Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2005年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧
リンゴンベリーのケーキ
a0027495_235748100.jpg
日曜日はブルーベリーを摘みに行く予定でしたが、あいにく朝からずっと雨のため延期となりました。残念だと思った半面、ちょっとほっとしたのも事実。というのも、ワイン用のベリーをさんざん摘んだので、もうしたくないという気分も正直あったから。
ブルーベリー(=ビルベリー、野生種のブルーベリー)の木は10〜20センチぐらいの高さしかないから、しゃがんで摘まなければならない。これがなかなか疲れるのです。でも、フィンランドにいてブルーベリーを摘まないなんて!?という気持ちも変わらずあるので、たぶん摘みに行くと思います。ただそのときまでブルーベリーはあるのだろうか・・・

摘み立てのブルーベリーでケーキを作ろうかなと前もって買っていたkermaviiliという乳製品。いわゆるナチュラルヨーグルトっぽい製品なのですが、詳しい説明はあとにして、それが悪くならないうちにと、別のベリーを使って作ることにしました。
使用したベリーは友達からもらった去年モノの冷凍リンゴンベリー(こけもも)。このケーキは、フィンランド人の友達が作ってくれ、おいしかったのでレシピを教えてもらいました。とっても簡単で、何度作ったかなあ。家に誰かを呼ぶと、必ず一度は作ります。

作り方は、バターと小麦粉と砂糖で外側のビスケット部分を作る。これは混ぜてお皿に押しながらくっつけ伸ばしていけばいいだけ。中身は、kermaviiliとベリーと玉子と砂糖を混ぜ、それをビスケットの生地で覆った耐熱皿に流し込んでオーブンで焼く。これだけです。
今回は最近買ったEmile Henryの耐熱皿を使ってみたのですが、サイズと形がちょうどよかったせいかいい感じにでき上がりました。

さて、kermaviili(ケルマヴィイリ、ケルマ=クリーム)とは何ぞや?ですが、たぶん何も言われなかったらあまり水っぽくないナチュラルヨーグルトだと思ってしまうぐらい、特に変わった乳製品ではありません。こういう風にお菓子に使ったり、きゅうりとかと和えたり(たぶん・・・)するのかなと私は思ってます。
買ってる人をよく見かけるので、フィンランドの数ある乳製品の中でも売れ筋商品ではないかと。

a0027495_23581097.jpg因みに、viiliという製品もあるんですね。こちら普通のヨーグルトのように果物が入っていたりして、ヨーグルトのお隣で売られています。味も見た目もヨーグルト。
じゃあ何が違うのかというと、食感。伸びるんですよ、ビローンと!!写真でお見せできればいいのですが、食べないviiliをわざわざ買うほどブログ魂がまだ培われておりません・・・

日本でトルコののびるアイスが子供に受けていると聞いたことがあるので、そういう意味では、子供には受けのいい乳製品なのかもしれませんねえ。
[PR]
by chick_pea | 2005-08-31 23:56
Night of the Arts
a0027495_21312392.jpg
日がたってしまいましたが、木曜日は妙に蒸し暑く変な天気でした。夕方バケツをひっくりかえしたような大雨が降り、その後、雨は止んだものの薄い雲のベールが空を覆う。そして、日が暮れていったとき、空には虹のようなグラデーションができあがりました。

さて、この日は現在開催中のヘルシンキフェスティバルの一つ『Night of the Arts』がありました。簡単に言うと、あちこちで芸術に関係するイベントが開かれる日。知っていたことはそのぐらいで、正直あまり期待していなかった私。でも、まあ夜になっても暑いしということで、散歩がてらに夜の9時過ぎ、ヘルシンキ中心部をまわってみました。

このイベント風景は、木の葉パンさんの芸術の夜でもレポートされてます。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-28 21:39
神経衰弱ギリギリの猫たちには・・・
a0027495_23335213.jpg
ある日のウメ嬢。不動で見上げてます。私がカシャカシャと撮ってるのも気にならないほど。

a0027495_23342718.jpg
アップでも真剣さが出てますねえ。さて何を見つめていたかと言うと、蠅だったかな(もう忘れた)。
虫を見つけたら、猫はそれをほっときません。でも、年のせいか(9歳)、こういうことに持続しないことが多くなりました。若かったときは、そりゃもう大変だった。二匹で蠅や蚊を捕ろうとドタバタする音は、その虫の羽音以上にうるさかったからなあ。

