Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ニンジンの葉と食文化

Bing Stuffed with Pork and Veg


小麦粉から作る中国の餅。あんをこれで包み蒸し焼きにしました。あんの具は、豚肉、春雨、たけのこ、長ネギ、そして青菜。青菜はニンジンの葉を使ったのですが、ちょっと春菊っぽくて美味しいです。

夏になると出回る野菜の一つが、葉のわさわさついた細いニンジンの束。葉のついたニンジンってこの季節にしかお目にかかれないものだと思います。フィンランド人は食べないんじゃないかな。その場で葉の部分を切り落としていく人も多いし。
友達がこのニンジンの葉で、おひたしだかごま和えだたかを作ってなかなか美味しかったと言っていたので、私も使ってみたのが去年のこと。普通のスーパーで青菜や日本人の好きな香りや苦みのある野菜があまりないので、これは良い食材だと思いました。

ところがです。さあ、初めてニンジンの葉を使ってみようと思っていたら、思わぬ伏兵が出現したのでした。




<去年のスーパー、野菜コーナーでの会話>

私:友達からニンジンの葉が結構いけるって聞いたから使ってみようと思うんだよね。どう?

夫:・・・ニンジンの葉?自分は食べないから。(←非常にきっぱり)

私:な、なんで?青菜嫌いじゃないでしょ?

夫:ニンジンの葉は食べる部分じゃないから、ヤダ。(←かなりきっぱり)

私:なんで葉っぱごときがダメなの!?日本で『イナゴ』だって食べられたくせに!

夫:イナゴは食べ物だけど、ニンジンの葉は食べ物じゃないから。(←余裕できっぱり)


えーっと、最後の夫の発言は、どうでしょう。私は小さい頃からイナゴを食べる機会があったので平気ですが、これを食べ物として認めたくない日本人は少なくないのでは?

比較的何でも食べられる夫が、ここまでかたくなに断るとは。このときのワタクシのオドロキといったら。ここまで嫌がられてしまっては、これ以上、諭す手段がありません。
ってことで、夫には内緒でニンジンの葉をあんに加えることにしました(←すてきな奥さんっ)。
夫、別に気にせずその餅を食べてましたよ。中身のことは言わないでおこうと思っていたのだけど、その反応が見たくなっちゃって、教えてしまったんです。でも、別に〜って感じで、怒るでもなく喜ぶでもなくあまりリアクションなしの、つまらない結果でした。

しかし今回作ったところ、『この料理自体は好きだから、今度作るときは別の青菜を使って』とリクエストされてしまいました・・・やっぱり好きじゃなかったみたい。初めて食べたときにそう言えよっ。食べ物でないはずのニンジンの葉を食べると、お腹がゴロゴロするような気がするそうな(あくまで気分の範疇)。

でも、大根の葉は食べてもいいらしい。歯ごたえが良さそうだからというのは本人の弁だけど。おそらく子供の時には見たことも食べたこともなかった大根とは違い(今ではポーランドにもあります)、ニンジンは長年食べ付けている野菜だからこそ余計に、捨てるはずの葉を食べるという行為が受け入れられないのではないかと思われます。
いわゆる、日本人が甘いご飯でできたライスプディングをどうしても好きになれないのと同じ感じ?

というわけで、次回この料理を作るときには、ルッコラで代用となりそうです。
[PR]
by chick_pea | 2007-07-31 19:49
<< ボヨの日々上々 お腹の中に、ラベンダー >>