Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
中華食材店で買った物を披露してみる
a0027495_4592071.jpg
中華食材店から買ってきた青物野菜で炒め物を作りました。多めのニンニクと少しの豚肉で炒め、味付けはナンプラーで。シンプルなんだけど、これがもうほんとうま〜い。ナンプラーの旨味をひしひしと感じさせてくれる一品です。
トコロ変わって、Tamarind-Cafeさんはおいしそうな青梗菜のニンニク炒め・オイスターソースがけを作られてます。
やっぱり日本人はこういうもの好きなんだよなあ。一般にイギリスでもフィンランドでもポーランドでもこの手の料理はあまり食べられないから。このおいしさがわからない北ヨーロッパ人ってかわいそっ。まあ彼らは葉っぱなんか食べてウハウハしている私をウサギぐらいにしか思ってないのかもしれないが・・・

a0027495_50257.jpg使った野菜は、ヤングケールと手前の『dok hom』という名のもの。
ケールって聞いたことあるなと思ってたら、青汁の原材料だったんですね。でもすっごく苦いということはなく、ほのかに苦みと甘味がありおいしかった。
『dok hom』とはにんにくの芽なのでしょうか。普通のスーパーでも売ってくれたらな。

ほんとはもうちょっとまめに訪れたい中華食材店だけれども、ついつい面倒くさくて久しぶりに行ってはたくさん買うので、疲れて帰ってきます。結局そういうときって、どうしても欲しいモノから買っていくために、自分には珍しいチャレンジしてみたい商品は買わずに終わることが多い。

a0027495_502459.jpg今回はなんとか、いくつか定番外のものを手に入れました。
手前は、『クコの実』。賞味期限内に使いきる見込みはなさそうな量でしたが、値段が安かったのでとりあえず。
ビンものは、『香辣醤』。ネット徘徊中、汁のない担々麺(←書いてるだけで口の中に唾液が・・・)にこれを使うとおいしいという情報を得たもので。ちょっと舐めてみたら、辛くてうまみたっぷり〜。これほんといける!普通に炒め物をするときにもよさそうです。
『火鍋の素』は、ミネママさんの冬は火鍋!の記事を読んでどうも頭に強く残っていたらしく、商品が目に入ると同時にカゴの中に入れてました(ほほっ)。火鍋を食べたことがないので楽しみ。

香辣醤と火鍋の素は同じメーカーから。他にも何種類か同シリーズ商品を見かけました。日本でも手に入るもののようです。
写真では小さいのですが、トレードマークとしてなのか顔写真が付いているところが特徴。この方、この調味料の材料を配合した中国のセレブリティシェフといった存在なのでしょうか。なんで顔写真だけ白黒なのかな・・・

残念ながら、欲しかった『花椒』は今回見つけられず。お店の人に聞けばよかったのだけど、自分の花椒の発音では通じないのではと思い、紙に書こうとしたら、花椒の『椒』の字が思い出せなかったよ・・・今度はちゃんとメモして持って行こう。
[PR]
by chick_pea | 2006-02-06 05:18
<< チーズ三昧してみる 温水洗浄便座は受け入れられるか? >>