Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
水の中のナイフ
新企画 トラバンケート(TB アンケート)『あなたの一番好きな映画』に参加させていただきます。

水の中のナイフ
監督:ロマン・ポランスキー
1962年、ポーランド

ストーリー
週末をヨットのクルージングで過ごそうと湖へ向かう裕福な夫婦が、ヒッチハイクの青年を拾う。そこから、3人の微妙な関係が次第に浮き彫りにされていく・・・
a0027495_203829.jpg

ストーリーは非常にシンプルですが、3人の登場人物の心理が巧みに描かれた緊張感漂う映画です。
原題をそのまま日本語訳したタイトルの通り、ナイフの鋭さと水の流動性、そしてこの二つに共通する冷たさと輝き。これは3人の心理を表現しているだけではなく、視覚的にも青年の愛用するナイフと湖の水面のきらめきによって表されています。そのせいか私は5年以上も前にこの白黒映画を見たのですが、いくつかのシーンがとても鮮やかな記憶として残ってます。

この映画が特に好きなもう一つの理由として、出演している俳優さんたちのことを私が全く知らないということもあるかもしれません。彼らの俳優としてのイメージに役柄がじゃまされないんですよね。だから素直に映画の中に入り込める。

ロマン・ポランスキーのデビュー作であり、まさに瑞々しい感性で描かれた映画。その一方で、29歳で作ったなんて思えないほどの渋さがあります。さらに音楽を担当しているコメダのジャズがとってもかっこいい。

最近では「戦場のピアニスト」(私は未見・・・)で有名な監督ですが、この監督に興味のある方は、初期の傑作「水の中のナイフ」を是非ご覧になっていただきたいなあと思います。ちょっとクセがあるんで、好き嫌いは分かれると思いますが。

因みに、次点はパトリス・ルコントの「タンゴ」とコーエン兄弟の「赤ちゃん泥棒」。どれでもよかったのですが、映画の湖の雰囲気がフィンランドのそれと似ているので、今回は「水の中のナイフ」を選んでみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
トラバンケート(トラバアンケート)
毎週1つのテーマでアンケートをだすので、そのアンケートに
対する答えをトラバしてください。トラバしてくださった
皆様の答えを次のアンケート出題時に集計して発表するとともに、
当ブログにて紹介させて頂きます。締め切りは毎週日曜24:00。
月曜には新しいテーマと集計結果を発表します。
皆様の参加を心よりお待ちしています。

企画元/Contradiction  http://diesuk.exblog.jp
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]
by chick_pea | 2004-07-01 20:39
<< 我が家の新参者 アパート入り口5D >>