Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
イースターの楽しみ方とは・・・

Easter - 1


金曜から月曜まではイースターホリデー。
その前日、木曜日にはプチ買い出しに行ってきました。お店はまるまる4日間閉まっているわけではないけど、いまいちいつ開くのか(おそらく少なくとも土曜は開くのではないかと)わからないので必要な食べ物のリストアップをしました。
そして大切なのが、アルコール!こちら、ワインはアルコという国営の酒屋でしか買えない。前にも書いたことがありますが、買い置きするのを忘れたばかりに、イースター中ワイン口にできず(4日連続でアルコ閉まりっぱなし!)という非常に苦〜い経験があったため、今回もイースターが始まる数週間前から、買わなきゃ買わなきゃと思っていたほどです。

ところで、写真↑の「Happy Easter」の文字を入れるとき、ちと複雑な気分になった私。「Merry Christmas」だったら問題ないんですよ。キリスト教の行事だとわかっていても、自分が子供の時から慣れ親しんだものだし。でも、イースターとなると違う。なじみがないですからねえ。
キリスト教徒でもない、イースターのこともよくわかっていない私が「Happy Easter」なんて軽はずみに言っちゃっていいのかしら?なんて感じるのも確か。キリスト教徒ではない人が言うのを聞く分には全然問題ないんです。ただ自分自身が口にするとちょっと考えてしまう部分がある(でも、言ってるけど)。





Easter - 2


イースター中はどこに行くわけでもなく、寝正月ならぬ寝イースターの我が家。せっかくだから「休みの間、すっかり汚れた窓を拭こう」と夫に提案したところ、「イースターは休みの日なんだから、そういうことはやっちゃいけないのー」と言われてしまいました。夫(←カソリックの国出身)、いつもは自分は無宗教派だと銘打ってるくせに、こういうときはそんなことを言い出しちゃって。ただ窓が拭きたくないだけでは?

つい先日、スコットランド人と結婚しスコットランドに住む義妹からメールが来ました。UKはチョコレートエッグやらウサギやらがいっぱい(つまりとっても商業化している)、ポーランドの方がもっと意味のある行事だったなー、とは彼女の弁。
確かにUKはすごいことになってるだろうなあ。なにしろ普段地味なフィンランドですら、この時期はイースターグッズであふれてますから。年々増えてる感じがする。
まあ、そういうグッズにしっかり釣られてる私なんですけどね、お恥ずかしい限りで。でも、こういうことでもして気分を盛り上げないと、花が咲くまでやってられんわ、ととりあえず言い訳しておく(笑)。
今年買ったイースターグッズは、ふわふわのニワトリ母さんとガラス製のイースターデコレーションでした。
[PR]
by chick_pea | 2007-04-06 07:16
<< The Spice of Life! 卯月の小島 >>