見比べると理解できるかも。ただ、日本で見られるフィンランド映画(アキ・カウリスマキ監督のとか)にイケメンが出演してるかちょっと疑問ですけど。

さて、話をもとにもどして、そのスウェーデン君はそのとき初めての寿司だったよう。生魚は食べられたんだけど、彼にとってはやはりあまりにもニューな食べ物だったらしく、こっちのスープの方がお気に入りでした。おかわりしてたし、こんなうまいスープ初めて食べたとまで言ってた。そんな輝かしい履歴を持つスープです。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-09-24 02:55
パスポートを持つ猫
先々週のことなんですが、猫たちのペットパスポートを発行してもらうために、動物病院へ。
まず病院に行くときにしなければいけないのが、猫のキャリーケース組み立て。結構大きくてジャマだから普段は解体しているのです。

a0027495_5312663.jpgガタガタとキャリーを出して組み立てを始めると、必ずやって来るウメ嬢。チェックに余念がない(笑)。

このキャリーケースは日本からイギリスへの長旅のときから使っているもので、移動嫌いの猫たちにとっては敵に近い存在のはずなのに・・・

過去のことはさっぱりすっきり忘れ去れる女なのでしょうか?

因みにボヨはこの組み立ての音が聞こえると逃げます。寝室の角っぱり(←ここが彼にとって安全圏らしい)で待機。でも今回は猫箱の中にいてすでに安全圏内のつもりだったのか静かでした。

a0027495_5315020.jpgこの結構面倒くさい組み立てが終わると、ウメ嬢は余裕で中に入ったり出たりします。楽しそう・・・

しかし、『いざ行くぜ!』という状態になり彼女をケースに入れようとすると、ナゼかとたんに入ることを抵抗されます!!さっきのアレは何だったんだよ、という感じ。

動物病院に連れて行くときはいつもこんな状態・・・

さて、すでにマイクロチップはすんでいるので、今回獣医さんにしてもらったことは、狂犬病ワクチンの注射。その後、↓このペットパスポートを作ってもらいました。
a0027495_5323152.jpg
フィンランドの公用語(フィンランド語・スウェーデン語)と英語で書かれており、32ページからなる小冊子。獣医さんに受けたワクチン等を記入してもらう欄もあるので、記録帳代わりにもなります。

ヨーロッパ内でペットと旅行するときにこれがあると手続きが楽になる便利なもの。ただ、イギリス、スウェーデン、フィンランドなど入国の際、他の手続きが必要な国もあるので、これがあれば出入国はもう安心というわけではありません。
わが家の場合はもちろん旅行用としてこのパスポートを申請したわけではなく(移動嫌いの彼らを旅行に連れて行くことは考えられない)、他のヨーロッパの国への引っ越しもありうるので、先の話ですがとりあえず準備しました。また、日本帰国の可能性も同様にあるため、それを先生に伝えたところ、まず30日後にもう一度狂犬病ワクチンの注射をする必要があることと、丁寧にも日本の農林水産省動物検疫所のサイトアドレスまで教えてくれました。

ところで、先生〜、ウメ嬢の誕生日が間違ってます・・・12月1日じゃなくて12月3日なのよ、ホントは。でも、この誕生日は私が勝手に決めたものなので、これからはパスポートの記載通り、1日の誕生日にしてしまおうと思います。ウメ嬢も『どうでもいいわよ〜』と申してますので(ほんとかよ)。

そして、帰宅後のこと
[PR]
by chick_pea | 2005-09-21 05:51
ラップランドのルスカ(後編)
a0027495_225416.jpg
前々々回の記事で、これでベリー話も終わりなんて書いたんですが・・・思いもよらず、ラップランドにはまだたくさんのベリーがなっていたので、まだ引っ張ります(舌の根も乾かぬうちに・・・)。

写真のベリーはこの旅行で初めて見ました。どこにでもあるものかもしれませんが。英名はcrowberry(クローベリー)。レヴィで採れるベリーをワインにして売っているお店があったので、そこでこのクローベリーのワインを買ってみました。まだ開けていないので味はわからず。

