Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
実は、2大イベントデイ

Oshizushi(押し寿司)

ひなまつり当日は夫が仕事で忙しかったので、先週末に娘の初節句をしました。と言っても、おひなさまを飾ってそれだけで大満足だったので(はい、私が)、ほんとたいしたことはしなかったのですが。
桃の花はないだろうけれど、せめて似たものはないかと花屋さんに行ったところ、あったのは桜の花(とスタッフの人から教えてもらった。どこから来たのでしょう)。かなり終わりかけだったので、残りの枝全てを格安で売ってくれました。少し咲いていた花自体は三日と持ちませんでしたけど・・・でも、ちょっとだけ雰囲気は出ました。

そして、ひなまつりに食べるものといえば、ちらし寿司。今回は、前から作ってみたかったちらし寿司の具材とセルクルを使っての押し寿司で。
できばえは気に入っているのですが、予想していた通り少々食べにくかった。結局お箸でくずして食べないといけないので。ちらし寿司が大好きな私としては、普通にガツガツいきたいな〜というのが本心だったりもして・・・

そういうわけで少々微妙な押し寿司でしたが、私的にヒットしたのはそれに添えた紅白の甘酢漬け。
型で抜いた大根を、酢、みりん、砂糖、柚子胡椒で漬けるだけですが、赤い方は何で色付けたかというと・・・ビーツなんです。白カブをビーツを入れることで赤くするレバノンのカブのピクルスにヒントを得て。
ほんの一切れのビーツで、鮮やかに短時間で染まりました。いい飾りになりそう。これは、里帰りしたときに和風の抜き型を買わなくちゃ。

型抜きで残った大根とマッシュしたグリンピースはお粥にまぜて離乳食に。一応娘もちょっとだけひなまつり料理を味わったことになるのかな(主役なのに、残り物だが・・・あはは)。
来年の今頃は離乳食も終わっているので、次回は一緒にちらし寿司を楽しめそうです。彼女が食べやすいように、ミニてまりバージョンなんてのもいいかも。普通のタイプのちらし寿司がやはり一番と書いておいてなんですけど。



Hinamatsuri(ひな祭り)-3

娘のお雛様。お人形のお顔や金沢箔を使った金屏風、私はとても気に入っています。娘も好きになってくれるといいな。

Hinamatsuri(ひな祭り)-2

今回お雛様についていろいろ調べて知ったのですが、基本的には一人の女の子につきひとつ(1セット)のお雛様なんですねぇ。つまり、例えば双子ちゃんだと二つのお雛様が必要・・・それはなかなか大変そうだ。
それを夫に話したら、『おばあちゃん、お母さん、その娘のいる三世帯同居の家は3セット飾るの?』と聞かれまして。持ってない人もいるだろうし、あってもお嫁に行く時は実家においてしまうことが多いから、全て集まるケースは少ないかもと答えたところ・・・『じゃあ、このお雛様はchickpeaのために買ったんだね』と夫。いやいや娘のためだよとすかさず言う私に対して、『だって、娘が家を出たらこのお雛様は置いていくんでしょ。そうしたら、chickpeaのものになる』
あー、そうとも言える。変なところでするどいな。そんな夫は、今年の3月3日、非常に珍しく私よりも先にその日が結婚記念日であることを思い出しました。私は、お雛様のことで頭がいっぱいだったからねぇ・・・
[PR]
by chick_pea | 2009-03-06 01:42
<< 不完全三すくみ アロマなホットチョコレート >>