Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ボヨのダブル災難
a0027495_054409.jpg
新たなファン層獲得のために、ボヨはこんな憂いのあるポーズ(なのか?)をしているわけでも、飼い主がさせているわけでもありません。果たして彼に何が起こったのか?

すっかり秋っぽくなった今週。先々週・先週は季節の変わりめだったのでしょうか、雷が何度かありました。雷が苦手、いや恐怖を感じるボヨにとっては厳しい時だったに違いない。
雷の音が聞こえると、それがどんなに小さな音であっても、すぐさま腰を低くし這うようにして隠れ場所(暗く狭い所)に逃げ込もうとするボヨ(例えばコチラを参照)。しかし今回、最後の雷が鳴った日の彼の行動は、かなり違っていたのです。

その日の雷は突然やって来ました。日中、外がぱっと明るくなったので、『あれ〜稲妻かな。でも雷の音がしないな』なんて私が思ってからようやくして、ものすごい音の雷が。すぐさま、座布団を枕代わりにぼ〜っとしていたボヨに目をやりました。が、まったく動じていない様子。その意外な態度に驚きましたが『何にせよこれはいい兆候』と、そのままにしておきました。
そしてその15〜20分後、またもや雷がゴロゴロ〜と。再びボヨに目をやったところ、依然として悠然と構えている彼の姿が。『ボヨもようやく大人の男になったのかしら』と目を細めた飼い主でしたが、実はそうではなかったのです。
それがわかったのは、その後ボヨを触ったときのこと。

ボヨ、ものすご〜く硬くなってましてね、まさに石!でした。どうやら一回目の大きな雷があまりに突然だったため、逃げる間もなくショックで硬直してしまったようです。腰が抜けたって感じだったのかもしれませんねえ。なんつーあわれなオッサン猫よ・・・

とりあえず、私のベッドまでカチコチなボヨを抱いて連れて行き、寝かせてタオルケットをかけ彼だけのスペースを作ってあげました。その後時間をおいてベッドルームに行ったときに見た姿が、この写真、覚醒途中のボヨだったわけです。





その後どうなったかというと

a0027495_056698.jpg
やって来たウメ嬢に舐められ(=プレッシャーをかけられ)

ボヨ退場(あ〜ぁ)


a0027495_0562891.jpg
ぬくくていいらしいです・・・


a0027495_0564662.jpg
はいその通り、あなたのために地球は回っているんです。

[PR]
by chick_pea | 2006-09-04 01:10
<< Blueberry chees... 桃色パスタは・・・夏の味 >>