Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ボヨの猫生
a0027495_23594.jpgエキサイトブログで書き始めてから1ヶ月がたちました。というわけで、ブログのタイトルにもなっている、我が家の猫の話など。

写真の黒猫はボヨ(♂・仮名だけどそう呼ぶときもあるので)。年は8才で体重6キロ弱。結構重いオヤジ猫です。

わざわざ電車を乗り継いで、確か亀有か亀戸(もう忘れてる)の猫の里親探しをしているおばさんからもらいました。相棒の猫と共に。というわけで彼はちゃきちゃきの江戸っ子。でも勝ち気な江戸っ子気質からはほど遠く、彼の目に映るモノは全て怖い(私も時々含まれる)ようで、寝ているときが一番幸せそうなあわれな猫です。

彼のステキな所は、胸からおなかにかけての短毛ながらもフワフワな毛。どの猫もそうですね。時々そこに顔をうずめさせてもらってますが、ボヨはこれが好きではなさそうなので長時間は禁物。で、大きく息を吸いかぐわしい匂い(体臭ともいう)をかがせていただく。猫の体臭は全然臭くないんです。いつもペロペロペロペロ舐めてますから。

因みに、一度も体を洗ってあげたことはありません。それを友達に言うとちょっと触るのを躊躇されたりします。でも短毛の猫はほんと洗う必要はないらしいんで。

以前、もう1匹の猫が水に興味がありそうだったので、洗ってみたことがあるのです。ちゃんと猫用シャンプーも用意して。でも、シャワーをちょっとかけたら狂ったように鳴き出して。やめたかったけどシャンプーもつけてしまったんで、とりあえず泡を流すために「オエーオエー」と鳴きまくるその猫にシャワーをかけ続けざるおえなかった・・・

そんな経験をしてしまったので、このボヨは洗えません。さらにこの猫、小さいときに猫じゃらしタイプのおもちゃで遊ばせてたら、興奮しすぎて泡を吹き痙攣・失神というショッキングな過去があるので、お湯なんかかけたもんならショック死してしまいそうで。

こんな猫が2度の大きな引っ越しを経験してしまい、寿命を縮めてしまっているかもしれない。ほんと長生きしてほしいなーと思います。

もう一匹の猫(♀)は、右上の写真の通り、美人さんに撮るのが難しいので、またいづれの機会に。
[PR]
by chick_pea | 2004-07-14 00:00
<< クルテクの看板 窓拭き週間 >>