Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Jackie's Tea Bread
a0027495_758881.jpg
先日、かなり久しぶりにティーブレッドを作りました。
ドライフルーツはたっぷりだけど、バターや油は全く入っていない。朝ご飯として、ちょっとトーストしてバターを塗って食べるのが好き。簡単においしく作れる、私のお気に入りレシピ。実は、これを手に入れた経緯がちょっと変わっているのです。

それは、当時住んでいたエディンバラから車でイングランドの湖水地方にあるケズィック(Keswick)へ遊びに行ったときのことでした。そこで一泊したのですが、泊まったB&Bのご主人とその奥さんは明るく人の良さそうな夫婦。当たりのB&Bでした。
朝ご飯、奥さんが全て作ったと思われるイングリッシュ・ブレックファストを初めとして、良く覚えていないがその他もろもろ。因みに、私はイングリッシュ・ブレックファストのあの重い感じが結構好きだったりします。それが食べたくてB&Bに泊まりたいぐらいなのだ。今でも月2の割合で朝ご飯にはそれを食べたいなと思う(毎朝はダメよ)。
さて、そのとき起こった出来事なんですが・・・

そこの奥さんがティーブレッドを食べる私に、「そのティーブレッド、おいしいでしょう。レシピ欲しくない?」と聞いてきた。確かにそれはおいしかったのだけど、その頃ケーキ系のものは一切自分で作らなかった私、レシピをもらったところで作らなそうだから、正直なところレシピは必要ないなと思いました。
でもほら、そこはやはり空気を読まないと。つい、「是非!」と私は言ってしまったのである。そうしたら、彼女、「でもね、(そのレシピを)あげるには、一つ条件があるの。」と言うではありませんか!そちらから聞いておいて、条件付きですか!?と内心びびったのですが、ワケを聞いてみるとこういうこと。

ケズィックは山に囲まれた美しい地域で、登山をしに来る人も多いのだそうです。それゆえ遭難のケースもある。そんなときに活躍してくれるのが救助犬。ただ救助できるような犬を育てるにはそれなりにお金もかかるわけで、そのための寄金に協力して欲しい、ということだったのでした。

そうとわかれば、「もちろんオッケーですよ、喜んで」というわけで、募金した代わりにこのレシピをもらうに至ったと。
このティーブレッドを作ったのは、そのあとすぐ。間を置くともう一生作らなそうでしたから。でも、試しに作ったらこれがほんとうに簡単で、さらに洗い物があまり出ないところもイイ。
これがきっかけでいろいろお菓子を作るようになったと言いたいところだけど、そうでもなく、ただこのティーブレッドばかり作ってたんですけどね(笑)。

せっかくなのでレシピを載せておきます。ケズィックで救助犬寄金を見かけたら、募金してあげてください。4〜5年も前のことなので、今もあるかはわからないけれど・・・





〜 Jackie's Tea Bread 〜

<材料 - パウンド型一個分>
ドライフルーツミックス(225g)←適当に細かくする
ブラウンシュガー(100g)
マーマレード(大1)
冷たくした濃いめの紅茶(125ml)
卵(1個)
*self raising flour*(225g)
↑この*小麦粉*にはすでにベーキングパウダーが入ってます。英語圏では一般的なようですが、フィンランドや日本にはないはず。私はベーキングパウダー小さじ1を加えて(内訳:BP小1+小麦粉=225g)作ってます。この割合が正しいのか実はわからないので、間違っていたら教えて下さい。

<作り方>
ボールに小麦粉と卵以外のものを全て入れて、一晩浸しておく。
次の日、よく溶いた卵と小麦粉をそのボールに加える。
よくまぜてバターを塗った型に入れ、一時間焼く。温度は適当で。170〜180度ぐらいですかね?
そして、できあがり!(なんて短い作り方なのかしら・・・)
[PR]
by chick_pea | 2006-12-19 08:05
<< パリ猫町 明るい週末 >>