Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ユーロ制覇への道

EU Coin

数年前、アムステルダムに遊びに行ったことがきっかけで我が家で始めたことがあります。それはユーロコイン集め。紙幣は共通だったと思うのですが、コインの方は発行国ごとに裏面のデザインが違うのです。

その前からこういう収集があることは知っていたのですが、なぜこの旅の途中にあえて興味を持ち始めたのかというと、それはあきらかにヘルシンキよりもアムステルダムの方が各国発行のユーロコインがいろいろと出回っていることに気が付いたから。それでおもしろくて滞在中に数枚集めたんです。

ヘルシンキとアムステルダムのこの差はなにか?おそらく、フィンランドが陸の孤島であるがゆえ人の出入りが少なく、また、フィンランドの隣国ではユーロが導入されていないので(ロシアは当然のこと、EUメンバーであるスウェーデン・エストニアでも独自の通貨を使用)この貨幣の出入りが少ないという理由があるためではないかと思われます。

ユーロを発行している国は、ベルギー・ドイツ・アイルランド・スペイン・ギリシャ・フランス・イタリア・ルクセンブルグ・オランダ・オーストリア・ポルトガル・フィンランドの12ヵ国の他、ヴァチカン・サンマリノ・モナコの3国、さらに今月初めスロヴェニアでユーロが導入されました。
我が家のユーロコイン集めのルールはというと、あくまでお金を払わずに集めていくということです(その国で手に入れるなり、友達からもうらうなりするのはオッケー)。

では、まったりと続けている収集の現在状況はといいますと・・・
そもそもヴァチカン・サンマリノ・モナコの収集予定はなしで(難しいでしょう)、それ以外の13ヵ国ユーロ制覇が目的です。といっても、いずれ発行国が増えるでしょうが。それとも、我が家で集め終わる前に、ユーロ消滅の危機はあるのか!?こういう記事を読むと、大丈夫なんかい?と心配になりますが・・・

☆制覇国ユーロコイン☆
ベルギー・ドイツ・アイルランド・ギリシャ・フランス・オランダ・オーストリア・フィンランド

★未制覇国ユーロコイン★
スペイン・イタリア・ルクセンブルグ・ポルトガル・スロヴェニア

このようになっております。
さて突然ですが、ここで問題。実は上記で書いたルールを違反し、コイン屋でお金を出して手に入れてしまったモノが二枚あるのです。それはどこの国のどのコインでしょう?

答えの前に・・・
写真のユーロコインは、去年発行されたフィンランドの記念コインで、時々こういうのが出回ります。先日、我が家に舞い込んで来ました。
記念コインまでは集める予定はないんですが、このコインは地味〜なデザインのフィンランド発行普通ユーロと違い、デザインがしゃれているので取っておこうかと思ってます。




答えは、意外にも、フィンランド発行の1セントと2セントでした!
なぜかというと、フィンランドではこの硬貨、基本的に流通しておりません。現金支払いの場合、1、2、3、4、6、7、8、9セントのおつりが出ないよう、切り上げだか四捨五入をレジでされてしまうので(←これって市場の大きい国だったらできないよね?)。
つまり、この硬貨が流通していないってことは、他国の1・2セントも絶対と言っていいほど入ってこないわけで。あぁ、ユーロ制覇への道、遠し・・・


<おまけ・猫に小判の図>
a0027495_03758.jpg


ウメ嬢が小さくなったわけではありません。
この1ユーロ、実はチョココインなんです。各国でユーロが導入される直前だったか、夫が持ってきて「絶対食うなっ!」と念を押された代物。
夫によると、機内でユーロ導入を祝い乗客に配られたそうで。本人にとっては初めて手にしたユーロコインなので(チョコなんだけど・・・)、家宝的存在(価値ないんだけど・・・)らしいです。
[PR]
by chick_pea | 2007-01-21 00:14
<< 猫飼いから見た犬空間 猫らへのお土産 >>