Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
卯月の小島

Seurasaari Island - 1


ここ最近、お天気が良くて結構暖かい。もしかして今年は例年より早く木々の緑が見られてしまうのかな、なんて。
日曜日、せっかくの青空だけど、特にすることもなし。というわけで、かなり久しぶりにヘルシンキのセウラサーリという小さな島へ散歩に出かけました。

セウラサーリは野外博物館のある島。以前行ったとき、入り口から島を左回りで歩いて一部だけしか見なかったので、今回は右回りで、と夫からの提案。そうしたものの、歩けど歩けどあるのは森のみ。ようやく開けた所に出たなと思ったら、そこは前回来た場所ではないか!
つまるところ、野外博物館は島のほんの一部に存在するだけで、前回のとき知らずのうちに全て見て回ってしまっていたことが判明。島の地図を見ていればすぐわかることなんですけどねー。いつものことだが、規模小さっ(←ここに3年半も住んでるのに、まだスケールの小ささに慣れない私が悪いのか?)。

でも、まあいいのです。鳥やリスを見るのが本来の目的だったのですから・・・




Seurasaari Island - 2

ここのところの気温で、すっかり海の氷は溶けているかなと思っていたのですが、場所によっては薄く氷のはったところ、まだ雪もうっすら残って歩けそうなところまでありました。ずいぶん厚い氷がはっていたんだなと実感。


Seurasaari Island - 3

もしかしてリスってまだ冬眠してるんじゃ?(実際、冬眠するのかわかりませんが)と心配だったのですが、元気に活動中でした。
やっぱり赤リスってかわいい。この赤リスは口にふわふわしたボール状のモノをくわえていました。もしかして巣作り?


Seurasaari Island - 4

ずいぶん近くから写真を撮っていたのだけど、我々に全然気がつかず食べることに夢中なこちらの赤リス。よく食べます・・・はい、止まりません・・・


Seurasaari Island - 5

食べるのに忙しくて、手も使いたくないとな?
ずいぶん長くこの赤リスを見ていたのですが、一向に食べること止めず。我々の方が飽きたので(おいっ)、静かに立ち去りました。そして、まだ食べている赤リス・・・


Seurasaari Island - 6

こちらの赤リスは、ただ木に登っているわけではありません。樹液をなめていました。おいしいの?

枝にたくさんの硬い芽。すぐ新芽が出そうで意外とこれが時間がかかる。でも、今年はどうかな。
[PR]
by chick_pea | 2007-04-03 20:42
<< イースターの楽しみ方とは・・・ Sticky Marmalad... >>