Top

my life as a ...
by chick_pea
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ひよこ豆とリークのスープ
a0027495_245723.jpg
ひよこ豆料理のカテゴリー作った割には、ずっと放置してました。とうわけで、ようやくこのスープ。

ひよこ豆とリーク(ポロ葱)とジャガイモ、そしてにんにくだけの具、味付けは塩・胡椒なんですが、ほんと驚くほどおいしいです。最後に削ったパルメザンチーズを入れるのでコクがでるからかなあ。さらに、マイルドな味で、クセがないので万人向き。私はチキンストックを使うけど、野菜ストックを使えばベジタリアン対応にもなるし。

何が好きなのか想像しにくい外国人のゲストに作ることが多いです。とりあえず、これだけは食べれるかなという感じで。実際、他の料理を誉められなくても、このスープは名指しで誉められたりして(うれしいような悲しいような)。付け加えときますが、あくまでおせいじで誉められるというより、まじでうまいと感動して誉められます(しつこい?)。

以前、手巻き寿司パーティをやったのですね。私は基本的にリクエストがない限り、外国人には日本食は作らないのですが、夫が勝手に企画してしまって。でも、もともと生魚を食べたい外国人友達だったので、満足してもらえました。

そして、そのゲストの中にスウェーデン人の男の子がいました。21歳ぐらいの学生さんで、金髪(っぽかったような)碧眼、典型スカンジナビア人のイケメンですわ♪
余談ですが、フィンランド人は他の北欧の国の人とはちょっと系統が違うので、フィン人イケメンは顔つきがまた別だと思います。この違いを知りたい方は、フィンランド映画と例えばスウェーデン映画を見比べると理解できるかも。ただ、日本で見られるフィンランド映画(アキ・カウリスマキ監督のとか)にイケメンが出演してるかちょっと疑問ですけど。

さて、話をもとにもどして、そのスウェーデン君はそのとき初めての寿司だったよう。生魚は食べられたんだけど、彼にとってはやはりあまりにもニューな食べ物だったらしく、こっちのスープの方がお気に入りでした。おかわりしてたし、こんなうまいスープ初めて食べたとまで言ってた。そんな輝かしい履歴を持つスープです。



これまたもやジェイミー・オリバーのレシピです。彼の本によると、友達が古い料理本から見つけたレシピらしいのでジェイミー・オリジナルじゃないんだけど、著作権が気になるので、作り方は書かないでおきますね(この間のトルティーヤ+コリアンダーのレシピはテレビでやってたので書きましたが)。

簡単スープなので、上述した具で適当に作って(これまたいい加減な)おいしくできますが、レシピについて何か疑問がありましたら、コメント欄で聞いてください。
因みに、参考になるレシピはココ(英語)とか。

The Naked Chef
Jamie Oliver / Penguin Books Ltd
[PR]
by chick_pea | 2005-09-24 02:55
<< 外の秋、内の秋 パスポートを持つ猫 >>