Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Blueberry cheesecake pots
a0027495_441756.jpg
今年、ブルーベリーを摘みには行かなそうです。お天気が良く雨が降らなかったことが災いしてしまったベリー不作のため。ひたすら摘み続けるのも結構しんどいので億劫でもあるのですが、いざ全く摘まないとなると寂しいものですね。

不作といえどなんとか売っているブルーベリー。食べとけ食べとけとばかりに二度作ったこのお手軽デザート。しかし残念ながら、上にかかっているソース、本当はフレッシュモノを使う予定だったのですが、間違って違うブルーベリーを買ってしまい、すぐ手に入れられた冷凍モノ使用となりました。

ここで『違うブルーベリー』とは何ぞや、ということで説明をば。
ご存じの方も多いかもしれませんが、フィンランドに自生するブルーベリーは野生種であり、いわゆるビルベリーと呼ばれているベリー。粒が大きめで中身が白っぽい日本で普及しているブルーベリーと比べると、野生種の方は小粒で中身が外の皮と同じ濃い青紫色をしています。
個人的には、粒の大きなブルーベリー(日本で普及している方)は身が締まっていて甘味が強いのでそのままで食べるのが好き。ビルベリーの方は酸味・甘味ともにはっきりした味なので、ソースにしたり、ケーキに入れたりするのにぴったりな気がします。

詰まるところ、ビルベリーを買うつもりが、うっかりブルーベリーを購入してしまったということです。そもそもその商品が国産モノだったので、ビルベリーに違いないと思い込んでしまったのですが、どうやらフィンランド国内でも野生種でないモノが採れるようですね。つまりこれは、農家の人が作っているということなんでしょうか?
因みに、ビルベリーのフィン語は『mustikka(ムスティッカ)』で、ブルーベリーのフィン語は『pensasmustikka』。後者の言葉、今回の失敗をするまで知りませんでした・・・

お手軽チーズケーキ、量はさほど多くないのですが、マスカルポーネチーズたっぷりなのでリッチな味わい。でも、甘味を抑え、酸味のあるブルーベリーソースのおかげで結構さっぱりと食べられました。

a0027495_4494240.jpgチーズを使ったので、こるーさんの立ち上げたチーズ部に参加♪
[PR]
by chick_pea | 2006-09-05 04:54
<< 酸っぱいブドウの使い道 ボヨのダブル災難 >>