Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2005年 08月 22日 ( 1 )
クレソンのかき揚げ
a0027495_0282248.jpg
先日、sarasaさんのかき揚げ丼と、ponzuさんのクレソンの記事を同じ日に読んで、作ろうと思っていた『クレソンのかき揚げ』。

こちらのクレソンはなぜか茎が三つ葉のように細いので、茎もいっしょに入れちゃったのだけど、本当は葉先だけをつまんだ方がいい。しかも、カサがたりなくて、あわててちょうどあったスプラウト(たぶんマスタードクレス)も投入しました。でも、やっぱり青味が足りなかったかな。
あとは、ニンジンの千切りと鶏の胸肉で。ささみを使いたかったのだけど、ここ数ヶ月、まったくささみを見かけてません!そもそもささみ出現率の少ないこの国。胸肉は不思議なほど何種類かのパックモノがあるのに、ささみだけがあまり売られていないのだ。なぜでしょうか・・・

今回は、お塩とレモンでいただきました。稲庭うどんがあったら、それと一緒に食べたかったなあ。

以前はこのかき揚げをよく作っていたのですが、実はフィンランドに引っ越してきてからは初めて。というのも、クレソンがどうしても見つけられなかったんです。だから、それまでは代わりにルッコラを使ってました(←これもなかなかいけます)。

a0027495_029592.jpg三つ葉もシソも水菜もあるのに、なしてクレソンだけがない?と不思議でしょうがなかったのですが、ようやく数週間前に食品売り場で、ポットに入ったクレソンにめぐりあうことができました。
どうもそれを出している会社の新製品のよう。ということで、今まで見つけられなかったわけではなく、実際なかったのかもしれません。

写真でもわかるように、茎が柔らかく細いので、クレソンっぽく見えない。
名前は『vesikrassi』。vesiは水の意味で、krassiはクレソンに似ているところから(クレソンは英語でwatercress)、これはもしや私が探し求めているモノではなかろうかと購入してみたところ、味はまさにクレソンでした。全く推測できない名前がついていたら、これがクレソンだとは気づけなかったかもしれません。
[PR]
by chick_pea | 2005-08-22 00:36