と言いつつも、基本的に彼女のしつこさは以前として衰えを知りません。マッサージをして欲しいときの執拗なお願いといったら・・・そんな状態にほとほと手を焼いた夫(←何をいまさら・・・)、あるモノを購入してきました。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-25 23:48
クレソンのかき揚げ
a0027495_0282248.jpg
先日、sarasaさんのかき揚げ丼と、ponzuさんのクレソンの記事を同じ日に読んで、作ろうと思っていた『クレソンのかき揚げ』。

こちらのクレソンはなぜか茎が三つ葉のように細いので、茎もいっしょに入れちゃったのだけど、本当は葉先だけをつまんだ方がいい。しかも、カサがたりなくて、あわててちょうどあったスプラウト(たぶんマスタードクレス)も投入しました。でも、やっぱり青味が足りなかったかな。
あとは、ニンジンの千切りと鶏の胸肉で。ささみを使いたかったのだけど、ここ数ヶ月、まったくささみを見かけてません!そもそもささみ出現率の少ないこの国。胸肉は不思議なほど何種類かのパックモノがあるのに、ささみだけがあまり売られていないのだ。なぜでしょうか・・・

今回は、お塩とレモンでいただきました。稲庭うどんがあったら、それと一緒に食べたかったなあ。

以前はこのかき揚げをよく作っていたのですが、実はフィンランドに引っ越してきてからは初めて。というのも、クレソンがどうしても見つけられなかったんです。だから、それまでは代わりにルッコラを使ってました(←これもなかなかいけます)。

a0027495_029592.jpg三つ葉もシソも水菜もあるのに、なしてクレソンだけがない?と不思議でしょうがなかったのですが、ようやく数週間前に食品売り場で、ポットに入ったクレソンにめぐりあうことができました。
どうもそれを出している会社の新製品のよう。ということで、今まで見つけられなかったわけではなく、実際なかったのかもしれません。

写真でもわかるように、茎が柔らかく細いので、クレソンっぽく見えない。
名前は『vesikrassi』。vesiは水の意味で、krassiはクレソンに似ているところから(クレソンは英語でwatercress)、これはもしや私が探し求めているモノではなかろうかと購入してみたところ、味はまさにクレソンでした。全く推測できない名前がついていたら、これがクレソンだとは気づけなかったかもしれません。
[PR]
by chick_pea | 2005-08-22 00:36
アラビアのムーミン
a0027495_0422311.jpg
先日、アラビア博物館で開催されている『Moomins at Arabia – Stories in ceramics 1957-2005』を見に行ってきました。アラビアが作ったムーミン関連商品の展示です。

思ったより規模が小さかった・・・と思う機会の多いフィンランドですが、今回もご多分に漏れず(笑)。まあ、無料なのでいいのです。
小さい展覧会ですが、やっぱり見に来る人は日本人が多いのだろうなあ。日本人でムーミンを知らない人って少ないと思うのですが、私の知る限りでは、英語圏の人はあまり知らないみたいという印象があります。
夫は子供の時にムーミンの本を読んだというし、私は見ていないのですがポーランドでそのパペットアニメーションが作られたらしいので、東欧あたりではそれなりにムーミンは有名なのかもしれません。

フラッシュを使わなければ写真を撮ってもよいと言われたので、ギャラリー内を撮ってきました。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-20 00:58
いくつの海を越えてやって来たの?
今日の主役は、わが家の猫らではなく、置物です(一応)。
以前、Tamarind-Cafeさんの猫の置物を見たのですが、うちにも似てるのがあるよってことでTB。Tamarind-Cafeさんの置物はバリ島からやって来たということで、うちのもそうなのかなあ。
a0027495_2392778.jpg
まず初めてやって来た猫は、この背の高いおすわり猫(真ん中)だったか。その後、小さいのと眠り猫(右手前)が続いて・・・だったと記憶してます。眠り猫には"MADE IN INDONESIA"のシールが貼ってあるので、やはりバリ島生まれなのか?
これらの置物は、夫の弟が遊びに来た際の家族からのお土産でした。わが家の猫らを思って買ってくれたのでしょう。かわいかったのでうれしかった私ではありますが、『ポーランド土産としてこのアジアンチックな置物はありなのか?』と思ったこともまた事実。

a0027495_2310815.jpg
さて、次にやって来た置物は、親子猫(左)。
スコットランドにまだいたとき、夫はフィンランドへの出張が何度かありました。そして、フィンランド土産としてわが家へ。やはり『フィンランド土産として、これはありなのか?』とまたもや思いましたが、ヘルシンキのデパートで買ったそうなのでよしとするべきか。
夫はこの親子にジーンとしてしまい思わず購入。同行者の上司(男性)も気に入られたそうで、購入。男ってわかりませんね・・・

