Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
キャラメル焼きリンゴ

Baked Apples with Caramel Sauce

フィンランド産のリンゴを使って焼きリンゴ。実は今まで国産のリンゴを食べたことがなかった。いや、知らないうちに口にしていたことはあったのかもしれないけれど、少なくとも自分で買ったことはなかったのです。
その理由はただ一つ。値段が輸入物と比べ、高いから。でも友人から国産ものも結構美味しいよと聞いていたので、この度ようやく。と言っても、調理しちゃったから本当の美味しさは味わえなかったのね・・・

実は私、生のリンゴがちょっと苦手なんです。シャリッとかじるとなんだか歯が浮く感じがするというか。ジュースや火を通したモノは好きなんですけど。だからわざわざ高いリンゴを買おうと思わなかったのです。調理するなら安くてもいいだろうということで(はい、せこいです)。
しかしながら、小さい頃に焼きリンゴを初めて食べた私、おそらくその食感が無性にダメだったのだろう、一口食べて母に突き返したという記憶あり。オーブンがなかったから母が作ったモノではない。はて、どこからかもらってきたのだろうか、なんてことはどうでもいいとして、そんな過去の経験があったため、火を通したリンゴの食感がいつしか平気になり大好きになってからでも、焼きリンゴに手を出すことはなく・・・作ってみたいと思ってはいたんですけどねぇ。

作るに至ったきっかけは、この季節のせいかキャラメルソースを使ったものが食べたくなったので。以前作ったキャラメル味のプリンやカップケーキのレシピに焼きリンゴも載っていたんですね。芯をくり抜いたリンゴにバター・ラムレーズン・クルミを詰めてシナモンを振りかけ、最後に”キャラメルソース”をかけて焼くというのがなんとも魅力的。
で、結論は美味しかった。さらにキャラメルソースをかけバニラアイスものせちゃったりなんかして、カロリー高っでしたが。

因みに、皮の赤色が焼いた後も綺麗に残ってくれてうれしかったです。これでリンゴのバターケーキを焼けばいいのだわ。いくつかあるうちで、私が選んだ国産リンゴは酸味が強かったので、日本の紅玉に近いものだったのかも。というわけで、このリンゴは火を通して正解だったのである(自己完結)。
[PR]
by chick_pea | 2009-10-06 19:41
<< オープンサンドイッチ片手に冬支度? 秋あじさい >>