Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
美味しくトマトを食べてみる
Slow Roast Tomato Salad

ついこの間、スペインのトマトをごちそうになる機会を得ました。それはまだ熟れていないような緑色を帯びたトマトで、でも食べると本当のトマトの味がしました。そうそう私が求めていたのはこの味だ。
これ、こちらのスーパーで売っているトマトではもちろんない。スペイン人が実際口にするトマトは、やはり我々が食しているようなスペイン産の味のない輸入用ではないのかね・・・なんて改めて実感いたしました。

スーパーでは、輸入トマト(今だとスペインやモロッコからなど)と国産トマトが売られています。後者の値段は前者の倍はする。オーガニックの国産トマトだとさらに高くなるけれど、味はそこそこ良くなります(そうじゃないと、せつないって)。
まぁ、トマトの旬でもないのにトマト美味しくな〜いと文句をたれてもいけないのだけど。というわけで、無味なトマトをどうやって少しでも美味しくいただくか。

そこで、写真のローストトマトの出番です。BBQ料理本のサイドディッシュとして紹介されていたものですが、我が家で冬も活躍してくれるレシピ。

作り方はとても簡単。
半分に切ったトマトにスライスしたニンニク数片を置き、ハチミツ・バルサミコ酢・オリーブオイルをかけ、塩・胡椒をふります。
150度のオーブンに入れて一時間ほどゆっくりロースト。
オーブンから出したら、イタリアンパセリ・バルサミコ酢・エクストラバージンオリーブオイルをかけて、出来上がり。

もちろん、味のあるトマトで作ったら、さらに美味しいのでしょうがね(笑)。前日の作り置きも可能なので、パーティ料理としてもお薦めです。

さて、スーパーのトマトに話をもどすと、私がついつい買ってしまうトマトというのがあります。それはつるが付いたまま売られているもの。味自体は、つるなしと変わらないと思うのですが。でも、あのつるの青臭い新鮮な匂いが好きなんです。というのも、本当に美味しいトマトの香りと似ているから。

フードチャンネルで以前やっていたイギリスの番組に、『In search of perfection』というのがありました。これ、イギリスの三つ星レストランシェフが毎回ある一品に焦点を当て、究極の一品を作り上げるというもの。
『マルゲリータ』が取り上げられたことがあり、そのときシェフが力を注いだ一つが、トマトソース。試行錯誤の末のトマトソース、詳細は省略しますが、彼はできあがったソースとトマトのつるをビニール袋に入れ、しばらく漬け込んだのです。正直なところ、そこまでする効果のほどはいかがかな?とは思うのですが、スーパーでついついつるの匂いをクンクン嗅いでしまう私は間違っていない!(イヤ、違う感じでは間違ってるか)と思う一瞬だったのでした。
[PR]
by chick_pea | 2008-03-12 00:45
<< イースターに、サク、ジュワ、ホロ 春の兆しは・・・ >>