その店で、さらに新たに知ったベリーの存在。それはbog bilberryというもの。見た目はブルーベリーに似ていて、名前にbog(沼地の意)と付く通り、湿地でよく見られるベリーらしい。
和名のクロマメノキ(かわいい名だ)でググってみたところ、かなりのサイトがヒットしました。私は知らなかったのですが、ポピュラーな植物なのでしょうか。日本にも分布している植物で、もちろん日本でもこの葉が紅葉するそうです!日本でもベリーの紅葉を楽しめる場所があるのですね。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-09-17 23:07
ラップランドのルスカ(前編)
a0027495_23511336.jpg
ラップランドの西にあるレヴィという場所にルスカを見に行ってきました。本当はすぐ写真をUPしようと思っていたんですが、帰ってきてからちょっと具合が悪くて。結局、単に飛行機の気圧のせいだったようで大丈夫です。

まず結論から言うと、とっても満足の旅でした。ただ、残念ながらちょっと見に行くのが早くて100パーセントのルスカは見られなかったのです。やはり最高のルスカの時期(一週間ぐらい)に行くのは、難し〜。
でも、旅の二日目は10キロほど歩いたでしょうか。私にしてはかなりの距離。紅葉を見るためにこれだけ歩いたのは初めてです。そのおかげで、葉の黄色と赤色が目にしっかりと焼き付きました。

写真は湖ではなく湿地にできた大きな水たまり(←沼?地図にのっていなかったし、湖ではないです)。その日、曇りが続いたのですが、ようやく夕方になって天気がよくなりました。やはり空が青いとルスカも映えますね。
水たまりの周りの分厚い苔の上を歩くと、水がジュワッと出る。スニーカーじゃなくてヒルウォーキング用の靴(真冬はいつも履いてるけど・笑)を履いていてよかったです。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-09-14 23:50
チェコからのすてきなお土産
a0027495_5445958.jpg昨日、フィンランドについてお詳しいmfさんが日本からフィンランドに遊びに来られているとのことで、cawa-miuさんと木の葉パンさんの4人でご飯は食べました。たくさんおしゃべりして楽しかったです。

そして、mfさんからこんなかわいらしいお土産をいただきました。こちらに来る前にプラハに立ち寄られたということで、そこで買ってきてくださったモノ。ブックマークです。
猫と糸巻きがヒモの両端ににそれぞれ付いていて、よくできている。猫は手足が動くんですよ!
こういう実用的かつ愛らしいモノは大好きです。mfさん、すてきなお土産を本当にありがとう☆

このブックマーク、他にもいろいろあるようで、さらに欲しくなってしまいました。やはりプラハはすてきな街だったそうで、私も行ってみたい。そんなことを夫にほのめかしてみましたが、プラハに行ったことがあり、チェコが隣の国である夫にとっては私ほど興味のそそられる都市ではないようです・・・チッ

というわけでそんな夫を残し、週末、ラップランドのLevi(レヴィ)という所に友達と行ってきます。もちろんお目当てはルスカ(黄葉・紅葉)。

レヴィの気温、サイトによると8〜9度だそうで、ヘルシンキの日中気温16〜8度と比べると、ずいぶん低いです。ほんとに北なのね〜。いや、自分も十分北に住んでるけど。

この町(村か?)、冬になるとオーロラツアーで日本人観光客も訪れる場所だそうです。ちゃんと紅葉が進んでるかなあ。美しい写真が撮れるといいのですが。
では、皆さんもよい週末を。
[PR]
by chick_pea | 2005-09-10 05:55
大地の恵みが宿る森
a0027495_1641264.jpg
ベリーの話、もう飽きてます?この記事で、ようやくベリー関連は一段落すると思うので、もう少しおつきあいくださいね。

日曜日、お天気が良かったので森にベリー摘みに行ってきました。やはり思っていたとおり、ブルーベリーの旬は過ぎた感があり、リンゴンベリーの時期へと突入したよう。とりあえず両方摘みましたが、ブルーベリーは房になってないので収穫がちょっと面倒でした。でも、色づき始めた葉がいい感じでしょ。

