Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
スウェーデンの美しき島、ゴットランド(後編)
a0027495_610278.jpg
ゴットランドに二泊滞在して、実は残念なことにお天気が本当に良かったのは最初の一日だけだったんです。そんなこともあり、イベントのあるMedieval Week(中世週間)にこの島を訪れられたのは運が良かったともいえます。
といっても私が見たイベントは、マーケットぐらいなんですけどね。それでも、旧市街をぶらつくと中世の衣装に身を包んだ人々が普通に歩いているので、そんな光景だけでも楽しいものでした。

帰りの日がこのスペシャルウィークの最終日。そして、ヴィスビィの空港で中世の衣装のまま飛行機に乗り込む若いカップル一組と女の子一人を目撃。着替えはないんか、と一応心の中で突っ込んでおきましたです、はい。

イベントプログラムの詳細を知りたい方は、オフィシャルサイト(スウェーデン語・英語・ドイツ語)へどうぞ。



中世のマーケットへようこそ

a0027495_611412.jpg
左上:日本でもおなじみのりんごあめ、ですよね?買いたいけどいつも買えない。だって二口ぐらいで飽きそうだから。
左下:急須のようなランプ。購入も可能。
右:キャンドルに絵を描いているところ。

a0027495_612024.jpg
左:かなり目立っていた衣装。
右上:ストールの柱に固定して、組紐を編んでいるところ。
右下:右手には弓、そして左指で弦を打つ(押さえる)。これは中世のものがモデルなのか?ただこのおじさんのスペシャル楽器なのか?
(追記)この楽器はニッケルハルパというスウェーデンの伝統楽器だそうで、それを教えて下さったcarpediemさんのブログでその演奏風景が動画で見られます。

a0027495_6122028.jpg
左上:このランプのカバーは何でできてるかわかります?実は、豚の腸。いわゆるソーセージの皮ですな。その後ろにはなぜかマッサージコーナーが。
左下:今回、ゴスな格好の人々を見かけ、中世の衣装かと思っちゃうときがありました。ところで、ゴシックの定義を知ろうとウィキペディアをチェックしたらば、意外な真実が。ゴシックの原意は『ゴート人の』だそうで、因みにゴットランドは「ゴート族の地」の意。このキティちゃんバッグを持ってる女の子は果たしてこの事実を知っているのか!?
右上:出張鍛冶屋。
右下:気ままに物乞い役を演じていた裸足の少年たち。夫が小銭をあげたら、思いもがけずで結構喜んでいました。その後すぐ、別の所で駆け回って遊んでいたが(やはり即席だったか・・・チッ)。

a0027495_6124447.jpg
左上:先頭は市長(村長?)だったか。記憶があいまいですが、この行進は民衆からの税金の取り立てだったと思う。
右上:左上の続き。
右下:これと似たようなのをタリンでも見ました。ハンザ同盟つながりです。
下:球技(野球のボールサイズの球を使用)が終わったら、綱引き。そういえば、綱引きってかなりプリミティブな競技ですね。

そして、私が勝手に決めた今年のミス中世週間は〜、この少女。
a0027495_6131775.jpg
写真ではわかりにくいけど、付け耳(上に尖っている)をしています。その雰囲気はまさにエルフのようでした。

長くなったので、マーケットで食べた物等は次回にします。お楽しみに。
[PR]
by chick_pea | 2006-08-22 06:32
<< ゴットランド 〜お食事編〜 〜猫・小々劇場〜 >>