Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
こと(り)の始終
a0027495_4321356.jpg
目をまん丸にして、彼らが見ている先は・・・


a0027495_4323664.jpg
来たーっ!(ピントが合わなかったのは残念・・・)





a0027495_4344011.jpg
リビングルームの窓とそこから見える木のてっぺんが、ちょうど同じくらいの高さ。最近、そこに小鳥がしばしば留まっていることに気が付きました。もちろん、うちの猫らも。で早速、夫がえさ箱を買ってきて設置した次第。

去年、やはり前の家でも餌を窓のところに置いたのですが、ずいぶん警戒心の強い小鳥たちで我々が窓のところで見ているうちはなかなか来てくれなかった。でも、今回の小鳥たち、同じ種類なのですが、全然気にせず。この違いは何でしょうか?
窓にへばりつく猫らと共に、写真を撮りまくる飼い主。だって、ガラスをはさんですぐ目の前にいるんですよー。chickpea一家、まさに興奮しまくりでしたが、それ以上に興奮していたのは小鳥たちだったようで・・・

a0027495_4351050.jpg
ほんとかわいいでしょう!冬にわざわざここに住もうとする奇特な愛らしき動物。
このどうしようもない天気が続く日々に、一片の光がさした!という感じです。もうたくさんお食べよ〜という気持ちでいっぱいでしたが、君たち、食べ過ぎ!!

a0027495_4361673.jpg
カメラ目線の小鳥。ボヨ、気が付いていない模倣。家の中をのぞき込む小鳥が意外と多しで。ほんと怖さ知らず。
前の家の小鳥たちと同じと思っていた我々がバカでした。彼らの貪欲さと言ったら・・・ヒッチコックが『鳥』を作るのもなるほどなーと思ったりして。

一口食べては去り、また別の小鳥が、というのが絶え間なく日中続きます。しかも一挙に三羽ぐらいえさ箱に留まったりもする。
問題はずばり糞なんです。うちのところだけ汚すならまあこちらで責任を持って掃除しますが、これだけ頻繁にやって来られると、階下の住人に迷惑がかかるんじゃないかとかなり心配になってきまして。最初楽観的だった夫も、外から小鳥たちがパタパタと集まっているわが家の窓を見てこれはさすがにまずいと思い、結局、えさ箱は撤去とあいなりました(トホホ)。ごめんよ、小鳥たち。

a0027495_4364068.jpg
ときどきは、窓の縁に餌をパラパラっと置いてあげることにします。でもあっという間になくなるんだよねえ(笑)。
[PR]
by chick_pea | 2006-10-23 04:45
<< レバノンのワインとメゼに舌鼓 ビーツ色 + サワークリーム色... >>