Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
意外に削れるヤツ

Chickpea and Leek Soup

ちょっと前に作った”ひよこ豆とリークのスープ”。といっても、今回の主役は、以前記事にしたことのあるこのスープではなく、その後ろに見えるミニグレーターです。

いつだったか、友達とランチに行ったときのこと。そこはおしゃれ系のイタリアン。私は、スープとパスタを注文しました。
そして、メインのパスタが出て来て驚いた。だって、スパゲティなのに妙に短い。ぶちぶち切れてるような感じなんですよ。えーっと、そもそもそういうモノなのではなく、普通の生パスタのスパゲティであるはずなのに・・・
呆然とする私に友達が言ったのは、ナイフで切って食べるフィンランド人がいるから、切って出してくれたんじゃない?と。もちろん冗談ですが、なんかありえるわぁって思えちゃうところが、フィンランド☆マジック。
ノウサギのほろほろ肉がからまっていて味は良かったんですけどねぇ。あのパスタはいかん。

さて、そんな今更ながらのグチとミニグレーターがどう関係あるかというと、本題はこれからです。
ウェイトレスさんから、チーズは?と聞かれたのでお願いしますと。私は彼女が削ってかけてくれるのかと思ったらそうでなく、パルミジャーノ・レッジャーノ(だと思いたいね)の小さな塊とミニグレーターが入っている小皿を渡されました。どうやら自分で削ってかけるらしい。
私にとって、レストランでは初めての体験。しかも、今までその存在に疑問を感じていたミニグレーターで削るとな!?私は家でチーズを削るとき、四面からなった大きなグレーターを使います。でもどうもこのミニタイプには、お店で見かけるたびにうさん臭さを感じていた。見た目はかわいいけれど、実際使えなさそうな印象があったからです。

さぁ、お手並み拝見とばかり、右手にチーズ、左手にミニグレーターで削ってみると・・・
うわっすっごく削りやすい!!握るのにちょうど良いサイズで安定感があり、軽く削れるではないか!早速、チーズの必要のない料理を注文した友達にもまわしてお試ししてもらうと、結構みんな感動気味(笑)。どうも、このミニグレーターにいぶかしさを感じていたのは私だけではなかったようです。

というわけで、意外にもミニグレーターが我が家にやって来ることとなりました。ちょっとチーズを削りたいときにとっても重宝。ごめんよ、今までバカにしてて・・・
私のような第一印象を持っている人が少なくないとすれば、メーカー側がデモンストレーション販売を設けると売り上げアップにつながるのかも、なーんてふと考えてみるのでした。
[PR]
by chick_pea | 2007-11-13 01:17
<< 霧立つ湾を廻ってみる むるむる >>