余談ですが、この写真、レアものなんですよ。ボヨは本来この高さまで上ることは(ウメ嬢から?)許されていないのです。でも、その日は長い雷があり、その恐怖で彼の高低感覚がおかしくなっちゃったのかなあ。ウメ嬢に気にせずくつろいでました。トップにあるウメ嬢のベッド(彼女の耳が見えるでしょ)には今のところ上がったことはないボヨです。

a0027495_23105720.jpg
さて、フィンランドに引っ越してきた後、わが家にやって来たのが、この猫とカエル。初めて私が購入しました。カエル、好きなんです。
セールですっごく安くなっていたんですが、そういえばそのセール後、デパートでこの手の置物を見られなくなってしまいました・・・いろんな種類があったので、他の動物も欲しかったんだけど。猫よりカエルの方が少し大きいです。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-18 23:23
国際陸上ヘルシンキ大会(後編)
a0027495_17451754.jpg
男子マラソン 祝・銅メダル
土曜日の男子マラソン。雨がポツポツと降るときもありましたが、良い天気となりました。その翌日、母に電話したんですけど、上空からのヘルシンキの映像が美しかったと喜んでいました。
自転車に乗っていた警察官、みんなかっこよく見える。これらの自転車、世界陸上が終わった後、片づけの手伝いをするともらえるらしいと、一緒にいた友達から教えてもらいました。

a0027495_17471682.jpg
そして、日曜日の女子マラソン。前半のお天気は雨が降っていたものの、次第と良くなって。マラソンは周回コースとなっていて、場所によっては4回同じ所でマラソンを観戦できます。これは第一回目。このときは原選手、優勝したラドクリフ選手にぴったりとくっついていたのね。
その日の天候は暑くなかったため、ラドクリフ選手にとっては実力が出しやすく、そういう意味では日本の選手には不利だったともいえる。ただ、このイギリスの選手は、アテネオリンピックで期待に応えられない結果を出しかなり厳しい経験をした選手のようなので、今回の優勝はほんとによかったなあと思いました。原選手も入賞おめでとう。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-15 18:10
国際陸上ヘルシンキ大会(前編)
a0027495_595713.jpg
男子マラソンの応援をしてきました。尾方選手、銅メダルおめでとうございます☆

国際陸上の記事、一つにまとめようと思ったのですが、ちょっと長くなるので、男子マラソンに関しては女子マラソンの応援をしてきた後、まとめて書くことにします。
今回は、悪天候という名の憑き物がようやく取れた金曜日に撮った写真とともに、競技に直接関係のない事などを載せていきます。

友達の好意により、オリンピック競技場で、競技を見る機会を得ました。テロ対策のためか、競技場に入るための荷物チェックは結構厳しかったです。例えば場外からボトルに入った飲み物を持参する場合、キャップを取っておかなければならない。あやしい液体ではないことを証明するためでしょうか。

More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-14 05:25
調味料バトン+α
今週の天気、最悪ですね。世界陸上を見ている方はご存じでしょうが。ヘルシンキは何かに憑かれているとしか思えません。ここまで雨風の日が続くのも珍しいんですよ。選手も気の毒だけど、こんな天気が世界中のテレビで映し出されていることを考えると・・・フィンランド人もかわいそう。
今日、家のヒーターがほんのり暖かいことに気がつきました。夏の間はアパートの管理会社がヒーターの主電源を切っているはずなのですが。
8月のヒーター 暑い日本から読んでる方は、いらつきますか?(うふふ)

