Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
”キラキラの日のかほり”とは?

Snow is Melting...

本日、日曜日の朝、目が覚めたとき時計の針は8時半を指していたものの、実際の時間は9時半。サマータイムが始まり、毎度のことながらなんとなく1時間損してしまったような気分です。しかし、春の雰囲気でもないのにすでに”サマー”タイムだなんて、なんだか苦笑せずにはいられませんわ。

それでもこのサマータイムに合わせたかのように、気温は少しずつ上がっています。週間天気予報を見ても5〜10度になってるし!
水曜日にはこの冬で一番ではないかと思われる大雪。そして金曜日に気温が上昇し(といっても5度だが)、みるみる雪が溶けていく。お天気もよく溶けた雪の水面がキラキラと輝き、冬の終わりを感じたのでした。

フィンランドの冬を5回も経験してしまった私。毎度、3月になるとこんな去りゆく冬を光で感じるわけですが、この5回目の冬はそれまでと比べると”あるもの”が欠けていました。それは今回が暖冬だったゆえに経験できなかったこと。
我が家ではこの”あるもの”を『一年で一番臭い日』と命名しておりますが、なんだかわかります?

この臭いものの正体は、ずばり犬の糞です。では、説明いたしましょう。
フィンランドは(少なくとも私が住む地域付近では)、他のヨーロッパの国々と比べると、犬の飼い主は散歩途中の犬の糞をきちんと処理する人が多い気がします。日本ほどではないかもしれないけれど。しかし、そんな彼らでも冬になるとちょっとずるしちゃおうかという気分になるらしい(と私は思っている)。
冬の間、一般に根雪があります。そしてそこに糞をする犬。飼い主は雪を上にかけて拾わずに去る(と私の想像)。もしくは、その後すぐ雪が降るので糞は隠される(と私の想像)。気温もマイナスですから、糞はシャキンとすぐ凍ります。そんな状態が1〜3ヶ月ほど続く。

そしてやって来ました、3月の雪解けの日。溶けた雪から顔を出すのが、同様に解凍していく犬の糞。場所によっては、歩道のわきとか結構半端じゃない数が出現するんですよ。しかも、瞬間冷凍されているから鮮度が保たれてましてねえ。ほんと臭いんですっ!!
あの臭いを嗅ぐと、あぁ、冬が終わるのねぇなんて感慨深く・・・今年は根雪がありませんでしたから、毎年恒例の経験もせずじまいで。いや、良かったんだけどさ。
それにしても、サマータイム開始の爽やかさからは、ほど遠い記事内容となってしまいましたね。これもまた現実です。

この『一年で一番臭い日』に幸か不幸か観光に来られた方、歩道を歩くとき真ん中寄りで。住人からのささやかなアドバイスです。
[PR]
by chick_pea | 2008-03-30 21:05
<< 当の猫には迷惑なモノ イースターに、サク、ジュワ、ホロ >>