Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ねばるのが魅力の星形野菜
a0027495_1212336.jpg
日本で会うといつも珈琲屋さんのおいしいコーヒーをプレゼントしてくれる友達。もとは会社の先輩で、今でも仲良くしてもらっている人。そんな彼女が送ってくれたコーヒーと共に小包に入っていた文庫本を最近読み終えました。
それは川上弘美の『ゆっくりさよならをとなえる』で、この作者の短い作品を雑誌で一度読んだことがあったけれど、本で読むのは初めて。この本は、3ページぐらいの短いエッセイを集めたものなので読む区切りがつけやすく、ジムでバイクをこぎながらの読書にはぴったりだ(コーヒーを味わいながらの読書とはほど遠い色気のなさだったけれど)。ときにはノスタルジック、でも感傷的にならないところが、私の好みのエッセイでした。

さて、その本の中で一番印象に残ったエピソードが、ある料理本を読んだ作者がそこに載っていた『オクラのおろし和え』を作るくだり。夏にぴったりの料理にもかかわらず、読んでいるうちに季節関係なくして無性に食べたくなってしまう私はやはり日本人か。
作者曰く、
この本の素晴らしいところは、読んでいるうちに「料理を作りたいっっっ」という気分になるところだろう。「作りたい」ではなく「作りたいっっっ」。
だそうで。確かにその通りの料理です。

小口切りにしたオクラと大根おろしを混ぜ合わせ、柑橘系のもの・酢・醤油をかけていただく、という極めてシンプルな料理。ただ一つ、大切なポイントがある。それは大根おろしにまぶしたオクラをしばらく冷蔵庫で冷やすところ。なじませることで、オクラの粘りが大根おろしに移るそうなのです。ほらっ、なんだか食べたくなってきたでしょう。


まず最初にこのレシピで作っておいしかったので、これは大根おろしパスタの応用編としていけるかも!ということで二回目はスパゲッティの具としてトライ。
オクラの産毛を取るために塩でもみ、そのあと軽く茹でてから、レシピ通りに作りました。それを、塩・胡椒で炒めたスパゲッティの上に盛り、醤油・ポン酢・柚子胡椒を混ぜたものをかけて、いただきまーす、と。
これも予想通りさっぱりしていてとても美味しかったです!リピート間違いなしでしょう。というか自分の場合、柚子胡椒を使った時点で、何でもおいしかろう、という気がしないでもないわけですが(笑)。
ただ、ねばねばしているので箸で食べようとしたらすべるすべる。結局フォークに替えてしまいました。あぁ、なんて情けない日本人・・・
[PR]
by chick_pea | 2006-11-20 01:30
<< 茴香 + 豚肉の水餃子 小春日和のごほうび >>