さて話は変わって、matthewさんから調味料バトンなるものがまわってきました。調味料というテーマから少しはずれてしまう内容も含みますが、いってみよー。

1.次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。
・目玉焼き   醤油、ときどき、ごま油も    
・納豆     醤油、辛子があればそれも
・冷奴     醤油か、豆板醤とキュウリを和えたのをのせるとおいしいよ
・餃子     醤油・ラー油
・カレーライス 子供の時は、中濃ソース
        うちの母親、カレーを作るとき砂糖入れてたんですよ  
・ナポリタン  たぶん、パルメジャーノ
・ピザ     ときどき、タバスコ
・生キャベツ  あまり食べない
        特に塩で漬けたのは歯がくすぐったくて・・・ 
・トマト    塩・胡椒
        子供の時は砂糖もあり(母親の影響・・・)
・サラダ    エクストラヴァージンオイル・塩・胡椒・レモン
・カキフライ  タルタルソース
・メンチカツ  中濃ソース 
・コロッケ   中濃ソース
・天ぷら    塩か、天つゆ
・とんかつ   中濃ソース
・ご飯     そりゃもう辛子高菜でしょ(これ調味料じゃないか)

2.周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?
ポーランドの料理で、ショートパスタにつぶしたイチゴとサワークリーム、そして砂糖少々というのがあります。日本人的にはショックですよね。でも食べてみると私には結構いけます。夫に言わせるとまさにこれぞ夏の味だそうで。
自分自身食べる前に驚いたのは、カマンベールやブリーのチーズとジャムの組み合わせ。実際おいしいんですけど。

3.それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?
基本的になんでもいける口なんで・・・でも子供の時に、友達の家で出してもらった酢入りの梅酒(梅ジュースだったのか?)はダメでした。たぶん酢が多すぎたのだと思う。ところで、梅酒に酢って一般的なんですか?
食べれるんですが納得いかないのは、イチゴ大福。なにがおいしいのかがわかりません。イチゴのパスタが平気な人間がこんなこと言うのも変な話ですが。

4.バトンをまわしたい5名は誰ですか?
おもしろい組み合わせをご存じの方にバトンをわたしたいんですけど。どなたかいませんか?
追記:かつをさん、バトン受け取ってくれて、ありがとう☆

えーっと、ここで、せっかくなのでフィンランドの調味料というか有名な味について書いておきます。
フィンランドに来たことのある人はよく知ってる↓コレです。
a0027495_2411567.jpg


More
[PR]
by chick_pea | 2005-08-12 02:52
森と湖と人と
a0027495_18331024.jpg
日曜日、ヌークシオ国立公園に行ってきました。ヘルシンキから、車で30〜40分ぐらいの所でしょうか。
私は、湖で泳ぐフィンランド人の写真を撮りたかったから。そして、夫は釣りをしたかったから。そんな目的でしたが、結果的には半袖だけでは寒いぐらいの温度で泳いでいる人なんてほとんどいなかったし、魚の方も一匹も採れずじまい。
それでも、この寒い中、湖を泳ぐ家族を見かけました。

a0027495_18334435.jpg
ほんとは↑こういう写真を撮りたかったんだけど。
これは去年のちょうど同じ頃に撮ったモノなんですが、なんという差だ。去年の夏は最悪で、8月に入ってようやく少し暑い日がありました。それに比べて、今年は7月中十分暑かったため、早く秋が来てしまうのでしょうか・・・
最近の挨拶といえば、「秋めいてきたね」。日が照ると暑いけど、空の色や風の冷たさはもう真夏という感じじゃないです。

現在、ヘルシンキで世界陸上が開催されてますね。世界陸上といえば、織田裕二(笑)。特にファンじゃないんですが、ヘルシンキは小さい街なので、来たら見かける機会もあるかなと期待していました。でも、開催前に来て帰っちゃったみたい。
世界陸上のCMで、織田裕二と中井美穂のバックに写ってるのがこの森だと、友達から聞きました。みなさんは見ましたか?そうか、彼はCM撮影のためだけに来たのでしょうか・・・代わりに来ているのは、筑紫哲也なんですよね?彼のスポーツリポーターぶりはどうなんでしょう。

フィンランドのテレビでは当然このイベントの模様は放映されてますが、実際盛り上がりはどうなのかな。私もあまり見ていないのでよくわかりません。ただ、マラソンは日本のメダルの可能性があるから、応援しに行きたいなと思ってます。

初日が終わる午前1時。とても大きな花火が上がりました。何事だ、と思うほどの大きい音で結構長く続いた。私はまだ起きていたけど、たぶんこの音で目を覚ましてしまった人もいるんじゃないかな。
因みに、その翌日、ボヨのお腹に小さなピンク色のハゲを発見。冬以来のハゲです。あの花火のせいではなかろうか・・・
[PR]
by chick_pea | 2005-08-09 18:38