Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ゴミ捨て事情
a0027495_222453.jpg今回、brujaさんのウルグアイのゴミ箱にTBさせていただこうと、リサイクル用ゴミ箱の写真を撮りに行ったところ、もっとおもしろいゴミ箱を発見してしまったので、こちらの写真を撮ることにしました。

一見普通なんですけど、ゴミ箱に描いてある絵に注目!このゴミ箱、かなり土に埋まってますねー。molokで検索したら、フィンランドの会社であることがわかりました。

このゴミ箱の利点は、見た目よりたくさんのゴミがためられ、その重さでゴミ自体がつぶれてコンパクトになる。さらに、地下の方が温度が低いため、底にある古いゴミが臭わないらしいです。ゴミ箱自体はものすごくシンプルなんですけど、効果大なわけですね。

今回初めて気が付いたゴミ箱なので、たくさん置かれているものではないのかもしれません。いろいろな国に輸出されているようなので、フィンランド以外でも見られるものだと思います。

では、次はゴミ捨て事情の話を。

イギリスはゴミの捨て方がなってなかったんですね。基本的に、全て一つの袋に入れて捨ててしまえ!分別回収ナシ!でも私は日本人だしリサイクルのものは分けてましたが。
そんなわけで、フィンランドに引っ越すときゴミ捨てがなんとなく厳しそうで、イギリスで楽してしまった自分は非常に不安でした。でも実際は思ったほどたいへんじゃない。

まず、飲み物ボトルと缶は、スーパーやAlko(国営酒店)に換金自動機(?)があるので、そこで処理します。

主に紙パックやガラスビンはリサイクル用ゴミ箱へ。実はいまいち捨てる物の把握をしてません(汗)。あちこちにあります。でも最初これが見つけられなくって、家にリサイクルのゴミが増えてしまった経験あり。決まった曜日に出すというわけではないので、楽ですね。

そして、私が住むアパートには3種類のゴミ箱があります(たぶん地域によって違いあり)。
雑誌・新聞用とオーガニック用とそれ以外なんでも用。オーガニック用は日本語で言うと生ゴミ用ですか?土に帰るものは何でもこれに属するんだと思います。だからゴミ袋も特別なそれ用のものを使います。有料なんで、新聞紙で代用している人も多いですが。定期的に収集車が回収しに来て、どこかでコンポスト化されるんでしょう。

オーガニック用ゴミ箱は臭いが出やすいし、一体誰が洗っているんだろうと思っていたら、それ用の車があるんです。一回だけ目撃しました。車から出た手のような物がゴミ箱を持ち上げて、斜め下に傾かせて固定し、かなり強そうな水圧の水をかける。結構水しぶき飛んでましたが(笑)、そういう車を初めて見たのでじっと見つめてしまいました。そのときデジカメ持ってなかったのが残念です。
[PR]
by chick_pea | 2004-06-28 22:26
<< 海外で納豆を食す 夏至祭にBBQ >>