Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
そばぼうろとウサギ(関連性ナシ)

Buckwheat Biscuits(そばぼうろ)

先日、家にあった蕎麦粉でそばぼうろを作ってみました。
アーモンドパウダー入りなので、本来の素朴なそばぼうろよりも幾分バタ臭くなってるのかもしれません。それでも十分懐かしい感じのお味。ただ、実は今回初めてそばぼうろを食べたので、正しく作られたのか量りかねております。


ところで話は変わって、朝起きて温度計を見ると0度とか1度とか、そんな1日の始まりには飽き飽きしている今日この頃。毎年言ってますけど、この国の4月、やはり好きになれません。

飽きているといえば、もう一つ。夫との散歩。いや、散歩自体が問題なのではなく、必ず出る話題に。それは”ウサギ”。歩道やアパートの脇に植えられた低木に目をやると必ず言い出す、ウサギの存在。
今回の冬に初めて気がついたのですが(もちろん、まず夫が)、低木の根元付近の幹の皮がかなり剥がされているのです。夫曰く、これはウサギの仕業だと。冬の間、木の皮を食して飢えをしのいでいるということでしょうか。しかしながら、去年まではこんな状況は見かけなかったような気がするんです。気がつかなかっただけかもしれないけれど。
ペットとして飼われていたウサギが捨てられ野生化、かなり繁殖しているらしい、というのは友人から聞いた話。夏頃、実際私もこの目で見ました。かわいいけれど、冬は越せるのかなと心配したくらい。
これはあくまで推測なのですが、木の皮がなくなっているのは、以前からいた野ウサギではなくこの元ペットウサギのせいではないかと。厳しい冬を生き延びられて良かったねーと思う反面、これが原因で低木の育ちに問題が出たらある意味、野生化ペットウサギ=害獣ですな。
まぁ、こんな話を夫と初めてしたときには、ほほぉと聞いていたわけですが、毎度この話題が出たりウサギを見つけたがるので少々うざいです。なぜ夫はそんなにウサギが気になるんでしょうか?時には、言われる前に私が言い出して話を早く切り上げることにしている私。
早く葉がたくさん出るようになれば、幹が隠れて夫のウサギ話を当分聞かされなくて済む。いやその前に、ウサギに荒らされた(と決めつけるのもなんですが)低木たちは無事、芽を出してくれるのかなぁ。
[PR]
by chick_pea | 2009-04-20 18:32
<< BBQ日和 Good Friday >>