キノコもワサワサあったよ。
a0027495_1643411.jpg
リスのこしかけ・・・

a0027495_164549.jpg
卵黄を塗って焼き上げました

a0027495_1651274.jpg
おっ、ライバル家族発見

そんな森でありました。

そして、摘んだベリーで・・・
[PR]
by chick_pea | 2005-09-08 16:29
飼い主を無償(か?)で喜ばす猫たち
a0027495_15384511.jpg
ここ最近、訪問しに行く猫ブログの飼い主さんたちが、猫バカぶりを発揮しているような記事(笑)を書かれているので、自分も披露してみます。

一番かわいいのはそりゃなんといっても寝てる姿。9年もいっしょにいても、ひょえ〜かわいすぎ〜、なんかウマソ〜と思ってしまう(←バカ丸出し)。寝てるときは静かだしねえ(いや、そうじゃなく・・・)。ところで、後ろの彼女は狸寝入りか?

気持ちよさそうに寝ていると、まず飼い主は猫のおでこのあたりをクンクンと。そしてお腹の柔らか〜な毛に顔をうずめる。お〜、お日様の匂いがするではないか。これこそ至福の喜びか!?しかし、それも長続きはしない。

a0027495_15482437.jpg
気持ちいいのはどうやら飼い主だけのようだ。ときどきこんな感じ↑にイヤな顔もされます・・・
しっぽをたたきつけるようにパシパシ振ってイライラしてそうだが、なぜかノドはゴーロゴロ。怒ってるのか?それとも、うれしいのか?複雑な感情が交錯しているらしいです。

a0027495_15493690.jpg
わかりにくいのですが、これは困惑しているウメ嬢。珍しく脳みそを使ってる猫の様子もかわいい。
手前のお皿には、さきいかが入っていたのです。彼女、これが大好きで。私の引っ越し前、両親に猫を世話してもらったことがあるのですが、そのとき父が酒のつまみであるさきいかをあげてしまった・・・
このお皿からなつかしのうまそうな匂いがしてくるから、ウメ嬢クンクンするんですが、肝心のブツがないので『むむむ・・・』と思っているようです。かわいそ〜だけどかわい〜。
それを見た夫、少しさきいかをあげていた。さきいかはお腹の中で膨らむから(そうですよね?)猫には与えちゃだめじゃない。男は、全く甘いな・・・
[PR]
by chick_pea | 2005-09-07 15:43
別れのディナー
a0027495_5304266.jpg
友達カップルがフィンランドを離れるので、最後の夕食に彼らを呼びました。彼らは以前タイに住んでいたことがあり、絶対気に入るだろうと思った料理(おつまみ)がコレ。
ジェイミー・オリバー関係の番組はフィンランドでも放送されているのですが、そのとき覚えたレシピで、私よりも一緒に見ていた夫が気に入り、幸運にもこの料理を作るのは常に夫担当となりました。

作り方はというと(ジェイミーのものとは少し違ってしまっているかもしれないけど)、削ったチェッダーチーズとたっぷりのコリアンダー・生チリのみじん切りをトルティーヤ(←この手のメキシカン料理商品はフィンランドでも人気)にはさんでフライパンで焼く。チーズが溶けたらできあがりというなんとも簡単な料理。
でも、これが驚くほどおいしい!コリアンダーが大好きな人は是非作っていただきたい。

こんなものがおつまみだったわけですが、メインは和食でした。といっても、テールスープとかしゃぶしゃぶサラダ(しかし棒々鶏のタレのレシピ使用)も作ったりして純和風ではなかったんですが。

その中でこれぞ和食と言えるであろう、ちらし寿司を作ったんですね。具のレンコンを中華系スーパーで手に入れて。しかし、そのレンコンが少々くせもの。パッケージには『真空なんとか〜』って書いてあるのに、全ての商品に空気入りまくり。中国語の『真空』は日本語のそれとは違う意味なんでしょうか?

そんな状態でもどうしてもレンコンを入れたかったので購入してしまった私も私。因みに、そのレンコン(生)は腐ってなかったです。それはそれで怖い気も。以前中国に住んでいた人から中国の野菜事情を聞いていたので、腐らないようにするためいかなる薬が使われていたのかと考えると、ブルブルものだ。
でも、これからも時々買うでしょう。他に選択ないし・・・

さて、デザートはというと・・・
[PR]
by chick_pea | 2005-09-04 05:51