Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
The Spice of Life!

Aromatic Chicken -1

スパイス、大好きです。色も香りも美しい。
インドネシア料理の本からの”スパイスと鶏の煮込み”は我が家の定番料理。鶏肉、タマネギ、そしてスパイスさえ常備していれば、いつでもおいしくできあがります。

ポイントは煮込む前の作業。コリアンダーシード、クミンシード、クローブ、ナツメグ(粉末)、そしてターメリック(粉末)を軽く火にかけて香りを出すのです。色がきれいで食欲をそそる香りがキッチンに漂う。

その後、すり鉢+すりこぎでそのスパイスをゴーリゴリと挽く。この料理で唯一面倒くさい作業。でも、ここを適当にやってしまうとコリアンダーシードが料理の舌触りを悪くするので、みっちり時間をかける必要あり。一度、友達が手伝ってくれたとき彼女に挽いてもらったら、作るのがやたら楽でした(笑)。
レシピではフードプロセッサーを使ってもいいと書いてあるけれど、これは自分の手で挽く方がおいしくできあがるような気がするので(あくまでイメージ)、必ずすり鉢+すりこぎを使ってます。





Aromatic Chicken -2

完成品はこちら↑。
実はこの日、これを作る予定はなかったのですが、我が家で友達とご飯を食べることが前日決まったため、当初の料理だけでは足りないと急遽作りたしたモノ。この日はイースター最初の日でお店がどこもお休みだったはず。買い物ができないので家にあるもので作らねばならなかったのです。


North African Lamb with Chilli, Ginger and Chickpeas

その日、始めから作る予定にしていたモノがこちら↑。”チリ・ショウガ・ひよこ豆の北アフリカ風ラム煮込み”といった感じでしょうか。友達にも大好評でした。
夫がイースターにはラムを食べたいと言っていたので。特にポーランドでイースターにラムを食べるという風習はないらしく、ただ本人が食べたかっただけのよう。一方、その翌日ご飯をごちそうになったフィン人宅ではラムが出たので、フィンランドではイースターによく食べられるものなんだろうか(普段はあまりラムは食べないはず)。
私はほんのちょっと手伝っただけで、夫がジェイミーオリバーの料理本を見て作ってました。

ひよこ豆を使った料理の紹介、ずーっとしていませんでしたが、実はそれが気になってました。というのも、私のブログに検索で訪れる人のほとんどは「ひよこ豆」のワードでなんです。きっと訪れては、ひよこ豆の記事の少なさにがっかりされているのだろうなあと。いやー、ほんと申し訳ない。

ところで考えてみると、イースターに食べたのが、インドネシアと北アフリカのお料理。どちらも主な宗教はイスラム教ではなかったか・・・ということは、ナイショで。
[PR]
by chick_pea | 2007-04-10 02:25
<< 道の途中で・・・ イースターの楽しみ方とは・・・ >>