Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
黒毛ズ

Black HairS

ボヨの顔・・・シャッターを切る私をうざがっているのか?それとも背後に何かを感じるからなのか?

まだ娘に慣れていないボヨ。というか苦手。いやむしろ恐いのかも。
娘が家にやって来てから数日は、彼女のギャン泣きを聞くたびに、匍匐前進状態で逃げていくボヨでした。今ではそんなことはなくなったのですが、やはり泣き声を聞くと別の部屋に行ってしまいます。娘がご機嫌なときに発する叫び声さえも、なんですが・・・
同じ黒毛持ちとして仲良くなってもらいたいな。

生まれたばかりの娘の髪は、そりゃあ黒々としてふっさふっさ。私が生まれたときもそうだったらしいです。『真っ黒な髪の多さに、もうほんとびっくりしたのよぉ(←誉めてるニュアンスは全く感じられません)』と母から聞かされるたびに、『また大げさに言って』と思っていた私でしたが、娘を初めて見たとき、母の感想はとても正直なものだったのだとわかりました(笑)。

娘の写真を見た義母は、『かつらみたいでかわいいっ!!』だったそうで。それは誉め言葉なんかい!?と夫に突っ込んだところ、そうらしいとのこと。まぁ、髪が多かろうと少なかろうと、孫はなんだってかわいくてしかたないのでしょう。
因みに、義祖母は娘のことをヒッピーと呼んでいるそうです。理由は髪が長いから・・・私自身、結構気に入っているニックネームなのですが、子(←義母)も子なら親(←義祖母)も親だな、と思いました(笑)。

上の写真を撮った翌日、娘のお食い初めをしました。その日、まず主役である娘にぐずらずハッピーに過ごしてもらいたいと願っていた私でしたが、予想に反し一番手こずったのは、ボヨだったんです。
ウメ嬢が爆睡すると甘えん坊になりがちのボヨですが、まさにその時は異常なほど、かまってかまってという感じで。忙しいときにウメ嬢に甘えられたら平気で無視できるのですが(彼女はその程度でへこたれません)、なぜかボヨにそれをされるとほっとけないんです。これは夫も同様。普段そんなに甘えない猫だからですかね。
結局、トイレで一生懸命撫でてあげたら(ボヨは人間用トイレ空間が好き)、ようやく満足したようで、ウメ嬢のところに行き寝始めました。はぁ、飼い主疲れましたわ。

お食い初めに関しては、後日、また記事にしたいと思います。
[PR]
by chick_pea | 2008-12-01 20:15
<< お食い初め 焼き菓子の季節 >>