Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Taste of Summer

Taste of Summer

文句なくおいしいイチゴの季節。去年もよく食べていましたが、今年もこまめに食べてます。見かけるとついつい買っちゃう。決して安くはないのだけどね。

アスパラガスやイチジクが旬の頃も集中的にそれらを食べるのですが、やはりイチゴは別格。結局のところ、アスパラガスやイチジクはその時の味は良くても輸入物なわけで、生産国ではもっとお安くもっと美味しいものにありつけるはず。そう思うと、そのおこぼれをもらっているようで、旬の食べ物に恵まれた国に生まれ育った私としては、どこか寂しい部分がある。
でも、今出回っているイチゴはばっちり国産ですから。自分が体験するこの厳しい気候を乗り越え生まれた果物。甘みと酸味がギュッと詰まった恵みの味を堪能することが、なんともうれしいのです。

ずばり、この季節の国産イチゴは味にそうそうハズレがない。ところが、ぶどうの記事で書いたような苦労がないとは言い切れなかったりする。実は違う意味で、ハズレをつかまされる可能性があるからです。

それは腐りかけた、もしくは腐ったイチゴが多いこと。お店で買ったらその日のうちに食べてしまった方がいい(ほぼ鉄則)。
まさに今が食べ頃状態のイチゴを店頭に並べることが、この国での常識なのか(そういう国民のニーズがあるのか)?もしくは、夏休みによるスタッフ数減少で全ての業務がよりスローになってしまうこの時期、出荷状況もまた然りで熟れ切ったイチゴがやむなく店頭に出てしまうのか?真実やいかに・・・

一つ断言できること、それは、イチゴのパックを買う際は底をチェックして選んで購入しましょうということ。下に埋もれたイチゴが腐って汁が出てないか、パックを持ち上げ確認する自分・・・いやはやせこいよなとは思うのですが、これをやらないとあとで必ずと言っていいほど後悔するはめになるので。
そんな私は、初夏から出始めるストールでのイチゴの購入もなるべく避けるようにしてます。だって、お店の人はメタルの容器でガガーッとすくってビニール袋に入れてくれるんですけど、あんなことしたらイチゴがあっという間に傷んでしまいそう。
もちろん、あのストールは夏の風物詩としてなくてはならないもの。目でだけ楽しませてもらってますが(笑)。

国産ブルーベリーが出る頃まで、しっかりこのイチゴを食べ貯めておかなくては。





Strawberry Risotto

そして、こんなのも作ってしまう・・・引きましたか?(笑)
でも、コレがありの我が家ですから、イチゴリゾットも問題なしです。

主な味付けは、ホワイトバルサミコビネガーとパルメジャンで。緑のは、シソではなくバジルです、念のため。
[PR]
by chick_pea | 2008-07-23 21:37
<< 暑中お見舞い申し上げます ある場所で、あるお買い物 >>