Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
存在のありがたい温かさ
a0027495_4263168.jpg
お呼ばれしたパーティに料理やワインを持っていくとき、あると便利だろうなといつも思っていたカゴ。実際使っている人の話を聞くと重宝している様子。
以前にも買おうと思い立ちショップに行ったことがあるのだけど、素材や形、サイズなどカゴといっても洋々なわけで、そのときは決めることができず購入に至らなかったんです。

今回は、せっかくフィンランドにいるのだからと、この国でよく見られる白樺の皮でできたカゴを買うぞっと、意気揚々とショップへ向かったのですが・・・結局のところ違う素材のものを買ってしまいました。白樺の皮で気に入ったモノがあったのだけど、ふと考えることがありこの素材のカゴは次回のお楽しみとすることに。

で、その頭によぎったこととは、カゴのもう一つの使い道。近くのスーパーで買い物をするときにも使いたかったのです。だったら、この写真のカゴの方がかなり重いモノを入れても壊れなさそうだなあと。本当のところ、どっちに耐久性があるのか全くわからないんですけどね。

でもどうせならフィンランド製がいいなと思いショップの人に聞いてみたら、輸入物の商品も入っているそうで、『この(私が買おうとしていた)カゴはポーランド製なんですよ。』とのこと。そのとき私の頭によぎったことは、『じゃあ、ポーランドだったら半額ぐらいで買えたんじゃないか〜!?』でしたが(笑)。まあだからといって、こんなかさばるモノをポーランドで買うこともなかろうということで、結局お持ち帰り。

そして家に着いてから、同じ素材(ちょっと飴色っぽくてすべすべしている)の小さなカゴがすでにわが家にあることに気が付きました。今ではタマネギ・ジャガイモ入れに使っているそのカゴは、義祖母の家を訪れたときにもらったモノ。その土地で生産されているカップとソーサーを6客お土産として持たせてくれたのですが、それらがそのカゴに入っていたんです。
手描きの小花がちりばめられた素朴なC&Sとカゴの組み合わせがそりゃあもうかわいくてねえ。かなり感動したお土産でした。おそらく袋や箱に入っていたら、あれほどの興奮はなかったのではあるまいか。恐るべし、カゴマジック。

さて、購入したカゴ、一度使ってみましたが、やはりとっても便利でした!



猫飼いゆえ、どうしてもしてしまう・・・
a0027495_4274270.jpg
好奇心半分、困った半分のウメ嬢



ところで、木の皮でできたカゴは次回に見送った私ですが、同素材の別のモノはすでに活躍中です。
a0027495_4275921.jpg
木の皮でできた家型ランプ。インテリアショップで見かけてからずーっと欲しかったのですが、この夏のセールでなんと半額になっていて。定価で買ってもいいかもと思っていただけに、ラッキーでした。
夏時間が終わり、日が暮れるのもぐっと早くなりました。こんな暖かみのある明かりをそばに置いて、長ーーーい冬を過ごすことにします。でも、寒いのは我慢できても暗いのってどうにも慣れないんですよねえ。
[PR]
by chick_pea | 2006-11-01 04:54
<< 寿司、犬、そして灯台の日に生ま... レバノンのワインとメゼに舌鼓 >>