Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ちょっと驚いたこと・二篇

White Flowers

観葉植物はあるけれど、花はない我が家。先日、珍しく切り花を買ったのですが、これがちょっとショックな体験でした。ごく普通の近所の花屋さんの切り花だったのですが、予想外に値段が高かった。

花は安くはないと知っていたし値札が付いていなかったので、ガラスのケースに入った花を選ぶ際、とりあえず量を最小限にしたんです(小市民なもので・・・)。同じ種類の紫色3本と白色2本。自分は好きだけど、日本でもよく見かける決して高い方ではない花、うわぁ、たったこれだけ〜?と思いながら。
まぁ、高く見積もっても20ユーロ札出しておつりが返ってくるでしょぐらいの気持ちでいたんですが、告げられた値段は23ユーロ。久々に目の玉が飛び出そうでした(なんて小市民な)。

今現在のレート、1ユーロ167円で計算すると3,850円!!日本だったら、もっとまともなのが買える値段ですよねぇ。なんかくやしいっ。
でも夫に話すと、1ユーロ100円ぐらいで計算するようにしなさいといつも言われます。今は特にユーロ高なんだし、そもそも我が家はここに住んでユーロでお給料もらってるわけだから、日本円に直して一喜一憂するのはちょっとナンセンスと。確かに、日本円でお給料をもらい、日本からてヨーロッパを旅行して日本円に換算してみて高いと感じるのは当然なわけですが、我が家は違うわけで。わかっているのに、ついつい換算しちゃう。今の時代、インターネットが簡単に最新レートで計算してくれちゃうから余計・・・

花の値段のことを友達に話したら、やはりガラスケースに入った花たちは結構な値段がするらしい。束になって店の前に売られているものはそれなりに手頃なんですけどね。やはり肝の小さな私には、値札付きの束のお花がお似合いか〜。
今回の件で、自分の庭があったら思う存分花を楽しめるのに(期間限定だが)としじみじ感じたのでした。


***

ところで、昨日、Euro2008が終わりましたね。というわけで、むりやり話は変わるんですが・・・

以前、ヘルシンキのとあるビストロ系イタリアンレストランに予約の電話を入れたときのこと。そこのシェフ(兼オーナーかな)はイタリア人なのですが、電話に出たのはたぶんその人。
英語で予約の日時と人数を伝え、最後に自分のファーストネームを名乗る。アジア人の名前は馴染みがないだろうからと、スペルを教えようと言い始めたそのとき。そのおじさんから、『あなたぁ、日本人?』と聞かれる。『はい』と答えると、即座に返って来たのが、『んじゃ、Nakataで名前入れておくから。問題ないよねぇ?』。Nakataってそんなによく聞く名前かしらと思いながらも、『いいですよ』と答え、予約終了。
もちろん、私の名字はNakataではありません。予約で勝手に名前を変えられた(というよりむしろ、決められた)のは、人生初めて。

その電話を終えてからようやく気がついたんですけど、やはり”イタリア→サッカー→セリエA→中田英寿”というつながりなんですかね。今回のスペインーイタリア戦があったとき、店は開いていたのだろうかと気になってみた。
そしてもう一つ、気になることがある。次回予約の電話を入れるときは、気を利かせてNakataと名乗るべきなのでしょうか・・・
[PR]
by chick_pea | 2008-06-30 21:08
<< タコなのよ、タコ。タコが言うの... 強力粉・調達記 >>