Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
peaはpeaでも、chickの方でなく・・・

Pea Rice

こちらも暑い日が続いております。7月末に寒くなりこれで夏も終わりか!?とかなりシクシク状態だったのですが、どうやら盛り返した模様。果たしてこの夏がいつまで続くのか?

今が旬の食べ物の一つとしてお豆があります。サヤ付き豆(グリーンピース)のストールが現れ始めるとそれは夏が来たことを意味する。このストールは言わば夏の風物詩。
でも、私はストールの人に詰めてもらって買うのではなく、もっぱらスーパーの量り売りを利用します。というのも、中に入ってる豆の小さい時があるのです。サヤを開きスッカスカの中から未成熟の豆を見つけてしまうことの悲しさよ。というわけで、サヤを一個ずつ触りながら中の豆のサイズを確認しつつ袋に入れていく、結構いやな客です。

ほぼ毎日、我が家で食しているこのお豆。友達から聞いたところによると、このお豆を食べることはとても良いことだとか。やはり旬のモノをそのときたくさん摂ることは大切なんでしょうね。
太陽の光を浴びてミネラルたっぷりの豆力が、暗く寒い冬から私を守ってくれますように・・・

このお豆さん、我が家では軽く茹でて食べています。みずみずしくて甘みがありとても美味しい。フィンランド人は生で食べるんですけどね。青臭くって好きじゃなかったけれど、私も昨年あたりから生でも平気になりました。この粗野な感じが夏っぽくてイイのかなと(笑)。

豆ご飯にも、もちろんいけます。炊くときに豆を一緒に入れると、鮮やかな緑色が消えパサパサ感が出てしまうので、今回は調理法を変えてみました。
栗原はるみさんのレシピを参考に、シェリー酒(レシピでは白ワイン使用)と野菜ストック入りの水で炊いたご飯に、茹でた豆を混ぜ込む。そして最後にちょっとだけ塩、胡椒で味付けして。うん、この方が断然おいしい!





Fresh Raspberry Tart

先月あたりから出始めたラズベリー。
フレッシュなラズベリーをぎっしりと敷き詰めるタルトにあこがれて作ってみたのですが、ラズベリーが足らんっ!中のカスタードクリーム見え放題(ひーっ)。レシピより多めに用意したはずなのに。
しかもこのラズベリー、250グラムで4.95ユーロ(約800円!)もしました。この国ってベリーは豊富だけど、お値段に割安感は感じられないんだよね。自分で摘みに行けばタダなんだろうけど。

レシピはコチラ(英語)にて。このタルト生地はヘーゼルナッツとココナッツファイン入りのちょっぴり変わり種。個人的には普通の方が好きだったりするが・・・


〜オマケ〜
四ヶ月ぶりにセウラサーリでお散歩しました。
前回のときよりもどことなく陽気さが漂うリス。やはり夏はリスの心も開放的にさせるのかね。足を登られちゃってかわいかった。小さな指でキュッとつかまれる感触と、でも空気のようなリスの軽さが同時に伝わってきてなんだか不思議な感覚でした。
暑い中、この写真で少しでもなごんでいただければ・・・

Squirrel

残暑お見舞い申し上げます

[PR]
by chick_pea | 2007-08-11 00:28
<< 美味をとるべきか、低脂肪をとる... ボヨの日々上々 >>